« May 2015 | Main | July 2015 »

June 2015

June 28, 2015

オオムラサキと茸色々

Oomurasaki1215今年はミドリシジミを見てないのでいつもミドリシジミを見に行く公園に行ってみました。今日は車に乗せてもらったのでちょっと楽です。

Nejibana1115駐車場にはえてたネジバナ。もうそんな時期になったんですね・・・

Hanaotibatake2115赤いハナオチバタケを見たいと思っていたのでちょっといたんでますが記念写真をcamera 少しピンあまなのが残念。

Hitoyotake1115前も同じ場所で撮ったヒトヨタケの仲間。

Midorisijimi1115ハンノキの湿地にはえるイソノキにはよくミドリシジミが蜜を吸いにやってきますが、お天気もよくなったというのに全くみつかりません。時期的にもう遅いからしかたないのかと思ってたら高いところに1頭だけ逆さまになって張り付いていました。しかし、ぜんぜん動きがないので他を見て回ることに。

Mannenntake1115去年も同じところで見たかな?マンネンタケがはえてきてました。

Nioiwatititake1115ニオイワチチタケです。乾燥するとカレー臭がすると加齢臭を放つおじさんがいうので嗅いで見ました。なんか、香辛料の臭いがするのは確かですが、カレーなんかな?

Tengutake2115テングタケの出たてもありました。白いイボがたくさんついてるといかにもテングタケらしいですOomurasaki1115休憩所で一休みしてるとオオムラサキが飛び込んできました。

Oomurasaki1315床面に降りたので近づいて撮影。ちょっと近すぎますが、時々刺激しないと羽を開いてくれないんですよね・・・。今期初めてのオオムラサキです。

Oomurasaki1415うれしいのでもう一枚載せておきます。

                Akayamatake1215 Akayamatake1315

なかなかきれいな赤いキノコです。背後にはえてた黄色っぽいキノコは何?

Hanahoukitake1115出たばかりのホウキタケの仲間。ハナホウキタケかな?

Hinaanzutake1115とても小さなアンズタケみたいなキノコ。ヒナアンズタケでいいのでしょうか?

Kinoko06282さっきのよりは大きいのですが、アンズタケにしてはちょっと感じが違うように思うけど・・・

Kinoko06283裏はきれいなオレンジ色をしていて、やや緑変しているところもあるキノコ。アカハツかもしれません。

Naratakemodoki1115ホトトギスの声につられてバードバスの丘に登り、みつけたナラタケモドキとおもわれるキノコ。もう少し大きくなるといいのですが・・・。

Kiibokasatake1115キイボカサタケと思って撮った黄色いキノコ。ちょっとイボの出がわるいのでキイボカサタケかどうか疑問が残ります・・・。

図鑑にはやや赤っぽいキノコの写真が出てたのでパスしてましたが、トガリツキミタケというのがしっくりくるようなのでトガリツキミタケとしておきます。

                 Kitunetake2115 Itatitake2115

キツネタケみたいなキノコとかイタチタケみたいなキノコはみました。名前のわからないキノコは多数。

                 Turutake1115_2 Nisesyouro1115

傘はあちこちかけてるけど左のはツルタケかな?右のはニセショウロの仲間かと思うけどこんなにびっしりと生えてるのは初めてみたかも。

Kinoko06281じゃあ、これはなんでしょう?卵のツボはあるけどツバがない(ツバは落ちたのかも)、柄の表面はわりとつるっとした感じで傘は茶色のキノコ。さて、黄身の名は?

Kinoko06284シロソウメンタケみたいなキノコもたくさんでてました。太くて枝わかれがあるのでカレエダタケモドキかと思いますが、シロヒメホウキタケというのも似てるようです。

Midorisijimi1215ハンノキの湿地に戻ってくるとミドリシジミが活発に飛び回ってましたが、見える場所にとまってくれません。そろそろミドリシジミもメスを残して終わりかと思うけれど今年は輝く翅表を見ることがないかもしれません。

Akayamatake1115雨が降り出したので急いで撤収しましたが、駐車場につくまでに雨があがり陽がさしてきました。赤い色が妙にめだったアカヤマタケの仲間と思われるのを撮って本日は終了。

June 21, 2015

植物園のキヌガサタケなど

Kinugasatake1115今日もおおむねキノコです。去年も見に行きましたが、もうすこし形がいいのを撮りたかったので今年もキヌガサタケを見に都に上ってきました。

Kinugasatake1815

わりときれいなのは真ん中あたりで少し遠いんですよね。

                Kinugasatake1415 Kinugasatake1515

雨が降ったあとなのでキヌガサタケは傾いてるし、頭のグレバも落ちて白くなってます。

Kinugasatake1615触れる距離にあったキヌガサタケですが、背も低いしレースのカーテンの伸びも今一つ。

Kinugasatake1215違う向きから撮った一枚。

                 Kinoko06211_2 Kinoko06212_2

同じ竹笹園の中にはえてたキノコです。名前は不明。ここにはクロハツがはえると読んだことあるのでもしかしたら左のキノコはこれから黒くなるクロハツなのかも?

Sirokikurage1115シロキクラゲかな?シロニカワタケやキイロニカワタケのようにも見えます。

                 Kinoko06213_2 Kinoko06214

切り株上のものすごく巨大なキノコと落ち葉にはえたすごく小さなキノコです。名前はやっぱり調査中。

Yanagimatutake1115


おまりにも大きく雨にぬれてふやけてたのでピンときませんでしたが、柄が傘にくらべると細めでツバもあるみたいなのでヤナギマツタケというのもありかもしれません。

落ち葉にはえてるのは近くにアオキがはえてたらアオキオチバタケというのもありなんですが、近くにアオキはなかったと思うので元祖オチバタケなのかも?

Oohouraitake115オオホウライタケでいいと思いますが色的には黄色っぽいのを撮りたいんですよね。

Tunomatatake1215_2ツノマタタケというのをはじめて見ました。

Tunomatatake1115_4初物なのでもう一枚

                 Aragekawakitake2115 Aragekawakitake2215

アラゲカワキタケも雨が降って息をふきかえしたみたいに瑞々しいのが出てました。このキノコもそろそろ終わりですね。

Benihidatake2115_2レモンイエローがものすごくきれいだったのでベニヒダタケと思われるのをまた貼っておきます。

Ajisai2115せっかく植物園に入ったので赤いアジサイも一枚camera

Kooniyanma1115キキョウの花の前でじっとしてたらコオニヤンマがキキョウの蕾にとまりました。

                 Kinoko06215 Kinoko06216

せっかく都に上ったので宝ヶ池にも寄ってみました。すわった石のベンチ?前にはえてたキノコです。なんでしょうね?

Mizuiroonagasijimi1215トイレに行って出てくると雨がポツポツ。すぐにやみそうなので休憩所に座ってたらミズイロオナガシジミがクヌギの木の下のほうにおりてきました。明るいのに雨はなかなかやまず、けっきょく夕方まで雨宿りしてしまいました。残念ながら雨がやんだら撤収。

梅雨の緑地キノコ2

Kaimentake1115前回はサンコタケだけが目的で出かけたので他は歩かなかったけど、今日は緑地の中をぐるっとまわってみました。西の入り口あたりにバイクをとめたので、その近くを流れる小川のあたりを歩くと大きな松の木の根元でかわった形のキノコをみつけました。たぶんカイメンタケだと思います。

Kaimentake1215下から見ると↑こんなんです。

                 Ibotengutake Ibotengutake1215

池の中央の橋を渡ってトイレ前で見つけたテングタケ。最近は針葉樹の下あたりにはえる大型のテングタケをイボテングタケと呼んで別種とするようです。柄の基部が何層かの環状になっていてイボが尖った形をしてるとか・・・。とするとこれはイボテングタケなのかな?

Murasakisijimi3115チップの道を歩いてると不意にムラサキシジミ♀が現れました。ずいぶんと擦れた個体のようですがまさか越冬個体?

                 Awatake1115 Awatake1215

フラワーロードを歩いていて花壇の向こうにはえてたキノコ。近くで見ると今期初のイグチ類。たぶんアワタケだと思うんですけどどうでしょう。

Dokubenitake1115近くの森、下で濃い紅色のキノコをいくつか見つけましたが、いづれもボロッとしたキノコばっかり。ドクベニタケかもしれません。

Matuouji2115形が崩れすぎて原型がよくわかりませんが、マツオウジかと・・・。人がやたらうろつくあたりでこれだけしっかり残ってるなんて珍しいかも。

Hirahusube1115見上げるとなにやらコブのようなものが・・・もしかしたらヒラフスベのぼろいやつ???前回木にはえてたサルノコシカケの黄色い幼菌はもしかしたらヒラフスベだったかも・・・。

Ibotengutake1415トイレ横から小鳥の森に降りようとして気が変わって林の中にはいってみました。そこでまたテングタケを発見。

Ibotengutake1315なかなかきれいなテングタケだけどこれはイボテングタケでいいのでしょうか?

Sankotake3115チップを敷き詰めてるところには相変わらずサンコタケがはえていました。小さいけれど今日はきれいに三鈷の形をしてるのが撮れました。

Aragekobenitake2115アラゲコベニチャワンタケだったかな?雨がふったのでまた目立ってきたように思います。

Murasakisimeji1115乗馬センターの方に行こうとして見つけたムラサキシメジ。コムラサキシメジというのもあるらしいけどこれはどっちなんでしょうね。周囲にある色あせたキノコはムラサキシメジの退色したもののようです。

Nioikobenitake1115道を下っていて見つけたニオイコベニタケと思われるキノコ。このピンクがかわいらしいんですよね。

                 Kinoko06211 Kinoko06212

乗馬センターのあたりまでいったのですが、時間がなくなってきたので急いで引き返しました。チップのところを歩くと正体不明のキノコの種類が増えてました。

Benihidatake2115周囲の枯葉やチップに埋もれるように傘だけだしていたベニヒダタケ。黄色い傘がわりと大きくて一つしかわからなかったけど目立ってました。ということで今日はこれまで。

June 17, 2015

梅雨の緑地キノコ

Tumamitake1415緑地にツマミタケがはえてるというんで見に行ってきました。キツネノエフデみたいなんもあるというんで見たことないのが撮れるならと雨も降りそうな中、仕事前の一仕事。

Kitunenotaimatu1115すでにしなびたものもあるけれど元気よく立ち上がっていてグレバに蝿をいっぱいつけたのからカシャcamera キツネノエフデ、キツネノロウソク、キツネノタイマツとよく似たキノコがありますので帰ってから調べてみることに・・・。

Tumamitake1115これがツマミタケか、へえ~・・・。先っちょにタマゴのカスみたいなんをつけてるところを見ると出てきたばっかりなのかな?

Tumamitake1215こっちは先が開いてますね。

Tumamitake1315形状に色々変化があっておもしろいキノコです。

Kitunenotaimatu1215家に帰ってから調べた結果、グレバが落ちた跡に傘のようなものがあるので今日ここで見たこの手のキノコはすべてキツネノタイマツのようです。キツネノタイマツなら前にも万博公園で見てるけどこれほどたくさんはえてるのを見たのは初めてです。

                 Kinoko06173 Kinoko06175

サルノコシカケの幼菌かと思うのですが、水滴というか樹液みたいなものが出てます。右のは地面から出てましたが触るとけっこう固い感じでした。

                 Kinoko06171_2 Kinoko06172

名前がわかりそうでわからないキノコもはえてます。図鑑にはのらないようなキノコなのかも?

                 Kinoko06174 Mujinatake1115

毛がいっぱいはえたようなキノコ。ムジナタケだと思いますが、まだ傘が開いてません。

                 Hanaotibatake1115 Hanaotibatake1215

帰りかけてフェンスのところで見つけたキノコ。あまりにも小さいキノコでこれから伸びてくるものもありました。ハナオチバタケの黄色っぽいやつだと思いますが、ハリガネオチバタケと肉眼では区別はつかないらしいです。ハリガネオチバタケの傘のほうが大きいみたいなのでとりあえずハナオチバタケということにしておきます。このぶんだともっと探せば色々はえてると思うのでまた行ってみたいと思います。

June 14, 2015

裏波蛇目と玉鴫とか

Uranamijanome1315ネットを見ていて環境省のレッドデータで絶滅危惧種Ⅱ類に指定されているウラナミジャノメの新個体が出ているがわかりました。大阪府では一部地域しかはっきりした生息地がない貴重な蝶です。その蝶がもしかしたら平地で見つかったのか?従来の生息地とそれほど離れた場所ではないので偶然山から下りてきた蝶がそこで繁殖してるということも考えられると思い確認を兼ねてタマシギも見たいので出かけたのですが・・・

Hayabusa2115今日は車に乗せてもらってました。車が目的地に到着するとカメラマンが橋の上に集まって何か見つめています。知り合いを見つけたので聞くとハヤブサの雛が巣立って電柱?の上にとまっているというので先ずはハヤブサの若様から撮影。

Uranamijanome1115ウラナミジャノメの食草はススキだと勘違いしてました。同じイネ科なので食べるかもしれませんが、イネ科のカヤツリグサやアシボソみたいです。主に湿地にはえる植物ですね。歩いてると鳥以外のカメラマンもいてるみたいでしたが、何か撮ってる様子はなし。結局ここではなく私も探しに行ったことのある従来の場所であるのがわかったので車に乗ってそちらに移動。歩きで来なくてよかった~・・・sweat02行ってみるとあまり場所を動かなくてほとんど同じ場所で何頭も見ることができました。

Uranamijanome1215後翅裏面に蛇の目模様が3個あるのがよく似たヒメウラナミジャノメとは違います。ウラナミジャノメを撮るのは2度目ですが、蛇の目の黄色いリングが太くてきれいですね。それになにより羽に欠けのない個体なのがうれしい。

Uranamijanome1515前翅の蛇の目模様もきれいに出てるのが撮れました。

Uranamijanome1415_2
最初、裏面を撮ろうとするとすぐに羽を開いてしまってヒメウラジャノメとの違いがわかりにくかったのですが、表面もウラナミジャノメは後翅に一つだけに対してヒメウラナミジャノメは後翅裏面に2個蛇眼紋があります。

Tamasigi1115無事ウラナミジャノメの新個体が撮れたのでまたさっきの場所に移動。今度は田んぼのタマちゃんを探します。教えてもらったメスのタマシギがいてたとかいう場所に行ってみましたが見つかりません。オスよりはメスの方を見たかったんですが・・・。オスの方は巣の上に鎮座してるのがいてました。ところが少し場を離れてる間に巣から消えてました。

Tamasigi1215いつの間にか畦の上に移動していたのに気がつきました。も少し先を探しに行った連れを呼びに行くと目の前に今度はアマサギが!感づかれて飛ばれてしまい、飛び姿を撮るのにも失敗。おまけに畦の上のタマシギ♂も散歩から巣の上に戻ってしまい残念なことに weep

Amasagi1315アマサギが飛んで行った方角に移動して遠くを見るとコサギがいてた田んぼに立ってるのがみえました。少しづつ前進しながら接近を試みます。

Amasagi1115これぐらい近づけば十分だけど後ろ向きなのでさらに前進。

Amasagi1215

真横の位置に来ました。電柱の影に立って撮ってますが、やっぱり嫌がられて離れて行きます。また飛び立ってしまったので元のタマシギの巣に引き返し。

Tamasigi1415さっきは前側から撮ったので今度は背中側から。背中側の方が近いんですけどやっぱり撮るなら前からかな・・・。メスの居場所がわかればまた行くかもしれないけど今日はこれまで!

June 13, 2015

ゼフィルス探しだが

Uranamiakasijimi1115お天気もまずまずのようなのでゼフィルス探しに出かけました。最近はあまり蝶を撮ってなかったけど今頃が最盛期のはずでしたが・・・。まずはミドリシジミの食草ハンノキがたくさんはえてる公園から。

Kinoko06131

                 Kinoko06133 Kinoko06132

前回ヒトヨタケがはえてた腐葉土がある場所には今日は↑この茸がたくさんはえてました。名前? また調べときます。

Oosiokaratonbo1115オオシオカラトンボも合体中。トンボも夏のトンボになってました。

Syoujoutonbo1115よく見かけるトンボなのできれいだけど、ショウジョウトンボはあんまり撮らないので今日は感じの良いのを載せときます。

Kususan1115ゼフィルス類は栗の花によく飛来するのでとまってると撮りやすいわりと小さい目の栗の木をいつも探すのですが困ったことに↑この蛾の幼虫が大発生しており小さな栗の木はまる坊主になってました。これは有名はクスサンの幼虫ですね。大きな幼虫でものすごく大食漢。それがどうもあちこちで大発生してるようで栗の花も栄養不足な感じの花つきばかり。

                                     Kitunetake2115_2 Kinoko06134

これではダメだということでもっと西の公園へ。キツネタケみたいなのとかアセタケ類が生えてましたがキノコもいま一つ。

Uranamiakasijimi1215やっと一頭ゼフィルスをみつけました。今期初のウラナミアカシジミです。しかし、後翅の尾状突起がありません。鳥にでもつつかれたのでしょうか。

Kinoko06135その場の木の階段にはえてた小さなのもキノコだとは思うのですが・・・

Himejanome1215ヒメジャノメを見つけたので今期初ということで一枚camera

Namihaseibou1215ここの公園にはドロバチの仲間が巣をつくってる茅葺のあずまやがあるのですが、その巣を狙ってナミハセイボウというきれいな蜂がやってきます。小さな蜂で体長が1㎝もない華奢な感じの蜂ですが、他人の巣に卵を産み付けるということをする蜂です。

                                     Hamihaseibou1315 Namihaseibou1115

これがなかなか手強くてすぐに見失ってしまうし、光線の向きもわるく曇天の空模様となってたのでシャッタースピードが伸びなくてボケボケ画像ばかり撮ってしまいました。

Namihaseibou1315この蜂の美しいところを撮るにはやっぱり側面から撮るのが一番ですが、まともなものがないのでこんなんでお許しを。今日一番熱中させてくれた被写体はゼフィルスでもキノコでもなくてこの蜂でした。

Uranamiakasijimi1315もう一頭ウラナミアカシジミは見つけたのですが、どうしてもまともに見える位置がないのでこんなんしか撮れませんでした。しかし、ゼフィルス探しに栗の花が期待できないとなると今期の撮影はきびしいですね。

June 11, 2015

紫陽花と万博キノコ

Ajisai1115天気予報を見ると今日は曇りのち雨。家でゴロゴロしててもいいけど、雨の日には雨の楽しみかたもあるということで出かけてみました人類の進歩と調和の公園。雨雲レーダーではうっすらとした雨雲は広がってるものの傘をさして歩かなければならいないような雨ではないのでほとんど傘は閉じたままステッキ代わりでした。

Noutake1115梅林南の水路に沿って歩いてみてハンノキにミドリシジミでもいてないかと見て歩きましたが蝶々はほとんどみませんでした。苔の中になにやらコブのような物体、ノウタケの若いやつだと思います。

Asinagaitatitake1115水辺にはえてたキノコ。アシナガイタチタケかな?

Tokeisou1115花の丘の周囲のクヌギやコナラの木にミズイロオナガシジミぐらいならいてるだろうと見て回りましたがさっぱり・・・。果樹なんかが植えてあるあたりにもよりましたがカラスが営巣してるみたいで威嚇してきましたので足早に退散。トケイソウの花を久しぶりに見ました。

Inusenbontake1115木の根元にびっしりとはえるキノコの集団にびっくり。イヌセンボンタケとかいうやつですね。こんなにたくさんはえてるのは初めてみたかも。

Inusenbontake1215大きく見るとこんなんです。白いのと灰色のがありましたが、古くなると灰色になるんでしょうね。

Inusenbontake1315面白いのでもう一枚、イヌセンボンタケを。

Sasakurehitoyotake1115これはヒトヨタケの仲間だけど、どこかで見たような・・・。もしかしたらササクレヒトヨタケ??大阪城公園で集団ではえてるのしかしらないので一本だけはえてるのなんか初めてみました。なんか背が高いし、ツバまであります。他のヒトヨタケの可能性も捨てがたいかな?昨年の今頃見つけたキツネノタイマツがあった場所にもよってきましたが、今はなんにもありません。

Himeajisai1115幟が立っていて、紫陽花祭りとか書いてたので少しだけ・・・。ヒメアジサイだそうです。

Yamaajisai1115ヤマアジサイだったかな?そういえば山の方でこんなんを見ることがあります。雨の日のアジサイは素敵だけど、なんかここのアジサイ園は彩りに欠けるように思うんですよね。白っぽい紫陽花ばかりが咲いているように思えます。

Kitamagotake1115念のために昨年、大き目のキノコがいろいろはえてたあたりによってみたら、なんとキタマゴタケがはえてました。去年は7月に撮ったはずなのにどうしたんでしょうね?

Kitamagotake1215キタマゴタケの卵です。大きく開いたのをさがしてみたのですが、すでに破壊されたキノコもあって残っているキタマゴタケは3個ほど。

Kitamagotake1315ちょっと歪ですが、これなんかはきっと明日には開いているでしょうね。

                 Sirohatumodoki2115 Sirohatumodoki2215

塔のあるあたりから梅林に渡る橋の手前にいつも大きなキノコがはえる場所があります。そしてこの季節にはいつもはえてるこのキノコたち。傷をつけても乳液は出ないのでシロハツモドキだと思うんですけどどうでしょう?

                Kinoko06111 Kinoko06113

Kinoko06112


その他、名前のわからないキノコたちも載せておきます。早い目に戻りましたが、帰るころには雨がよく降っていました。この程度の降りなら今日は鳥見に行った方がよかったのではないかとちょっと後悔しながらモノレールに乗るのでした。

June 08, 2015

すっきりしないプチ遠征

Sansyoukui1115今日はお天気も悪いらしいのでタマシギでも見に行くつもりでいてたら、珍鳥情報があり、ちょっと遠いけれど人に頼んで連れて行ってもらいました。一部の鳥撮りの人の間ではこの鳥を撮ったら寿命がつきるとまでいわれる珍鳥。声だけでもきいてみたいし、できたらきれいなお姿をカメラに収めたいですよね。話にはきくけれど初めての場所なので人についてウロウロしてるうちにサンショウクイが撮れました。

Sansyoukui1215曇天でプラス補正しても今一つですが、久しぶりにみたサンショウクイです。このあと珍鳥の声をたよりに坂道を登ったりおりたり・・・。雨が降るまで頑張ってみました。

                 Tugasarunokosikake2115 Tugasarunokosikake2215

先日水滴がびっしりついた茸の幼菌を撮りましたが、その成菌とおもわれるツガサルノコシカケがはえてました。下をのぞくとこれにも水滴がびっしり。ストロボを使って水滴を光らせてみました。

                 Siruhatumodoki1115_2 Sirohatumodoki1215

これからの季節このての白い茸はよくみかけますが、はっきりキノコの種類がわかりません。柄がけっこう太いですね。ツチカブリとかシロハツモドキみたいなのですが、さて? 

Yairotyou1115
結局お目当ての珍鳥は顔が葉で隠れてわからないのが撮れただけで残念な結果に。ま、これで私の寿命もまだ続くなということでいつの日かリベンジしてみたいものです。

Nougyoukouen2115ネタが少ないので昨日撮った農業公園の花菖蒲を載せておきます。

Hanasyoubu1115最近はこういった花の写真を撮るのに丸いラケットみたいなのをかざして影をこさえて撮るのが流行りなんでしょうか?そういった花撮りの人をたくさん見ました。おそらく直射日光による白とびを抑えるためにやってるんでしょうね。どんな風に写るのか興味あります。

June 06, 2015

河川敷の雉

Kiji3415雨もあがって今朝はまた涼しげで陽は陰っているけれど、色が出やすいだろうと仕事前に猪名川の河川敷に行ってみました。雉がでなくてもトンボ探しをしようかなという気もあったんですよね。左岸にバイクをとめて少し歩いてみましたが、キジの姿はなし。バイクのところに戻ってくるとケーッ!という鳴き声が橋の上流側から一度だけ聞こえてきました。それならもう少し北側を探そうと思い公園側にバイクを置こうと橋を渡ったところで河原にキジの姿を発見。

Kiji3115歩道にバイクをとめてヘルメットをぬいでバッグからカメラをとりだしましたが、すぐに草むらの中に隠れてしまいました。橋の上からなら見えるだろうと橋の中ほどから覗き込むとゆっくりと移動するキジが見えます。しかし、おもいっきり草の中を歩いてるのですっきりと見えるとはいえません。歩いていく方向をよんで草むらから出てくるのを期待して待ってみたのですが丸見えとは言いがたい場所を歩いてまた草むらの中へ。

Kiji3315ねばりましたが仕事に行く時間が来たのでまたバイクにまたがって河川敷沿いの道路を引き返しはじめた時、コンクリート護岸の上を歩くやや黒っぽく見える鳥が・・・キジですやん!バイクをとめて今度はヘルメットもぬがず、バイクからも降りないで前籠にいれてあったバッグからカメラから取り出しバイクをまたいだ姿のまま撮影開始。手持ちですのでうまく撮れるでかどうかわからないし、それに時間的にかなりきつい。バイクだと職場まで15分程度なんですけど、仕事を始める1時まで30分もありません。

Kiji3515さっきのキジとは別のキジなんでしょうか?そういえばキジが争うのが見れるという話も出ていたような・・・。だんだんこちらの方に近づいてきましたができたら真横の位置まで来てほしいな。

Kiji3225たちどまったのでここで羽ばたきでもするかと思いきや、また下向いて歩きだし、ほかのカメラマンがやってきたところでコンクリート護岸下におりてしまいました。時間に余裕があると河川敷におりたり橋の上に戻って探したいところなんですけど、急いでいるので本日はこれまで!

June 05, 2015

緋縅蝶舞うヘルメットマウンテン

Hiodosityou1215今日は朝から病院に付き添いで出かけたため午後から出かけられる所ということで西の聖山ヘルメットマウンテンへ。ついてみると風が強くてすぐにアカシジミを見つけたものの風のために撮れず。

Yamasanae1115下の池はどうかなと思って移動すると、池の砂地部分にトンボを発見。正体が知りたいのでおもいっきり大きく撮ってしまいましたが、ヤマサナエ♂です。

Nisesyouro1115ニセショウロの仲間が顔を出してましたのでこれもカシャcamera

Hiodosityou1115レストハウス周辺を飛んでたヒオドシチョウがレストハウスの黄色っぽい壁にとまって開翅してくれました。トンボはわりと見かけるみたいだったので、もしかしたら湿地にサラサヤンマがいてないかと見に行きました。たしかにサラサヤンマはいてたのですが、まったくオートフォーカスでは撮影できません。時々ホバリングしてくれるし近くにも来るんですけどね・・・背景が水なら周囲にピントが行くこともないけど草地ではいくらフォーカスポイントの真中で捉えていてもダメ。SX50ではマニュアルフォーカスがさっぱりなんで困ります。ホバリングするトンボを撮影する方法を知っていたらぜひ教えてください。

Hiodosityou1315サラサヤンマで電池を消耗していてもしかたないと思って河原の方に移動してみました。大きなアカメヤナギの下にまたヒオドシチョウ。きれいに羽を開いた姿が撮れました。

                 Miyamakawatonbo2115 Miyamakawatonbo2215_2
いつもここではンコ少年たちが遊びまわっていて写真どころではないのですが、今日は珍しく静かだったせいか、ミヤマカワトンボ♂がいてました。この河原でミヤマカワトンボを見たのは初めてかも?あまり羽は開いてくれませんでしたがお腹の体操は見ることができました。

Ruritateha3115きれいなルリタテハが川向こうにとまっていたのですが、風が吹いて枝が揺れるためにぜんぜん真ん中で捉えられません。もしかしたらウラゴかな?と思われる高速で飛ぶ白い蝶もいてたのですが、とまってくれないことにはどうしようもありません

Koganenikawatake2115ん?これは蜜柑の食べかすかな・・・いや、どうもコガネニカワタケのような気がするので証拠写真を一枚camera それにしても枯れ枝についているならともかくダイレクトに地表の枯葉の上にあるというのはどうしてなんでしょうね?

Aragekikurage1115その後お山の裏道を歩いていてセンダイムシクイがよく鳴いているのに遭遇したのですが、暗くて撮れませんでした。そのとき一緒に鳴いていた正体不明の声。声質的にはイカルに近いように思ったけれど、イカルのオキクニジューシーとは全く違う囀り。はたして声の主は誰だったのか気になります。で、収穫のないまま公園事務所近くまで戻ってきた所で見つけたキクラゲ。昨日の雨ですっかり元気になったのでしょう。白っぽく粉をふいてるように見えるのでアラゲキクラゲだと思います。

« May 2015 | Main | July 2015 »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ