« マツオウジと緑地茸 | Main | アオサナエときになる茸 »

May 18, 2015

肝臓茸とイシガケチョウ

Kanzoutake1115去年は見に行った時期が遅くて色あせてレバー炒めみたいなのしか撮れなかったカンゾウタケ、今年はきれいで健康的な肝臓を見たくて隊員2号とともに山登りしてきました。

Kanzoutake1215やっと目的地に到着したものの、去年の木には何もはえてません。しかたないのでそこらを歩いてやっと見つけたのですが、去年のよりももっと古くなって色あせたやつ・・・。これは自力で見つけるのは難しいかと思っていると下の方で撮影してたキノコの先生と隊員1号を発見。さっそくきれいなやつとか大きなのがはえてる木を教えてもらいました。

Kanzoutake1415これは大きなカンゾウタケですね。比較のためにたばこを後において撮ってみました。

Kanzoutake13152枚重ねのわりときれいなカンゾウタケもありました。

Kanzoutake1515本日見たカンゾウタケでは一番きれいなのがこれ。少しローアングルで撮ってみました。

                 Asahinakawatonbo2115 Asahinakawatonbo2215

カンゾウタケの他、きょうはダビドサナエを撮りたくて来たのでこのあと渓流に出てトンボを探しましたが、見つかるのはアサヒナカワトンボばっかり。左がメスで右がオスです。

Miyamakawatonbo1115ミヤマカワトンボを渓流の石の上でみつけたので羽が開くのを待ってシャッターをきりますが、ぜんぜんタイミングがあいません。

                Miyamakawatonbo1215 Miyamakawatonbo1315

今期初ものですので毎年撮ってますが、左がミヤマカワトンボのオスで右がメス。

Dabidosanae1115ヤマサナエの羽化して間もないのとかオサムシとかナナフシの若いのとかは見れましたが、撮りたかったダビドサナエは全くみつかりません。そうこうしてるうちに隊員2号が双眼鏡でみつけたのが上の画像。う~ん・・・ダビドサナエでいいような気もしますが、胸や肩の模様がさっぱりわかりません。ヤマサナエをよく見かける頃に一緒にみたように思うんですけど、まだ早かったのかな?

                 Tyaurokotake1115 Kinoko05171

折れた枝や木を積み重ねてあるところでみつけたキノコです。左はけっこうきれいだと思って撮ったんですがチャウロコタケの古くなったのかな?右はまったくわかりません。どこにでもはえてそうな小さなキノコです。

Aohamusidamasi1115あれ?これはあまりにも小さいけれどピカピカと金緑色をした姿がきれいな虫がいてました。

Aohamusidamasi1215スーパトリミングしてます。この虫の名前を調べるのに手間取りましたが、アオハムシダマシだと思うんですけどどうでしょう?

Isigaketyou1215なんの花かはしらないけれど、白いこの花にイシガケチョウをみつけました。渓流に出てからこれといって収穫がなかったのでこれはありがたいですね。とてもサービスよく撮らしてくれるのでいっぱいシャッターをきりました。

Isigaketyou1115よく見ると左の後翅に欠けがあるんですけど、白い花のおかげで目立ちません。ダビドサナエはまたそのうちに撮るということにして本日はこれまで。

« マツオウジと緑地茸 | Main | アオサナエときになる茸 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« マツオウジと緑地茸 | Main | アオサナエときになる茸 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ