« 紅葉のお山の小さなキノコたち | Main | マツカサからはえる茸 »

November 23, 2015

グキッと茸@目白鴨

Mejirogamo1315お城にオジロビタキがやってきたようなので鳥目的で登城すると今日はササクレヒトヨタケやムラサキシメジも出てるよということでキノコの撮影から。

Sasakurehitoyotake3115まずはササクレヒトヨタケから。お城ではわりと見かけるキノコなんですが、まだ傘が開いた状態ではありません。若いこのキノコは食用にもなるのですが、幼菌の状態では他の白い毒キノコなんかと区別がつきにくいのでバーベキューなんかをしていて食べてみようなんて気はおこさない方がいいでしょうね。

Murasakisimeji1115ついでムラサキシメジ。形がよくて柄もはっきり見えるようなのがなくてつぶれたようなものばかりでした。色も表側はかなり薄い色をしてます。

Mejirogamo1115オジロビタキが現れるという有料庭園の山茶花の木の近くでしばらく待ってましたが、今日は朝から現れないとか・・・。配水池の方に現れたらしいのでカメラマンもほとんど不在。そちらを見に行った人に聞くとどこかに行ってしまい行方不明だとか・・・。が、外堀にメジロガモがいてるという情報を得たのでそっちに転進。神社裏の石垣の上から見えるというのでのぞきましたがちょっと遠いんですよね。

Mejirogamo1215デジタルテレコン2倍で撮影したメジロガモ。ちょっと2倍では大きすぎたかな。

Mejirogamo1415よく水の中に潜るので時々見失います。羽繕いの後のパタパタを狙いましたが後ろ向き。

Mejirogamo1515雨もポツポツ降り出したので正面からの画像なんかを撮ってから帰ろうと思ったのですが、ずっと寝たまんまが続きます。やっと起き上がった時には雨もよく降りスピードが伸びない状態。まあ、メジロガモは昨シーズンに古墳でも撮ってるのでまたお天気が回復した時にでも・・・それまでいてるかなあ?

Iguti11231雨の降る中傘をさしての帰り道。中央の通りを渡る前にキノコをみつけました。さっき通った時には気がつかなかったけどイグチ類であるのがわかる程度のキノコで正体は不明。さて、しゃがんでこれを撮っていて体を起こそうとした時にアクシデントが!腰にグキッと衝撃がはしり屈んだ状態のまま固まってしまいました。こ、これはもしかしたら、ぎっくり腰というやつでは!? しばらくしてから持っていた一脚を杖がわりにして立ち上がりカタツムリがはうよりも遅くヨチヨチと歩きだすと、なんとか駅までは行けそうです。

Titiawatake1115音楽堂上の暗がりを通り抜けようとすると再びキノコを発見。具合が悪いなら無視して歩けばいいようなものですが、休憩の回数は多くとらないときついのでまたへたりこんで撮影。大きく開いたものはすでに折れてましたが、周囲にはまだ開いてないのがいくつかありました。変色性はないみたいなイグチですが、つばがあればヌメリイグチ、つばがなければチチアワタケかと・・・。ツバは落ちることもあるので断定はできないけど、こうしてみるとツバはなさそうなのでチチアワタケでいいかも。

Murasakiiguti1215ふたたびヨチヨチと歩き出して階段が近くなったところでムラサキシメジを再度発見。まだ、小さなものも見られるけど一つとってきれいな裏側を並べて撮ってみました。少々きついけれど階段を無事に降りて、歩いてるうちに楽になってきたのでなんとか帰宅することができました。ヤレヤレ・・・

« 紅葉のお山の小さなキノコたち | Main | マツカサからはえる茸 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 紅葉のお山の小さなキノコたち | Main | マツカサからはえる茸 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ