« 唐椋鳥のリベンジ | Main | 農業公園の梅 »

March 06, 2015

ジベタリアンとコミミン

Komimizuku3515今日は非番なので午前中は寝たり起きたりでゆっくり休んで昼からまたカラムクを見に行って、それからコミミズクへ。今日はお天気も今一つでカラムクの河川敷にはカメラマンも少な目。しかし、カラムクドリはほとんど出ずっぱりのサービスデー?

Karamukudori2115今日はできたらカラムクドリの枝どまりなんかが撮れたらいいなと思ってたんですが、地べたものばっかりです。

                 Karamukudori2215 Karamukudori2315

前回よりは地べたものでも違うポーズのものが撮れたし、草かぶりも少なくてよかったかな?

Karamukudori2415今日は鳩の群れの近くにいてることが多い日でした。どうやらパンやお菓子をあげると鳩と一緒にそれを食べに来るようで、いままで橋を渡ったり、飛ぶたびに追いかけたりしてたのにあまり移動せずにカラムクドリを近くで撮り放題できるみたいでした。まあ、ギンムクの所と一緒で鳩の中に入ると撮りににくいです。しかし、地べたものばかりでは面白みにかけますね。まだ、カラムクを見たことのない人にはお勧めかも。

Komimizuku3115そこから電車に乗ってコミミズクの所に移動。久しぶりのコミミズクはお休み中でやっと顔が見える程度でした。

Komimizuku3215その後、体をぶるぶるさせたり、伸びをしてウォーミングアップ。

Komimizuku33154時半ごろ活動開始。どうも飛びものはうまく撮れないんですよね。今日は是非コミミズクの小耳を撮りたいと思ってたのでここまで来たのですが・・・。

Tobi1115空にはトビが飛び回ってます。聞くところによるとトビはコミミズクがとった鼠を横取りするらしいです。

Komimizuku3415指定席にとまったコミミンもえらく上を気にしてます。

Komimizuku3615
やった!よく見るとコミミがたってます。こっちを向いてくれ~

Komimizuku3715やっぱりトビを警戒してるんでしょうか。きつい顔になってました。コミミズクの名の由来はこの羽角とよばれる耳羽が小さいことからきていて、もちろん羽角は本当の耳ではありません。これが子なら親はどこにおるんやろう?と通行人の声が聞こえてきそうです。名前が小ミミズクであって子ミミズクではないので念のため。Komimizuku31315もう一枚べつの木にとまったやつも。本当に、いわれてみれば耳がたってるように見えるかなといった程度ですね。

Komimizuku31115コミミズクの声もきくことができましたが、記憶力が曖昧な方なのでどんな声だったか覚えてません(^-^;

Komimizuku31215いいところに切り株がありますが、ここにとまるとけっこう絵になるような気がします。

Komimizuku31015一応飛びものも狙ってますが、今一つなものばかりでした。ということで、もう5時半になりましたので今日はこれまで。

« 唐椋鳥のリベンジ | Main | 農業公園の梅 »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 唐椋鳥のリベンジ | Main | 農業公園の梅 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ