« 梅雨の万博きのこ | Main | 箕面でキノコ »

July 10, 2015

ここにもキノコが

Murasakihoukitake1115いつもキノコばかりというのも動きがないので面白みに欠けるかなと思って今日はトンネルのむこうがわへ。お天気が今一つみたいでしたので雨が降ったらすぐに帰ってくるつもりででかけたのですが、けっきょく雨は降りませんでした。いつものように川沿いの道路を歩いてると苔むした路側帯にキノコを発見。

Sayanaginatatake1115キソウメンタケはこの前撮ったけどこれもキソウメンなのか?この前のと比べると黄色に鮮やかさが欠けるように思うんですよね。ナギナタタケにしては先端がとがってないし・・・。図鑑にはサヤナギナタタケというのが載ってたのでそれかも?

Murasakihoukitake1315ここはこんなもんかと思ったら今度は紫色のキノコがはえてました。

Murasakihoukitake1215ムラサキホウキタケというやつですかね?こんなにはっきりとした紫色のホウキタケなんか初めてみました。沢山はえてるけどこれから枝の分岐もはっきりするのかなといったものが多かったです。

Onagaageha3115ハイキングコースに入って歩き出すとオナガアゲハが飛んできてとまりました。久しぶりにキノコではなくて蝶が撮れました。このオナガアゲハは後翅の赤い半月紋もきれいけど、青く見える筋が尾状突起にまであってカラスアゲハみたいですね。赤い紋も上下二段になってる部分があるなんて異常型なんでしょうか?Hosobaseseri1115キノコを見てると今度はホソバセセリが飛んできて壁にとまりました。向きを変えて撮ろうとするともういてませんでした。

                 Kinoko07091 Kinoko07092

名前はわからないけど廃線跡にだってキノコははえます。

Kinoko07093_2それどころか、なんと真っ暗なトンネルの中にもキノコがはえてました。すごいですねえ~

Akaibokasatake1115桜守の山荘跡まできましたので中に入ってみると傘の先にイボをつけたキノコがいくつかみました。アカイボカサタケでいいんでしょうか?赤でもなければ黄色でもないサーモンピンクといった色でした。

Akaibokasatake1215この色は初めて見たかもしれないのでもう一枚はっておきます。

Momijiurokotake1115切り株にたくさんついているキノコはモミジウロコタケでいいのでしょうか?チウロコタケというのもこんなんみたいです。

                 Kinoko07094 Kinoko07097

                 Kinoko07095 Kinoko07096

勾配のきつい方の山道ではなくほぼ一直線の方の道を選択して曲がり角に来るまで歩いてみましたが、以前はあった樹液の出てるような木もなく、キノコも少な目。ハイカーが目立ったキノコは抜いて歩くんでしょうかね。いくつか転がってました。大きなサンコタケとかキクラゲ類もはえてましたがそのうちに名前がわかりそうなのを載せておきます。

左上のはキイロアセタケで右上のは大きさに疑問がのこるけどフジチャヒラタケというのが近いかも

                 Harianeotibatake1215 Hariganeotibatake1115

山荘跡を出てまたトンネルに入って戻ることに。ちょうどトンネルを出たところで大き目のオチバタケが一つはえてました。これはハナオチバタケかもしれませんが、ハナオチバタケの傘の径は15㎜ぐらいまでだそうで、このオチバタケは20㎜ぐらいはありました。ということは、これはハリガネオチバタケだということも考えられます。おっきなハリガネオチバタケはランプシェードみたいで素敵なんですよね。

Miyamakuwagata1115ハイキングコースを出て橋の所に戻ってきました。ここの橋はしばらく通行止めだと聞いていたのですが、もう開通してましたので対岸の方も歩いてきました。すっかり夏草が茫々になってる中を歩いてクヌギの木の下に来ましたが、ヒカゲチョウがいてるぐらいでこれといった甲虫類はいてません。アキニレの木の上の方を見てみるとカナブンとはあきらかに長さの違う虫を発見。手持ちですが、とにかく何枚か撮影。ミヤマクワガタでした。帰り道を急いでいると途中でコジュケイがけたたましい鳴き声とともに飛び出してきました。びっくりしてると続いてもう一羽。ここのコジュケイでは今までで一番近かったように思いましたが、撮れなければおんなじですね。┐(´д`)┌

                 Oosirokarakasatake1115_2 Oosirokarakasatake1215

もう帰ってよかったのですが、足湯の方にいけばもしかしたらヤマセミにでも遭遇するのではないかという期待が頭をよぎりましたのでそっち方面へ。オオシロカラカサタケと思われるキノコが出迎えてくれました。ここでこんなのがはえてるということはこの先の暗いゴロゴロの山道あたりはもっと期待できるかもと考えてさらに移動。

Sirosuzumenowan1215ところが行けども行けどもキノコなんかはえてません。まあ、仕方がないなと戻り始めてると足元に小さなチャワンタケが・・・。白いチャワンタケ?よ~く見ると白いのはカビがはえて白くなってるみたいでした。

Sirosuzumenowan1115ほかにも同じのがはえてたのできれいなのも貼っておきます。ひょっとして、これが話には聞いたことのあるシロスズメノワンとかいうチャワンタケなのかな?ということで今日はこれまで。

« 梅雨の万博きのこ | Main | 箕面でキノコ »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 梅雨の万博きのこ | Main | 箕面でキノコ »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ