« 十一分の1 | Main | マツオウジと緑地茸 »

May 15, 2015

三光鳥祭りで眉白、杜鵑、十一も

Sankoutyou2115お天気もよさ気なんで初谷か箕面を歩こうかと思ってたら今日はお城にサンコウチョウが3羽もいてるというんで迷わずに登城してきました。南港ではファインダーに捉えることができたのがわずかに2回しかなかったんですよね。到着すると太陽の広場近くの森の中で木の上を見上げるカメラマンが多数。飛び回るサンコウチョウ♂に苦戦してるみたいでした。さっそく参戦しましたが、お天気がいいと影が濃くでてサンコウチョウの目の色がうまくでなかったりして難しいところですね。

Sankoutyou2315長い尾羽が全部画面に入るように撮れるといいのですが、どっか欠けてることが多いのが残念。

Sankoutyou2215うまく背景が緑になるとそこそこ見れるんですけど、空抜けになることが多いと見づらかったりピントがうまく合わなかったりします。

Sankoutyou2615ちょっと動きのあるものもいれてみましたが、うまく中央で捉えられません。

                 Sankoutyou2415 Sankoutyou2515

いいかげんに追いかけるのに疲れてきたころ、休憩にすわったベンチの横で、マミジロがいてるという声が・・・。

Mamijiro1115お昼ごはんを中断して、マミジロを探しました。今期はまだマミジロを撮ってないんですよね。背景が明るく木の枝に重なるようにとまる黒いマミジロが撮れました。少し若くてまだメスのような茶色っぽい部分が残ってますがオスなのは見違いなし。

Mamijiro1315取りあえず撮れたのでお昼ごはんの続きを食べてから、再び捜索。下におりてきた若いマミジロを追いかけてるともう一羽現れました。こんどは成熟した個体みたいでしたが、えらく立派な眉をしています。

                 Mamijiro1215 Mamijiro1415

若い個体よりもやっぱり成鳥を追っかけてしまいますね。全身黒いと目がわからないのが困りものです。だんだん空模様が怪しくなってきましたが、近くでジュウイチー!とかトッキョキョカキョク!なんて鳴き声をきくとこのまま無視して帰りづらいんですよね。そうこうしているうちについに雨が降り出しました。雨が降るとは天気予報にでてたかな?と思いながらバッグの中からレインコートを出してあまり降らないところで雨宿りしながらトケン類の鳴き声がすると探しに出ます。Hototogisu1115そしてついにホトトギスの姿を捉えました。

Hototogisu1215羽をひろげて飛び立つ瞬間も撮れました。おかげで胸の模様もきれいに見えます。時を同じくしてジュウイチの撮影に向かった一団にも動きが。

Juuiti2115ジュウイチにしてはおとなしくじっとしていて撮り放題だったようです。右側の木の葉がかぶって邪魔ですが、それなりのものが撮れたような・・・。まだ若い個体みたいで、胸には縦斑があるそうです。驚いたことに、この時すぐ近くにもう一羽とまってました。どうりで飛んだ様子もないのにほかの場所から鳴き声が聞こえてきたはずです。

Juuiti2215葉っぱかぶりが気になりますが、ジューイチー!と何度も鳴いている場面です。姿を見ることすら希なジュウイチの鳴いている場面なんて初めてみました。雨もいつのまにか上がったのでここらで撤収。ほかの場所に出てるサンコウチョウやマミジロ♀はついに見に行くことがありませんでした。

« 十一分の1 | Main | マツオウジと緑地茸 »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 十一分の1 | Main | マツオウジと緑地茸 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ