« 秋のノゴマ、夕方のコマドリ | Main | 枝どまりのミゾゴイ »

October 26, 2015

お山の赤蜻蛉

Himeakane1215昨日は日曜出勤だったので今日がお休み。さて、またお城に行くか、それとも緑地か野鳥園と考えたすえに選んだのがヘルメットマウンテン。昨年はオオヨシゴイでにぎわったお山ですが、この時期はノジコがいてるかもという淡い期待で選んでしまいました。

Kabutoyama15事務所前の掲示板を見てみましたが今一つこれといったものはなし。夏鳥の名前もあまりなく冬鳥の名が目立ちます。

Himeakane1115公園内をうろうろしてるうちにあれ?こんなところに小さな湿地が・・・湿地というよりも猫の額ほどの水たまりといったほうがいいけど、この好天気続きで水たまりということはないんで水がわきだしてるんでしょうね。しかも、ここでは初めて見るヒメアカネの雄が縄張りをはっていました。

Himeakane1415こんなところではメスはこないのではと思ってたら、なんと飛んできたメスを素早くゲットしてました。合体したのを撮ろうとしたのですが、動き回るのでついに撮れず、すぐにタンデムは解消されてメスはどこかにいってしまいました。

Rindou1115梅林の方は残念ながら幼稚園児の遠足みたいで元気の良い子がぎっしり。しかたないので湿原方面にキノコでもないかと思って見に行きましたが、まったくキノコがありません。湿原のフェンスの中にきれいなリンドウの花を見つけたのでそれを撮ってから、オオヨシゴイが去年いた池の方へ。

Sime1315地元の鳥見のカメラマン、いやカメラウーマンさんがいててシメを撮ってたので今期初のシメが撮れました。

                 Sime1115 Sime1215

ノジコのことを聞いて見ると、今年は移動が早かったらしく1週間ほど前にはもう通過してしまったようだとのこと。それに草の中におりてしまって見えないし、待っても出てこないという話でした。みたことないので興味あるけどよほどの偶然がないと撮れないみたいですね。

Nekitonbo1115池の木道の手摺りにネキトンボがいてたのでカシャcamera

Kitonbo1115大好きなキトンボもいてました。ネキトンボもキトンボもこの池で見たのは初めてです。

Kitonbo1215でも手摺りにとまられると高さ的に気に行った角度で撮ることができないんですよね。

Kitonbo1315あまりまわりをウロウロしたので嫌がられてしまい、キトンボは移動。池の真ん中のガマの前にいってしまいました。さすがに蜻蛉であの距離では遠すぎてきれいに撮れません。

Akiakane1115新聞でアキアカネの減少が著しいことがかかれてましたが、ここにはまだいてます。

Miyamaakane1315河原の方にミヤマアカネを探しに行きましたがきれいな赤いオスのミヤマアカネにはもう遅いのでしょうね。こんなんばっかりでした。

Miyamaakane1215逆光気味に撮ったミヤマアカネ♀。飛んで戻ってきた時にシャッターをきるときれいに開いた翅を撮ることができます。

Himeakane2115これはヒメアカネのメスでいいはず。へえ~、ここで見られるのはマユタテアカネやアキアカネ、ミヤマアカネだけかと思ってたらヒメアカネも見れそうですね。

Segurosekirei1115セグロセキレイが2羽いてたので久しぶりに撮影。セキレイというとハクセキレイばっかり見るのでセグロセキレイは久しぶりです。

Kityou2115バイクをおいていた公園前の萩の木で合体中のキチョウをみつけました。最近はキタキチョウという呼び名でかかれてますが、正式な名称はどっちなんでしょうね?このキチョウがぶら下がっているものはもしかしたら抜け殻になった蛹では?羽化してすぐに交尾なんてこともあるそうですから、もしかしたらそうなのかも?

« 秋のノゴマ、夕方のコマドリ | Main | 枝どまりのミゾゴイ »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 秋のノゴマ、夕方のコマドリ | Main | 枝どまりのミゾゴイ »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ