« 肝臓茸とイシガケチョウ | Main | ホイホイ谷の茸とオオルリ »

May 23, 2015

アオサナエときになる茸

Aosanae1115どこに行こうか迷ったけれど都に上ってみることにしました。目的はトンボとキノコ。どこかでホンサナエに出会えるといいなと思って鴨川をのぞいてみましたが、アオサナエはたくさん見るのにホンサナエはさっぱり。河原というか水辺におりれる場所をみつけたので降りてみるとアオサナエが2匹もいてました。まずは赤っぽい石にとまった緑のアオサナエ。

Aosanae1215日当たりがよく、気温も高いのでお尻をあげるポーズもみせてくれました。

                 Aosanae1315 Aosanae1415

渡石の上にも離れて2匹とまってました。ここでホンサナエが見られないということはもっと上流なのか、または下流側にいてるのか・・・。季節的にはあってると思うんですけどね。

Kinoko05222アオサナエに遊んでもらってすっかり日焼けしてしまったのでコンビニによってからすぐに植物園に入りました。ここで日陰のベンチを探して歩いていてみつけたキノコがいっぱい生えた切り株。大きな切り株にこんなにたくさんのキノコがはえてるなんてはじめて見ました。さぞや名のあるキノコであろうと、やや水気にかけるけれど撮影。

                 Kinoko05225 Kinoko05224

傘の表側にはこれといって模様はないみたいだけど、全体に毛がはえてるみたいです。まだ、小さなキノコから大きなのまで色々な形状のものがはえてます。虫もたくさんついているけどこれだけ沢山はえてると虫にとっても食べ放題ですね。家に帰ってから図鑑を見ましたが名前はわかりませんでした。さて、ここで去年スジオチバタケを見たので、その時はカメラを持ってなくて撮れなかったんですが、ひょっとして早い目に出てきてるスジオチバタケがないか探してみました。

                 Kinoko05221 Kinoko05226

                 Kinoko05228 Kinoko05229

縁石がわりの朽ち木に沿って歩いたのですが、スジオチバタケは全く生えてませんでした。その代わりに見つけたキノコ色々です。上にあるのは名前は今のところ不明で小さなキノコばっかりです。

キノコ博士の和田匠平君にコメントをいただきました。切り株のキノコはアラゲカワキタケで、あとベニヒダタケ、ヒメスギタケ、ヒイロベニタケ、イタチタケだそうです。匠平君ありがとう(*゚▽゚)ノ

Utiwatake1115これは調べて名前がわかりました。ウチワタケでいいと思います。

Kujiratake1115何やら粉っぽい感じの白いサルノコシカケですが、クジラタケがこれに近いかな・・・。

Oogomutake1115まだ小さいけれどオオゴムタケがけっこう生えてました。小さいうちは形がいいですね。

Kanzoutake2115なんと、お山に登ってしんどい思いをして撮ったカンゾウタケがここにも生えてました。ここは古い植物園で植わってる木もかなり大きなものが多いので、カンゾウタケが生えていても不思議ではないかも。それにしても平地でみられるとは・・・。これは本当にレバーみたいな色してますね。

Satuki1115帰りかけたら皐展の展示準備で飾り付けをしてたのできれいに咲いてるサツキの盆栽を撮りました。せっかく植物園に来てるのだからたまには花を撮らんとね。上のは「日光」という品種だそうです。

Satyki1215これが「光琳」。展示会にあわせて花を咲かせるのって大変そうですね。盆栽だから展示中に花が終わったら形を楽しむんでしょうか?

Aosanae1615本当は深泥池にも行ってみるつもりだったのですが、暑いので植物園に入っただけでもう日なたを歩く気がすっかり失せてしまいました。また、そのうちに、今度は先に行ってみることにします。ということで帰りにも見つけたアオサナエを上から撮って今日は終了。

« 肝臓茸とイシガケチョウ | Main | ホイホイ谷の茸とオオルリ »

「自然」カテゴリの記事

Comments

アオサナエ、とても綺麗ですね。僕も見てみたいです。
1番目の写真はアラゲカワキタケだと思います。乾燥していますが、新鮮で若い菌は紫がかっていて綺麗です。
あと下の写真のきのこは、写真左上ベニヒダタケ、写真右上ヒメスギタケ、写真左下ヒイロベニヒダタケ、写真右下イタチタケだと思います。

お~!さすが匠平君 すごいなあ・・・
全部わかるんや、あらためて感心しました。
アラゲカワキタケなんかきいたこともない名のキノコです。
匠平君のおかげでキノコの経験値が1あがりました(笑)

アオサナエは武庫川にもこの時期いてるので三田あたりに行くと見ることができますので
行ってみてください。緑がとてもきれいなトンボです。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 肝臓茸とイシガケチョウ | Main | ホイホイ谷の茸とオオルリ »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ