« ヤナギマツタケなど | Main | オニフスベとクロアゲハ »

September 19, 2015

猪名川のヒガンバナなど

Higanbaba1115休みのたびに雨が降るのでこれといったものが撮れてない今日この頃。仕事はあるけれど午前中猪名川方面に出かけてきました。そろそろノビタキなんかが姿を現してもいい頃かなと思って河川敷に出てみました。すると土手にヒガンバナが咲いています。まだまだ蕾が多いけれど、猪名川の土手にヒガンバナが群れ咲いてる所があればいいのにと思ってたんですよね。で、よく見るとどうもここのヒガンバナが人為的に球根を植えこんだみたいで行儀よく並んではえてました。できたら凸になってる場所でなく逆に凹になってるカーブの場所にヒガンバナを植えてもらえると背景にボリューム感が出るの・・・。見頃の頃にまた撮りに行こうと思いながらもう少し先の公園まで行ってみることにしました。

Tunomatatake4115公園に着いてすぐにツツドリが出てたようなんですが、どこにいるのか目で捜索してる段階で飛んで行ってしまったので撮れず。菖蒲園の木道にすきまからツノマタタケがはえてたので撮ってみました。しかし、ここは人が踏んで歩くのでこれ以上大きくはならないでしょうね。

Kosamebitaki3115コミムクドリもいてたというんでそっち方面に行ってみましたが、撮れたのはコサメビタキだけ。

Karakasatake2115竹林の裏の枯れ木や刈り取った草などを堆積してあるところにたくさんキノコがはえてました。雨のせいでどれもへたってましたが、このキノコは?最初はツブカラカサタケと思ったのですが、傘の表の鱗片がどうも大雑把な感じ・・・ではカラカサタケかというと地色が白だしカラカサタケほど大きくはない。オオシロカラカサタケの線がつよいかな?でも、コシロカラカサタケというのもあるらしいんですよね。ヒダの裏が緑色になるようならオオシロカラカサタケでいいと思うんですが、フニャフニャなのでちょっと裏を見るのはもう少し乾いてから。

Yanagimatutake1115キノコにカメラを向けてる人にこのキノコに名を聞かれたので小皺がある傘の表と被膜に覆われてる傘の裏、繊維質な柄からヤナギマツタケと答えましたが、ヤナギマツタケでこんなに色が濃く紫色に近いように見えるのは初めてみました。ヤナギマツタケ以外でこんなキノコは本当にないのでしょうか?

Kibimesu3115_2ツツドリがやっと現れたのに、仕事に行く時間になってしまったので後ろ髪をひかれる思いで今日はここまで、また明日のお楽しみということで。おまけで昨日雨上がりに撮った近所の公園のキビタキ♀を貼っておきます。

« ヤナギマツタケなど | Main | オニフスベとクロアゲハ »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ヤナギマツタケなど | Main | オニフスベとクロアゲハ »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ