« 猪名川のヒガンバナなど | Main | カニノツメとセミノハリセンボン »

September 19, 2015

オニフスベとクロアゲハ

Onihusube2415今日もツツドリ狙いで昨日の公園へ。今日もいてるらしいのですが、姿は見えません。手持ち無沙汰のため今日もキノコ探しをしてしまいました。

Yanagimatutake5215昨日のヤナギマツタケはすっかり色が変わっていて、紫がかった色というよりもキノコらしい茶色になってました。なんかおいしそうに見えます。

Yanagimatutake5115昨日も見たはずなのにコフキサルノコシカケしか見られなかった切り株の下からもヤナギマツタケがはえてました。

Kuroageha2315竹林裏の土手から下におりた時にクロアゲハが飛びあがり、ふたたび元の場所へ。

Kuroageha2215ちょっと飛んだかなと思うとすぐに葉っぱの上に羽をひろげてとまります。なかなかきれいな個体で翅に欠けがありません。

Onihusube2315刈り取った雑草などを積み上げてあるところを下から見上げてると木の付け根に白い物体を発見。近づいてみるとオニフスベじゃありませんか。大阪城公園で見たものよりも大きくてハンドボールぐらいの大きさに見えました。

Onihusube2215近くにはこれもオニフスベと思われる色違いがあり、白いのよりさらに大きい。色の白いオニフスベはまだ若いキノコで、成熟が進むと褐色になり、亀甲模様の亀裂がはいるのだそうです。結局、今日も時間切れでツツドリは見ることはできませんでした。あ、オニフスベの大きさがわかるように比較するものを横に置いて撮るのわすれた・・・。

« 猪名川のヒガンバナなど | Main | カニノツメとセミノハリセンボン »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 猪名川のヒガンバナなど | Main | カニノツメとセミノハリセンボン »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ