« ホイホイ谷の茸とオオルリ | Main | 緋縅蝶舞うヘルメットマウンテン »

May 29, 2015

卯の花と蝶

Aobaseseri15155月28日撮影分です。

今年もやってきましたゼフィルスの季節。まずは無難にアカシジミが撮れるであろうトンネルのむこうがわです。

Akasijimi1115駐車場にたつと栗の木が早い目に花を咲かせていましたのでみてると沢山のテングチョウのほかにアカシジを見つけました。見上げるかたちになるのでちょっとここでは撮りにくいんですよね。

Uragomadarasijimi1115なんと!白い蝶が飛んできて壁にとまったと思ったらウラゴマダラシジミですやん。なんかじっとしてます。

Uragomadarasijimi1215ウラゴ探しにきていたお友達に連絡してあげると到着と同時に飛び上がってしまいました。まあ、それでも見えるところでずっと静止。が、駐車に来た文句たれのオバハンにかみつかれて気分を悪くしてそそくさと撤退したため開翅は見れませんでした。ここでのウラゴは遭遇率が悪いんでやっぱり神戸のお山の方がよさそう。

Akasijimi1315その後、アカシジミはハイキングコースを歩いてもあちこちで見つけたためたくさん撮れました。渓谷に沿ってウツギの花がきれいに咲いてましたので、そこにやってくる蝶を中心に今日は撮影してます。

Akatateha1115アカタテハもよく見かけます。羽の裏側の複雑な模様に興味がわきます。

Hosimisuji1115ホシミスジもいてました。本家ミスジチョウも見つけたけれど大きく羽に欠けがあったので今日はパス。

Tengutyou1115テングチョウもきれいな個体がたくさん出るようになりました。

Hiodosityou1115ヒオドシチョウもいてましたが、ぶら下がってるのを見上げる形で撮ったのではせっかく羽を開いてくれても美しさが半減。ちょっと残念です。

Himekimadaraseseri1115_3ヒメキマダラセセリかな?ウツギの花にきてるのは初めて見たかも。

Kohukisarunokosikake1115トンネルの日陰で一休みしてから道沿いに見つけた茶色い胞子をいっぱいばらまいてるキノコを発見。

Kohukisarunokosikake1215ちょっと無理してカメラをさげてストロボ撮影しました。コフキサルノコシカケという名は胞子をあたりにまき散らすことからきてるみたいです。

Kinoko05291ひょっとしたらほかにもキノコがはえてるかも・・・と思って階段を上がって桜守の山荘跡へ。山登りをするともっと色々見れるのかもしれないけど一つだけ気になるキノコを奥で見つけました。何かのキノコの幼菌かな?ちょっと大きめだけど水玉をいっぱいつけた丸い形をしたのです。キノコの幼菌はこのように水の粒を出すことがあるんだそうです。はじめてみました。花のがく弁みたいに見えるのはどうもモミジの枯葉が付着してるみたいですね。それにしてもこのキノコが大きくなるとどんなキノコになるんでしょうね。

Daimyouseseri1115ダイミョウセセリをみつけましたが向きが悪いのでうろうろしてると危険を感じたのか飛び上がって葉っぱの裏に張り付いてしまいました。

Isigaketyou1115
見通しの良い淵のあたりに来るとイシガケチョウを発見。箕面でも撮ったけれどこちらは羽に欠けがありません。

Aobaseseri1215
あれ?何か飛んだようなと思ったら目の前にアオバセセリが!初めてアオバセセリを見たのもこの渓谷でしたが、あれからここで見たアオバセセリとしては3頭目。けっして遭遇率は高くないけれどウツギの花がたくさん咲くこの季節はやはり見つかる可能性が高いのかも。

                 Aobaseseri1315 Aobaseseri1615_2

嬉しいのでいっぱい撮っちゃいました。

Aobaseseri1415さすがに青い弾丸とよばれるアオバセセリです。400分の1秒程度のスピードでは羽の動きを止めることもできません。ほかのセセリチョウみたいに羽を開いた状態で静止してるのを見てみたいものです。

Rurisijimi1115対岸でルリシジミを撮ってるときになにやらか細いイトトンボみたいなのがとまりました。オジロサナエかなと思ったけれどやや見にくい場所。ルリシジミは一応撮れたのでそちらを撮ろうとカメラを向けるとさらに高い位置に飛ばれて見失ってしまいました。

Itimonjityou1115_2
ここではよく見るイチモンジチョウもウツギの花との取り合わせだといい感じですね。

Karasuageha2215さて、もうすぐ駅だという所まで引き返してきました。ここの住民たちは強制退去になったのでしょうか?家も店もすっかりなくなっていました。いつもの所で休むこともできずにまっすぐ駅を目指してるとカラスアゲハを発見。

Karasuageha2115光線の向きが悪いので仕方ないかもしれませんが、全然カラスアゲハ特有の青みがかった色がありません。クロアゲハかな?と思ってしまいました。性標がないのでカラスアゲハ♀で間違いないと思います。

Isohiyodori2115鳥はよく鳴いてるんですけどね・・見つかったのはイソヒヨドリだけ。こっちはメスですね。

Isohiyodori2215駅のホームに立ったら現れたイソヒヨド♂。日暮れ時まで待ってるともしかしたらヤマセミが飛ぶかもしれないかと思いましたが、晩に野暮用があるので今日はこれまで。

« ホイホイ谷の茸とオオルリ | Main | 緋縅蝶舞うヘルメットマウンテン »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

アニキさん お久しぶりです。
アオバセセリは今一番見たい撮りたい蝶です。
すご~い!!!
超羨ましいです(*^_^*)

まちちこさん こんばんは

アオバセセリ、なかなか遭遇しないんですよね・・・。
春のアオバセセリとしてはそろそろ終わりに近いかもしれません。
畑のあるところではネギ坊主によく来るなんていいますから、
そのうちどこかで会えるかもしれませんよ。

こんばんは

とても綺麗な蝶が沢山いますね!

ところで、水滴のきのこは恐らくツガサルノコシカケの幼菌だと思います。
経過観察をしてみてください。立派なツガサルノコシカケに成長すると思います。

匠平くん こんばんは

蝶を探しながら歩くには今が一番いい季節かもしれません。
水滴のキノコはあれだけでツガサルノコシカケだとわかるのですね。
すごいですよ、ビックリ。
この木にはほかにサルノコシカケ類ははえてなかったのでもっと違うキノコかと
考えてました。
次回行ったときにも見てみます。

アニキさん、こんばんは。

イソヒヨドリ綺麗ですね。他に何も見れなくても、イソヒヨドリに出会うだけでも嬉しいです。

ところで、厚かましいお願いなのですが、もしこの梅雨〜夏にどこかの砂浜でスナジホウライタケを見かけたら、標本を送っていただきたいと思っています。(詳しいことはhttp://ameblo.jp/2525kinokokun/entry-12028925019.htmlに記述していますので良かったら見てください。)
見つけた場合、ご連絡いただいてもよろしいですか?出来ましたら生態写真やデータもほしいです。見かけたらでよろしいですので、どうぞよろしくお願いします。

匠平君 いらっしゃいませ

スナジホウライタケですか、
最近はあまり海のほうにはいってないのですが、
甲子園あたりに行くことがあったら探してみることにします。
みつけたら連絡します。
梅雨になってキノコがたくさん出てきましたね。
はじめて見るキノコに遭遇するけっこううれしいです。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ホイホイ谷の茸とオオルリ | Main | 緋縅蝶舞うヘルメットマウンテン »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ