« 卯の花と蝶 | Main | 河川敷の雉 »

June 05, 2015

緋縅蝶舞うヘルメットマウンテン

Hiodosityou1215今日は朝から病院に付き添いで出かけたため午後から出かけられる所ということで西の聖山ヘルメットマウンテンへ。ついてみると風が強くてすぐにアカシジミを見つけたものの風のために撮れず。

Yamasanae1115下の池はどうかなと思って移動すると、池の砂地部分にトンボを発見。正体が知りたいのでおもいっきり大きく撮ってしまいましたが、ヤマサナエ♂です。

Nisesyouro1115ニセショウロの仲間が顔を出してましたのでこれもカシャcamera

Hiodosityou1115レストハウス周辺を飛んでたヒオドシチョウがレストハウスの黄色っぽい壁にとまって開翅してくれました。トンボはわりと見かけるみたいだったので、もしかしたら湿地にサラサヤンマがいてないかと見に行きました。たしかにサラサヤンマはいてたのですが、まったくオートフォーカスでは撮影できません。時々ホバリングしてくれるし近くにも来るんですけどね・・・背景が水なら周囲にピントが行くこともないけど草地ではいくらフォーカスポイントの真中で捉えていてもダメ。SX50ではマニュアルフォーカスがさっぱりなんで困ります。ホバリングするトンボを撮影する方法を知っていたらぜひ教えてください。

Hiodosityou1315サラサヤンマで電池を消耗していてもしかたないと思って河原の方に移動してみました。大きなアカメヤナギの下にまたヒオドシチョウ。きれいに羽を開いた姿が撮れました。

                 Miyamakawatonbo2115 Miyamakawatonbo2215_2
いつもここではンコ少年たちが遊びまわっていて写真どころではないのですが、今日は珍しく静かだったせいか、ミヤマカワトンボ♂がいてました。この河原でミヤマカワトンボを見たのは初めてかも?あまり羽は開いてくれませんでしたがお腹の体操は見ることができました。

Ruritateha3115きれいなルリタテハが川向こうにとまっていたのですが、風が吹いて枝が揺れるためにぜんぜん真ん中で捉えられません。もしかしたらウラゴかな?と思われる高速で飛ぶ白い蝶もいてたのですが、とまってくれないことにはどうしようもありません

Koganenikawatake2115ん?これは蜜柑の食べかすかな・・・いや、どうもコガネニカワタケのような気がするので証拠写真を一枚camera それにしても枯れ枝についているならともかくダイレクトに地表の枯葉の上にあるというのはどうしてなんでしょうね?

Aragekikurage1115その後お山の裏道を歩いていてセンダイムシクイがよく鳴いているのに遭遇したのですが、暗くて撮れませんでした。そのとき一緒に鳴いていた正体不明の声。声質的にはイカルに近いように思ったけれど、イカルのオキクニジューシーとは全く違う囀り。はたして声の主は誰だったのか気になります。で、収穫のないまま公園事務所近くまで戻ってきた所で見つけたキクラゲ。昨日の雨ですっかり元気になったのでしょう。白っぽく粉をふいてるように見えるのでアラゲキクラゲだと思います。

« 卯の花と蝶 | Main | 河川敷の雉 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 卯の花と蝶 | Main | 河川敷の雉 »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ