« エゾビタキと秋の万博キノコ | Main | 猪名川のヒガンバナなど »

September 16, 2015

ヤナギマツタケなど

Yanagimatutake3315ちょっと所用があり園田まで出かけたので仕事に行く前にヤツガシラ公園をのぞいてきました。鳥目当てだともう少し時間に余裕をもっていくのですが、今日は時間がなくてぐるっと公園内を一周してキノコだけを見てきました。

Kitunenotaimatu3115公園東側の土手下を歩いていて見つけたのがキツネノタイマツ。すでに倒れてましたがこの公園でもキツネノタイマツが見られるということがわかりました。

Yanagimatutake3115そして木の股のあたりに縦に並んだヤナギマツタケを発見。

Yanagimatutake3215ローアングルで見ると傘の内被膜はまだついたままの新鮮なヤナギマツタケです。ヤナギ類やニレの木によくはえるそうですが、この木はたぶんケヤキだったと思います。ヤナギマツタケは食べられるキノコだそうで、食べるならこれぐらい若いキノコが一番いいのでしょうね。

Yanagimatutake3415もう少し先に行くと切り株からはえてるのを発見。かなり干からびた感じでした。

Yanagimatutake3515ぼろいですが、ちゃんとツバが残ってます。さっきのヤナギマツタケでは内被膜として傘の裏にはりついていたツバが胞子の色にそまって茶色くなり垂れ下がってました。ツバが残ってるのが不思議なほど干からびて見えたのですがね・・・。さっきのヤナギマツタケとはかなり感じが違いますが、縦線が長くはいった柄の感じでおなじヤナギマツタケと判断しています。

Mannenntake4115今日は鳥撮りの人は誰もいてませんでしたが、いつも数名が屯している場所にはボロボロのノウタケみたいなのとかかわいいマンネンタケもはえてました。

Himejanome2115地味だけどヒメジャノメがとまってくれたのでカシャcamera

Iguti2115もっと他に何かないかと今度は池の反対側の松林へ。とても小さなイグチをみつけました。

Iguti2215もう少し大きくなったのもあります。傘の表になんとなく模様があるように見えるんですけど名前はわかりません。もっと広範囲に探すといろいろはえてるかもしれませんが、時間もないことですので今日はここまで。

« エゾビタキと秋の万博キノコ | Main | 猪名川のヒガンバナなど »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« エゾビタキと秋の万博キノコ | Main | 猪名川のヒガンバナなど »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ