« June 2015 | Main | August 2015 »

July 2015

July 31, 2015

その後のキノコ

Sumirehokoritake2115ヘルメットマウンテンでキクメタケらしきキノコを撮ってから二日後、知り合いが見に行ったときにはすでに白かったキノコは黒くなってたというんで、胞子の色はどうなのか見たいと思ってました。キクメタケなら胞子の色はノウタケみたいに茶色でスミレホコリタケなら胞子の色は紫色。西方浄土に行くのがきらいなおじさんをくどいて一緒に行ってみるとすでに粉々になった残骸と二つに切りわけられた姿になってました。胞子の色が見たかったので丁度よかったけど黒くなった姿も見たかったのでつないでみました。

Sumirehokoritake2215う~ん、胞子の色はやはり紫色。やはりスミレホコリタケだったようです。キクメタケにしてもスミレホコリタケにしてもそこらの図鑑には載ってないので珍しいキノコだと思います。

Kinoko07274在りし日を偲んで27日に撮影した白いスミレホコリタケを一枚。また来年にでも会えるといいね。

Akayamadori1115で、今日撮影したキノコたちです。まずは初めて撮影した有名なアカヤマドリから。

Akayamadori1215もともとひび割れるようなキノコだからこんなものかもしれないけれど、もう少しきれいな個体を撮りたいものです。

Midorinigaiguti1115ミドリニガイグチと思われるキノコ。ミドリニガイグチの解説を読むと柄には紅色をおびる部分があるように書いてるのがほとんでですが、これには赤いところがみあたりません。ではキアミアシイグチあたりかというと、傘の裏は類白色で黄色とはちがうのでどうも・・・。

Midorinigaiguti1215ほかの所でみたきれいな個体もやはり柄に紅色の部分はみあたりません。でも傘の裏は白。さて?

Tenguturutake3115テングツルタケを見つけました。地味なもんで枯葉の中にたってるとうっかり見過ごしてしまいそうです。

Noutake3115ノウタケです。皺はあっても菊目模様はありません。

Beniusutake2115きょうもいたる所にはえていたベニウスタケ。色が黄色かったらアンズタケみたいです。ここには沢山はえてるけど箕面のお山なんかにはあまり生えてないらしくてキノコ好きの同好の士もアンズタケだと思ってたみたい。

Seitakaiguti1115ということで今日は先に到着していた同好の士が猪のように山の中に分け入っていろんなキノコを見つけていてくれましたので楽してして撮影できました。自分ひとりでは道からはずれた森の中には何か見えてる時以外には入らないんですよね。まずはセイタカイグチから。はじめて見たキノコです。

Ooonitengutake1115なんとも巨大なキノコで、オオオニテングタケ。

                 Kabairokonatengutake1115 Kabairokonatengutake2115

以前はもっと奥の地面丸出しの所にはえていたので森の中で見るのははじめて、やはりカバイロコナテングタケが出てるかもしれないと月曜日に来た時に思ったのは正しかったようです。

Azumatake2115アズマタケみたいです。松の木ばかりではなくシイやコナラとの混生林でも発生するんですね。

                                      Kihidatake2115 Kihidatake2215

きれいなキヒダタケもありました。キヒダタケは傘の裏がヒダ状ではあるけれど、イグチ類なのだそうです。きれいなヒダが見れたので満足happy01

Yamadoritakemodoki1115ヤマドリタケモドキかな?まだ幼菌みたいでこれからビッグになるんでしょうね。

Sasakuresiroonitake傘が真っ白ではないことと錐状のイボ。柄の下部にささくれがみられることからササクレシロオニタケと判断しましたがどうでしょう?

Yotusujitorakamikiri1115今日のオマケ。毎年のようにこの時期に撮ってますがヨツスジトラカミキリです。いままでじっとしてたのにシャッターをきろうとしたら動き出して中央から少しずれてしまいました。

July 27, 2015

あなたはだあれ?

Mannentake2115甲虫でも撮れたらいいのになと思って今日はヘルメットマウンテンにある緑化植物園へ。バイクを置いて少し涼しげなところで一服しようと考えて下の川におりてみました。細流を石伝いに渡ったところで大きなキノコを発見。あれ?いままで見たことにない色のサルノコシカケ?赤褐色の漆器みたいな傘で木漏れ日の木の葉の影がその上で揺れます。右下に小さくあるのは幼菌?

Mannentake2215下をのぞくと右下に柄らしきものがありました。マンネンタケの仲間なんでしょうが、こんなに大きく、ほぼ成菌といったマンネンタケってはじめて見ました。帰ってから図鑑を見るとツガノマンネンタケというのがこんな感じ。でもはえてたのは針葉樹ではなかったはず。さて、普通のマンネンタケなんでしょうか?

Kuwagatamusi1115しゃがんでマンネンタケを撮ってる時に、ふと顔をあげると目の前にクワガタムシがいてました。メスのクワガタムシみたいですが、メスでは種類を同定するのが難しくて私にはわかりません。

Hukuroturutake2115ここには樹液のよくでるカエデの木があったはずなのでいってみると今日は全く虫っ気がありません。しかたないので少し山に登ってみるかなと歩いてると白いキノコを細流の向こうに発見。猛毒キノコのフクロツルタケみたいです。

                                     Matuouji3115_2 Matuouji3215

松の切り株にマツオウジをみつけました。キノコらしい形が残ってるマツオウジを間近で見たのは初めてです。

Iguti07271その場にイグチ類もはえてましたので撮ってみました。ミラーがあたった傘の裏が青く色変わりしてるのに後で気がつきました。

Iguti07272下の方で色々見れたのだから上に登ったらもっと何か見られるのかと思って細い山道を登っていきましたが、見れたのはやっぱりイグチ類だけ。きれいな姿をしてるけど名前がわからないんですよね。

Tamagotengutakemodoki1215多大な労力を消費して登ったわりにはこれといったものは撮れないまま、また下に降りてくるとタマゴテングタケモドキを見つけました。傘の裏がほんのりピンクがかった色をしてるのが特徴なんだそうです。

Kinoko07273ここはマンネンタケを一ヵ所に集めてる場所があるのでそこにも寄ってみました。なんかわからないけどキノコがはえてたので記念写真camera

Kinoko07272植物園なので花に来る蝶や虫を撮ってもいいのだけど、前回は素通りしてしまった森林公園が気になるのでそちらに移動。下の池を一周したけど収穫なし。トイレ前に来て不思議なキノコを発見。ノウタケみたいだけど色が白いノウタケなんかあるのかな?白いといえばオニフスベなんかは白いけどこんな模様はなかったはず・・・さて?

ネットで調べていて偶然同じようなキノコの画像がありました。さらにしらべるとスミレホコリタケかキクメタケのようです。夏休みでもあるし、そのうちに誰かが蹴飛ばすとは思うけれど正体を知りたいものです。

Monkiageha1115お、クサギの花が咲いてます。そこにはやはり黒いアゲハ類がやってきて蜜をすってました。モンキアゲハを撮ってたらそこにまた他の蝶がやってきたため追いかけあいがはじまりまともに撮れなかったのがちょっと残念。

Siroonitake2115あっさりと北門に抜けてしまったので今日もまた山の裏側を散策。大きなキノコだけどこれはシロオニタケでいいんでしょうか?ちょっと気になるキノコですね。

Kikubanaiguti1115最初これを見た時はコウジタケ?なんて思ってたのですが、

Kikubanaiguti1215はえてる場所や傘の縁にある表皮の断片みたいなのからキクバナイグチじゃないのか。でもキクバナはもっと傘の表面が鱗片状だったような・・・?

Kinoko07275頭のわりに柄が長いキノコも見つけました。これももしかしたらキクバナイグチなのか?ということでよくわからないキノコばかりを撮って今日はこれまで。

July 25, 2015

コムラサキなど

Komurasaki1215昨日、キツネノハナガサを見つけたので是非その傘が開いた姿を撮ろうとふたたび緑地に行ってきました。ところがキツネノハナガサがあった場所に行ったらなんにもありません。少し積もっていた松葉なんかを払いのけた跡があるので確かにこの場所だったはずなのに・・・。昨日の夕方から朝にかけてもう傘が開いて崩れ去ってしまったのか、それとも誰かにつまれてしまったのか???まさに狐に化かされたかのような・・・

Gomadaratyou1215しかたないので樹液に昆虫でもきていないかと見て回っていたらゴマダラチョウを見つけました。

Gomadaratyou1115なかなか羽が開くタイミングでうまくシャッターがきれないんですよね。

Komurasaki1115お、コムラサキまで今日はいてますやん!さて、今日はうまく紫色の輝きを撮ることができるでしょうか?

Komurasaki145じっと羽を開いてるわけではないので紫色の輝きがみれるのもほんの一瞬でしかありません。

Komurasaki1315できるだけ紫色の面積が広く写り、かつ全開に近いぐらいに開翅したのが撮れるのが理想なんですよね。

Kitunenotaimatu3115キツネノハナガサはダメだったけれど、元気の良いキツネノタイマツは撮ることができました。

Tumamitake3115ツマミタケもなかなかきれいなのがありました。今日は時間がないので早々と帰りましたが昨日と違ってお天気がよく気温が高いとハナオチバタケみたいな華奢なキノコはもう元気がなくて、きれいだった紫紅色のハナオチバタケもほとんど消失寸前でシオシオノパア~。

July 23, 2015

緑地のハナオチバタケ

Hanaotibatake2215今日も朝のうちは雨。お天気運が悪くて休みの日はまともに撮影に行けない日が続きます。お昼から雨もあがったようなので原付に乗って緑地までひとっ走り。なにかキノコがでてるか虫にでも出会えるとうれしいのですが・・・。

Sirohatumodoki2115今日の緑地のキノコは行けども行けどもこの白いキノコと正体不明の小型のキノコと赤いボロボロ茸ばかり。ヒダが密で乳液もでないようなのでシロハツモドキということにしておきます。

Hariganeotibatake1115なんかタレントがきてイベントをしてるみたいでしたが、音楽でもうっとおしいのに大きな声でがなりたててるだけみたいなタレントの声なんかは雑音でしかありません。樹液に甲虫でもきてないかと思ったけどカナブンとスズメバチ、サトキマダラヒカゲを見たのみ。東側の池の縁にやってきて乗馬センター方面に移動し始めた時、池の縁のサワグルミの木?の下に小型キノコの一団が・・・。もしかしたら探してるスジオチバタケかな?とカメラを通してみるとハナオチバタケの色落ちしたみたいなのでした。それにしてもここにはたくさんはえてます。

                 Hanaotibatake1115 Hanaotibatake2115

なんと鉄柵から1mほど離れた場所にピンクのハナオチバタケを見つけました。きれいな紫紅色のハナオチバタケを一度撮ってみたかったんですよね。

Hanaotibatake2515そのまま池の縁を鉄柵越しに見てあるいてると蔓の垂れ下がったみたいな木の下に紫色がかったきれいなハナオチバタケを発見!やった~、鉄柵の中だけど撮りやすい距離のが撮れました。

Tumamitake2115あれ?これはツマミタケでは?雨に濡れてグレバも落ちてますがこんな所にツマミタケがはえてるとは・・・。もしかしたら、以前にツマミタケを撮った所に行ったらまたあるのかも。

Kitunenotaimatu2115目的地に到着すると雨で大半が倒れてるけれどキツネノタイマツもはえてますし、

Tumamitake2215ツマミタケもぐちゃっとあります。

Oribusakazukitake1115オリーブサカズキタケかな?このオリーブ色がかった黄色というのがうまくでません。

Hanaotibatake2315フェンスのところにはやっぱりハナオチバタケの褐色型と思われるのがはえてます。これぐらい大きければハリガネオチバタケでとおりそうですが、キノコ好きのみなさんはどう判断してるのでしょうね?以前はハナオチバタケとハリガネオチバタケを分けてなかったらしいんですよね。

Hanaotibatake2415さっきのハナオチバタケのところに戻って角度を変えてストロボ撮影してみました。青っぽい色はとんでしまうみたいなのであとでレタッチしてますがうまくいきませんね。

Sarunokosikake1115池に沿って戻っていて斜面の上にみつけたサルノコシカケの仲間。カイメンタケかと最初思ったんですが、さわるとけっこう固かったんですよね。アズマタケとは色的に似てないみたいだし???  ベッコウタケかも・・・。

Kitunenohanagasa1115バイクを緑地の西側に置いたのでそちらに戻るのに少し時間がかかります。梅林のあたりでツツジの刈り込みの下に一本だけ気になる茸をみつけました。似たようなのもあるらしいのですが、キツネノハナガサだと思います。まだキツネノハナガサの傘が開いたのが撮れてないんですよね。あまりにも繊細でガラス細工みたいにもろく、また美しいキノコなんですが一度きれいな完品を撮ってみたいものです。

Tunomatatake2115池の縁のベンチの所まで戻ってきました。ここまでくればもう少し。いつもは将棋さしてる人たちがいてるのに雨でだれもいてません。人のいてないうちにとても小さなキノコがはえてました。ツノマタタケですね、たぶん・・・。と、いうことで明日は仕事だけど気になるキノコを見つけてしまいましたので、もしかしたら・・・。

July 20, 2015

雨後の茸

Daidaiiguti1115今朝も雨が降ってるみたいだったのでゆっくりとおきると雨はあがった模様。出遅れた感はあるけれど原付でちょっと出かけてきました。目指すは西の聖山ヘルマットマウンテン。

Hasu1115いつもは森林公園の前にバイクを置くのだけど、今日はお大師さんの駐車場においてお寺さんの中を通り抜け。雨があがったばかりなので蓮の花にも雨粒がついてました。

                 Sirotamagotengutake1115_2 Sirotamagotengutake1215

ここから自然の家方面に行くことができるはずですが、じつはこのコースは歩いたことがないので何があるのかわかりません。なにやら白いカビがはえたキノコがたくさんありましたが、カビのはえてるのはパス。白いけれどかびてないキノコを撮影。しかし、このキノコはいったい???シロツルタケ、ドクツルタケ、シロタマゴテングタケと候補はあがったんですが、ツバがあることから三種の中ではシロタマゴテングタケ。でも、傘の開きにやはり違和感が・・・正体や如何に。

Kotengutakemodoki2115このキノコもまたよくわからないキノコです。傘の中央部付近は黒っぽくツバはあるけれどわりとつるっとした感じの柄をしたキノコ・・・傘の中心部に色がぬけた箇所があるのはイボイボが集まってた場所で雨がイボイボが流れ落ちってしまったと考えられます。ということはテングタケなのでは??

Hanakamikiri1115できたらカブトムシとかクワガタムシを撮りたかったのですが、雨あがりでは樹木全体が濡れているので樹液の出てる木がよくわかりません。目の前にハナカミキリが飛んできてとまってくれたので記念写真を一枚camera

Beniusutake1115今日はこのオレンジ色をしたキノコをよくみました。昨年も撮ったはずなのに名前がどうしても思い出せません。帰ってからあれこれ調べてベニウスタケということで落ち着きました。

Benitake1115自然の家から下の湿原と山の北側をまわる道に降りて行く途中で赤いイグチ類を見つけました。色はよくないし倒れてるけどベニイグチだと思います。

Dokubenitake1115今日は山道も水が流れおちる川みたいになってる所が多いので歩きにくいんですよね。赤いキノコを見つけたのでこれも撮影。柄の白いこの手のキノコは有毒のドクベニタケなのか無毒のドクベニダマシなのか?違いは口にしてみないとはっきりわからないらしいのでどっちを撮ったかは私にはわかりません。

Kabairoturutake1115やっと名前のわかるキノコをみつけました。ちょっと小ぶりでしたがカバイロツルタケ、これは自信ありです。

Turutakedamasi1115ふたたびわからないキノコ・・・ツバがあって条線がわかるので今度はツルタケダマシか?雨でテングツルタケやテングタケのブツブツが全部流れ落ちたやつというのもやはりあり?

                 Iguti1215 Kinoko07193_2

イグチ類はいくつか撮ったけれど名前はほとんどわかりません。知っていたら教えてちょうだい。

Onitengutake1115最近はあまり見かけないように思うけどシロオニタケがはえてました。雨のあとはブツブツのトゲは流れおちてしまうことが多いのできれいなのがないんですよね。

Daidaiiguti1215きれいなダイダイイグチ。傘の裏までこんな色をしてるんですね。

Noutake2115ちょっと変わったところでノウタケがはえてました。

Nigaigutimodoki1115これはイグチ類だけど初めてみたような気がします。傘の裏も濃い暗紫色みたいだったのでニガイグチモドキの若いやつだと思うのですが、どうでしょう?

Kinoko07191ここまで来たら最後まで山の裏側を歩こうと水が流れたりしてるところをよけながら歩いてると斜面の上に黄色い大きなキノコをみつけました。

Kinoko07192ちょっとよじ登って上から撮影。キノコの図鑑にはこんなキノコは載ってなかったように思います。柄の基部が膨らんでるのでフウセンタケの仲間かも? キヒダフウセンタケが近いように思うけど・・・う~ん? 今日はカバイロコナテングタケを期待してたのですがまだ早いみたいでみつかりませんでした。それにしても、謎のキノコが多いですよね。

July 17, 2015

御苑一周キノコの旅

Tyatamagotake1315祇園祭の宵山の日に京都なんかに行くと行きも帰りも大変なことになるのは分かってたけれど台風が接近中でお天気も今一つなんで狙えるのはキノコだけだろうと思い、雨が強く降り出したら帰るつもりで出かけました。狙いは箕面ではまともなのが撮れなかったチャタマゴタケです。

Kesirohatu1115本日一番たくさん見たキノコがこれ。ケシロハツモドキだと思うんですがどうでしょうね。傘はうちにまいた形だし、なによりヒダが黄色っぽい。この手のキノコは種類が多いので悩むんですよね。図鑑にはのってなかったけどウズゲツチイロタケというのもこんなんらしい。それにしても今度はもっときれいな個体を撮らないとね・・・。

Kinoko07161きまぐれで御苑の南東の端にあるフェンスに囲まれた伐採木の貯木場みたいなとこをのぞいてみました。これといったものはないけどあまりにもはっきり緑色をしたカワラタケみたいなのが珍しいかな・・・。裏がこんなに針状になってて立ち上がった形なのがまた面白いかも。

Hosonehitoyotake1115その近くの木の根元にはえてたヒトヨタケの仲間。ホソネヒトヨタケがこれに近いと思うんですよ。

Yaburebenitake1115そのまま北上をしましたが、ハナオチバタケだかハリガネオチバタケだかよくわからないのはたくさんありましたが今日は撮ってません。トイレの近くで見つけたベニタケ類。これも似たような種類が多いので絶対とはいえないけどヤブレベニタケだと思います。傘の先端部分の赤がヒダにまで入っているのが決めてでした。

Mayutateakane1115バードバスの近くまで来たときにアカトンボが目の前に現れました。もうお腹が赤くなってるオスのマユタテアカネです。

Matuouji3115バードバスの近くにロープで囲った松の木があって大きな巣箱がありました。アオバズクが営巣するらしいのですが、今もいてるのかどうか・・・あたりを見回したがアオバズクの姿はなし、ロープの囲いの中にある切り株にマツオウジではないかと思われるキノコを見つけましたがちょっと遠目。

Kinoko07162そこいらを見て回っていて見つけたテングタケの仲間。傘の表面に褐色の鱗片の名残りみたいなのがあってツバはどうも見当たりません。正体不明ですが、雨で鱗片が落ちてしまったフクロツルタケなんか怪しいような・・・。

                 Mannentake1115_2 Gomadaratyou1115

マンネンタケやらちょっとぼろいゴマダラチョウなんかを撮ったので少し西側に移動。

Kusahatumodoki1115クサハツモドキかな?正体不明のキノコの多いこと・・・。

Azumatake1115御苑にくると松林の中でこんなのをよく見かけます。触ってみるとけっこう固いキノコでサルノコシカケ類にしては地表からはえたように見えるキノコです。アズマタケだと思いますが、図鑑にあるのはもっと立体的な姿なんであてになりませんね。

Yanagimatutake2215御苑の北側を西に向かって歩いてる途中でみつけたヤナギマツタケ。下をのぞくとまだヒダは内被膜にかくれて見えませんでした。

Kaimentake2115とうとう西の端のトイレ付近まできてしまいました。これも御苑ではよく見ます。触ってみると柔らかなスポンジ状のキノコなのでカイメンタケみたいです。

                 Kinoko07163 Kinoko07164

このまま地下鉄に乗って帰ってもよかったのですが、目的のキノコをみないままではせっかくここまで来たかいがありません。雨も降りだした中、木陰で雨をよけながらまた南下。途中でやたら小さい黒いキノコをみつけました。黒いアンズタケみたいなのとクロラッパタケを小さくしたみたいなのでした。

Kihidatake1115これは傷んでますがキヒダタケだと思います。ぼろいけれど初めて見たので記念写真をcamera

Tyatamagotake1215雨はふるけれどツルタケみたいなのとかテングタケみたいなのを見ながら歩いてるとついにチャタマゴタケを見つけました。通常のチャタマゴよりも黄色味がつよく出てる個体で、御苑には黄色型や白型のチャタマゴタケがでるそうです。

Tyatamagotake1115黄色型と思って撮りましたがどうなんでしょうね。チャタマゴってけっこう珍しいキノコらしいです。結局駐車場の南の端近くでこれを見つけたので、最初に左回りに御苑を歩かずに右回りをしてたらもっと早く目的達成できたのに・・・。それにしてもチャタマゴがこれだけというのは少ないですね。この雨がやんだらもっとたくさん出てくるのでしょうか?もう少しきれいな個体を撮りたかったけど一応目的達成したので撤収。

July 13, 2015

そうはイカの菌玉子茸

Akaikatake1215アカイカタケとかいうのがはえてるという連絡はいただいてたのですが、もう夕方4時過ぎだったのでこれから歩きで1時間以上かけて山の上まで行くのはきついなということで翌日行くことにして、日曜日さっそく行ってみるとアカイカタケはもうぼろっとした状態でイカの足がすっかり縮れてしまってあぶったスルメ状態・・・down

Akaikatake1115あの時無理をしてでも登ってきたならもう少しマシなのが撮れたのにとちょっと残念なことになりました。誰かに車で拾っていってもらったらと後になって気がつくもので、後悔先にたたずというやつです。まあ、それでもこれだけ残ってたらマシな方かな?一応角度をかえて色々撮ったので何か他にないかと探してると白い物体を発見。積もっていた枯葉をどけるとそこはかとなくピンク色がのぞく卵というか、キノコの幼菌がありました。しかし、きっと踏まれた後なのでこれがうまく育ってくれるか、またアカイカタケの幼菌なのかどうかはわからない状態です。

Kasahidatake1115同好の士が一同に集まって、キノコ撮影会が始まりました。人が多いと見つけるのも早いです。カサヒダタケを初めてみました。傘の表面に網がかかったみたいで面白いキノコです。

                           Tengutakedamasi1115 Kiibokasatake1115_2

左がテングタケダマシで右がキイボカサタケ。小型のテングタケダマシで尖ったイボがきれいに出ているのを撮りたかったんですよね。このキイボカサタケはちょっと色が悪いですね。もっときれいな黄色を撮りたいです。

                           Huusentake1115_3 Kinoko17121

左はフウセンタケの仲間みたいだけど、名前ははっきりわかりません。右のはヒイロベニヒダタケかもしれませんがどうでしょうね?

Oosenntikogane1115この日はじめての昆虫類の収穫、オオセンチコガネです。ここにははっきりと赤い色をしたオオセンチコガネもいるのだけど今日のはよく見かけるやつですね。こんな所にも鹿が現れるようで、鹿の落し物に寄ってくるみたいでした。

Kotengutakemodoki1115少し山歩きをしてキノコを探してると大型のテングタケの仲間らしきものに遭遇。コテングタケモドキだと思います。

Niwatake1115新兵器百均ミラーで這いつくばらなくても裏がわかるようになりました。太く黒い柄からニワタケだというのがわかります。

Mimibusatake1215ミミブサタケというのを初めてみました。新しいのはウサギの耳みたいだけど古くなると黒くなってしまいます。

Mimibusatake1115つつくと胞子を吹き出すというので実験しました。かなり勢いよく胞子が飛び出します。ミミブサタケの上のほうが白くなってるのはその胞子が付着してるからなのか、かびているかどっちでしょう?

Kiasigurotake1115落ちてる枯れ枝を見て歩くといろんなキノコがついています。これもその一つ、キアシグロタケですね。

Tamagotake1215山道をおりていて谷にキノコがあるのがわかりました。これこそは赤いタマゴタケ!先日のチャタマゴは残念なことをしましたが、やっときれいなタマゴが撮れました。

Tamagotake1115石塀にしがみつくようにして谷にすべり降りて下からも撮影。

Tamagotake1315ストロボを使うと本来のタマゴタケの赤とは違って写るのが不満がありますが、それでも十分にきれいな赤です。

Siroibokasatake1115やっと最初の場所にもどってくるとシロイボカサタケがありました。あれ?たくさん人がいてたのに白いのに誰も気がつかなかったのかな?

Kuragatanoboriryuutake2115クラガタノボリリュウタケもありました。

Hatitake1115最後にビジターセンターに飾ってある、先日は仕事で見に行けなかったハチタケを見て今日は終了。

July 12, 2015

箕面でキノコ

Oniiguti1115今日は鳥でも撮りに行こうかと思ってたら箕面でチャタマゴタケがはえていたという話をきいたのでキノコ探しに変更。京都御苑にはチャタマゴがよくはえると聞いてたのでそっちに行くつもりだったのですが、近くで見れるとなると電車賃の安い方を選択してしまいました。山道をほかのキノコを探しながらボチボチ登って行きます。途中知り合いと合流して撮ったのがオニイグチ。いつも何を撮ったのかわからないイグチ類の中では特徴があるのでわかりやすいですね。

Anzutake1115たくさんはえていたアンズタケ。

Tamgotengutakemodoki1115たぶんタマゴテングタケモドキだと思います。

Takeritake1115そして初めて見たけれどタケリタケと思われるもの。とっても元気そうですね( ̄ー ̄)ニヤリ テングタケにほかの菌が付着してこうなるのだそうです。そういえば、近くにテングタケがはえてました。

Kanzoutake1115きれいなカンゾウタケも二枚重ねで登場。健康な肝臓色してます。

Tyatamagotake1115チャタマゴは残念なことにすでに柄が折れてしまっていて、折れた先だけでもとろうとしたらそれも崩れ落ちてしまいバラバラに・・・。やっぱり御苑に探しに行くしかないかな・・・。

Nenkin1115山から降りる途中でみつけた蛍光イエローの粘菌。

Kinoko07111はじめて見たキノコです。赤味がかった茶色がけっこうきれいなんですが、いまのところ図鑑を探してそれらしいのが出てきません。

Nagaenotyawantake1115これを見つけた時はクラガタノボリリュウタケに違いないと思ったのですが、エナガノチャワンタケというのもこんな風に傘が反り返るというのでどっちなのかよくわかりません。色的に明るい感じがするのでエナガノチャワンタケなのかも?

Kawarihatu1115下のほうにルリハツらしきものがあったというんで見てきました。う~ん、瑠璃色よりは緑色と藍色の中間の色といった感じ。

Kawarihatu1215裏側を新兵器、百均ミラーで見てみました。ネットでルリハツの解説を読むと裏は藍色から黄緑色になるというんで。これはちょっと違うな・・・カワリハツの青緑バージョンでは???

Kooniiguti1115トゲトゲの傘ではないのでコオニイグチかな?シイの林なんかにはよく出てくるらしい。

Momijiurokotake2115伐採木の切り口を埋め尽くすモミジウロコタケと思われるキノコ。ものすごいですね。

Karabakitunetake1115クロラッパタケのはえてるところにあったカレバキツネタケと思われるキノコ。乾燥すると傘の表面が白くなるのだそうです。

Nagaenotyawantake1215まだカップ状のナガエノチャワンタケ。このほかにも今日はチャワンタケを見てますが、名前があるのかないのかわからないネ。

July 10, 2015

ここにもキノコが

Murasakihoukitake1115いつもキノコばかりというのも動きがないので面白みに欠けるかなと思って今日はトンネルのむこうがわへ。お天気が今一つみたいでしたので雨が降ったらすぐに帰ってくるつもりででかけたのですが、けっきょく雨は降りませんでした。いつものように川沿いの道路を歩いてると苔むした路側帯にキノコを発見。

Sayanaginatatake1115キソウメンタケはこの前撮ったけどこれもキソウメンなのか?この前のと比べると黄色に鮮やかさが欠けるように思うんですよね。ナギナタタケにしては先端がとがってないし・・・。図鑑にはサヤナギナタタケというのが載ってたのでそれかも?

Murasakihoukitake1315ここはこんなもんかと思ったら今度は紫色のキノコがはえてました。

Murasakihoukitake1215ムラサキホウキタケというやつですかね?こんなにはっきりとした紫色のホウキタケなんか初めてみました。沢山はえてるけどこれから枝の分岐もはっきりするのかなといったものが多かったです。

Onagaageha3115ハイキングコースに入って歩き出すとオナガアゲハが飛んできてとまりました。久しぶりにキノコではなくて蝶が撮れました。このオナガアゲハは後翅の赤い半月紋もきれいけど、青く見える筋が尾状突起にまであってカラスアゲハみたいですね。赤い紋も上下二段になってる部分があるなんて異常型なんでしょうか?Hosobaseseri1115キノコを見てると今度はホソバセセリが飛んできて壁にとまりました。向きを変えて撮ろうとするともういてませんでした。

                 Kinoko07091 Kinoko07092

名前はわからないけど廃線跡にだってキノコははえます。

Kinoko07093_2それどころか、なんと真っ暗なトンネルの中にもキノコがはえてました。すごいですねえ~

Akaibokasatake1115桜守の山荘跡まできましたので中に入ってみると傘の先にイボをつけたキノコがいくつかみました。アカイボカサタケでいいんでしょうか?赤でもなければ黄色でもないサーモンピンクといった色でした。

Akaibokasatake1215この色は初めて見たかもしれないのでもう一枚はっておきます。

Momijiurokotake1115切り株にたくさんついているキノコはモミジウロコタケでいいのでしょうか?チウロコタケというのもこんなんみたいです。

                 Kinoko07094 Kinoko07097

                 Kinoko07095 Kinoko07096

勾配のきつい方の山道ではなくほぼ一直線の方の道を選択して曲がり角に来るまで歩いてみましたが、以前はあった樹液の出てるような木もなく、キノコも少な目。ハイカーが目立ったキノコは抜いて歩くんでしょうかね。いくつか転がってました。大きなサンコタケとかキクラゲ類もはえてましたがそのうちに名前がわかりそうなのを載せておきます。

左上のはキイロアセタケで右上のは大きさに疑問がのこるけどフジチャヒラタケというのが近いかも

                 Harianeotibatake1215 Hariganeotibatake1115

山荘跡を出てまたトンネルに入って戻ることに。ちょうどトンネルを出たところで大き目のオチバタケが一つはえてました。これはハナオチバタケかもしれませんが、ハナオチバタケの傘の径は15㎜ぐらいまでだそうで、このオチバタケは20㎜ぐらいはありました。ということは、これはハリガネオチバタケだということも考えられます。おっきなハリガネオチバタケはランプシェードみたいで素敵なんですよね。

Miyamakuwagata1115ハイキングコースを出て橋の所に戻ってきました。ここの橋はしばらく通行止めだと聞いていたのですが、もう開通してましたので対岸の方も歩いてきました。すっかり夏草が茫々になってる中を歩いてクヌギの木の下に来ましたが、ヒカゲチョウがいてるぐらいでこれといった甲虫類はいてません。アキニレの木の上の方を見てみるとカナブンとはあきらかに長さの違う虫を発見。手持ちですが、とにかく何枚か撮影。ミヤマクワガタでした。帰り道を急いでいると途中でコジュケイがけたたましい鳴き声とともに飛び出してきました。びっくりしてると続いてもう一羽。ここのコジュケイでは今までで一番近かったように思いましたが、撮れなければおんなじですね。┐(´д`)┌

                 Oosirokarakasatake1115_2 Oosirokarakasatake1215

もう帰ってよかったのですが、足湯の方にいけばもしかしたらヤマセミにでも遭遇するのではないかという期待が頭をよぎりましたのでそっち方面へ。オオシロカラカサタケと思われるキノコが出迎えてくれました。ここでこんなのがはえてるということはこの先の暗いゴロゴロの山道あたりはもっと期待できるかもと考えてさらに移動。

Sirosuzumenowan1215ところが行けども行けどもキノコなんかはえてません。まあ、仕方がないなと戻り始めてると足元に小さなチャワンタケが・・・。白いチャワンタケ?よ~く見ると白いのはカビがはえて白くなってるみたいでした。

Sirosuzumenowan1115ほかにも同じのがはえてたのできれいなのも貼っておきます。ひょっとして、これが話には聞いたことのあるシロスズメノワンとかいうチャワンタケなのかな?ということで今日はこれまで。

July 07, 2015

梅雨の万博きのこ

Uramurasaki1115昨日は日曜出勤だったので珍茸を見に行けなかったこともあって、今日は昼ごろから雨という予報ではあったけれど電車で行ける進歩と調和のB公園まで行ってみました。

Tengutake4115まずは中央入口を入って左手すぐにある松の木の下によくはえてるテングタケから。あいかわらずテングタケなのかイボテングタケなのかはっきりしません。

Kawarihatu1115キタマゴタケがはえていたあたりには今日はその手のキノコはなく、カワリハツみたいなのとか、

Hebikinokomodoki1115ヘビキノコモドキと思われるもの

Tengutake4215色の薄いテングタケみたいのがはえてました。ウスキテングタケの卵らしきものを去年撮ったのでちょっと期待してたのですが残念・・・。Kareedatake0115カレエダタケみたいなのがたくさんはえてました。もしかしたらソウメンタケのようなカレエダタケモドキが大きくなるとこんな風になるのでしょうか?

Kitunrtake3115ずいぶんと大きくなってるけどキツネタケの仲間のような気がします。

Kinoko07061梅林方面に移動していてみつけたイグチ類。ずいぶんと柄が太ってますが正体不明。

Soumentake1115水路に沿って歩いていて見つけたシロソウメンタケです。これはたぶん間違いなし。

Kinoko07062自然学習館前から滝の方に移動していてみつけたキノコ。撮ったときには背の低いテングツルタケを撮ったつもりでしたが、テングツルタケにはツバがないのでこれはいったい?

Uramurasaki1215雨がふりだしてあたりは暗くなってましたが、ソラードの階段近くでみつけたきれいな紫色のキノコ。暗いけどストロボを使うと青い色がとんでしまってピンクっぽい色になってしまうのでここは辛抱してノーストロボ手持ちで撮影。

Uramurasaki1315あたりにはカサの開いた個体もありましたのでこれも。どうやら成熟すると青い色はなくなって褐色になるみたいで、これも赤みが少し出てます。あとできくとウラムラサキというキノコのようです。ほかの公園で見たウラムラサキはもっと赤っぽい紫色したけばだった感じで傘が開かないやつだったので違いにびっくりです。

Wakakusatake1115今年はまだはえてないのかと思っていたワカクサタケを見つけました。ものすごく小さくて出てきたばかりのは若草色は出てないものの柄がこい黄色をしていてました。

                 Wakakusatake1215 Wakakusatake1315_2

もうちょっと探せば色のいいのもあるかもしれないけど雨が強くなってきたので学習館に雨宿りに。

Kinoko07063ソラードの下でみつけた灰色のキノコ。裏をみてもヒダがありません。小さなチャワンタケの類が開き切った姿のようにも見えるし、いったいこれは?

Tengunomesigai1115ここらへんではテングノメシガイも苔の中にはえているのをよく見ます。

Yaguratake1115一休みしてからイヌセンボンタケがたくさんはえていた木のところまで行ってみましたが、すっかりそんなキノコはなくなってしまっていて、そのかわりに見つけたのがキノコにはえるキノコで、その名はヤグラタケ。はじめて見ました。もう少しじっくり撮ろうとして乗り出した時にかぶっていた帽子がキノコの上に落ちて一番大きなのを折ってしまったのでここはそれまで。

Usuhiratake2115_2果樹なんかがうえてあるあたりにカブトムシでもいてないかと寄ってみましたが、カナブンを少しみただけ。ただ茶色いけどウスヒラタケではないのかと思われるのを見つけました。

                 Daidaigasa1115_2 Daidaigasa1215_2

さらに道沿いに北上を続けてると落ちた枝の裏にダイダイガサを見つけました。ダイダイガサの裏を見たことないので一つとって裏返してみるときれいな白。

Hanaotibatake4115植え込みの下なんかを覗き込みながら歩いてるとハナオチバタケのやや大きなのがありました。一番大きなのは撮りにくい位置にあったので少し大きめなのを撮影。

Hiratake1215アラゲキクラゲのはえてる倒木をのぞきこんだとき横の木のうらにたくさんのキノコがはえてるのに気がつきました。柄はないのでヒラタケなのかな?

Hiratake1115でも、立体的にかたまってはえてるとマイタケみたいなのかとも思ってしまいます。カメラでは茶色っぽい色に見えますが、実物は灰色に見えます。ここでアクシデント。あまりにも湿度が高いのでフィルターの内側が曇ってしまいました。ぼやけた画像になったのでフィルターをはずして再度撮り直し。

Kisoumentake1115時々立ち止りながら歩いてるとすっかり時間がかかってしまい。野鳥の森のはずれにある観察小屋まで来たのでここから引き返すことにしました。戻り始めてすぐに見つけたのがキソウメンタ

Kisoumentake1215シロソウメンタケはよくみるけど黄色は初めてなのでもう一枚はっておきます。

                 Yaguratake1215 Yaguratake1315  

さてそろそろ万葉の里かなという所で小高い場所に見えた黒いキノコ。みるからにボロイというか傷んだように見えます。そのうちの一つになにやら白い物体が・・・。上にのっかっててた苔を撮るとその下からはっきりと大き目のヤグラタケがでてきました。ヤグラタケはクロハツによくはえるそうなのでこれはクロハツやクロハツモドキのなれの果てなのかも?

Kumotake2115学習館近くまで戻ってきた時に携帯がなって、話をしてると道沿いの溝の上にクモタケを見つけました。一度見たことがあるとクモタケみたいな地味なキノコもわかるもんですね。

Houkitake2215続いてホウキタケみたいなグチャグチャっとしたキノコ。この色のものを見るのはたぶん初めて。これからどんな風にそだつのか楽しみなキノコです。

Benitake1115ベニタケの類はきれいだけど名前を特定するのは難しくてよくわかりません。クサイロアカネタケかも。

Kinoko07064やっと塔の前の松の木?のところまで戻ってくると、あれ?来たときにこんなキノコがはえてたかな?というのを発見。アセタケの類ですかね?

雨に降られはしたものの初めて見たキノコもあったので今日は収穫ありでした。次にキノコを撮るのは京都御苑あたりがよさげな気がするのですが・・・チャタマゴはえてるといいな(o^-^o)

July 03, 2015

カラカサタケとか

Karakasatake1115なにやら珍しいキノコがあったという連絡をいただいていたのですが、仕事でちょっと行けなかったので休みの日にやっとキノコを見に箕面まで行ってきました。

Kurorappatake1215もちろん初めて見たけれどクロラッパタケです。あまりにも地味なため、さして広いエリアでもなかったのになかなか見つかりませんでした。

Kurorappatake1115一つ見つかると次々とみつかるもんです。

                 Tunomatatake2115_2 Kinoko07021_2
木のテーブルの上にもキノコが並んでいました。ツノマタタケみたいですが、京都植物園で見たものと違い小さく薄いもので正体はいかに?右のキノコもいまのところ名前は不明、柄が黒いという特徴はあるけど図鑑に載ってるようなキノコではないかも・・・。

Ookabotyatake1115倒木にはえていたオオカボチャタケとかいうキノコ。

Ookabotyatake1215オオカボチャタケは二つあって、ちっさい方です。

                 Kikurage3115_2 Kareedatake1115

左は伐採木にはえていたキクラゲの仲間と思われるの・・・。ナントカニカワタケとかナントカダクリオキンとかいうのもあるのでよくわからないなあ・・・。右のもこれからカレエダタケになるのかホウキタケになるかといった感じのん。

Ojirosanae1115雨のあとなので川は増水していて、おまけにコオニヤンマがたくさん飛んでるのでほかのトンボを見つけにくい状態でしたが、イトトンボのように弱弱しく飛んできたのが、なんとオジロサナエでした。

Ojirosanae1215まだ羽化して間もない個体なんでしょうね。色もはっきりしてません。

Kumotake1115これがクモタケというやつで、クモにとりついたいわゆる一つの冬虫夏草というやつです。

Kumotake1215三つあったのですがほかの二つはねてしまっているので背景にいれてみました。なんでも土の中にすんで近くを通りかかった虫を捕まえて巣の中に引きづりこむというクモにとりついたキノコなんだそうです。巣にはちゃんと蓋があって伸びてきたキノコは蓋をもちあげるかたちで出てきてます。

Tititake1115近づけなかったのでよくわかりませんが、たぶんチチタケだと思います。けっこうきれいなキノコでビロード状の傘と黄色みのあるヒダ、傘と同色の柄で間違いないかも・・・近づけたら乳液が出るかどうか確かめられたのですが・・・。

Karakasatake1215クモタケはたしかに珍しいけれど一番うれしかったのはカラカサタケを初めて見たことです。しかも今日はえていたのはなかなか綺麗な個体でした。カラサカタケというと草地にはえるキノコだと思ってましたので渓流沿いの斜面なんかに出てるとは思いもよらなかったのですが・・・

Karakasatae1215横から見て三角に見えるのを撮りたいところですが、これでも十分にカラカサタケらしいですよね。大き目の鱗片が傘にたくさんついていて、

Karakasatake1315しかも、ツバだってちゃんとあります。なによりも欠けてるところがどこにもないという上質の一品です。はじめてでこんなにいいのを撮るともう他のカラカサタケは見れないかもしれません。カラカサタケは毒キノコだと思ってたのですが、調べていて食べられることを初めて知りました。でも、生では中毒をおこすとか・・・。

Ramikamikiri1115おまけのラミーカミキリです。いい色してますねえ。さて、キノコで今年はスジオチバタケとか普通のノボリリュウタケ、チャタマゴタケなんかは見てみたいと思ってます。昆虫ではアオヤンマとかマルタンヤンマ、それにアオマダラタマムシも見てみたいですね。ラミーではなくってルリボシカミキリも一度は見てみたい虫です。というリクエストを書いてると誰か見つけてきてくれないかなあ・・・。

« June 2015 | Main | August 2015 »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ