« February 2015 | Main | April 2015 »

March 2015

March 30, 2015

桜ギンムク

Ginmukudori7315朝早い目に目が覚めて時間的に余裕があると農業公園によってみるようにしてます。もしかしたら桜の木にギンムクがとまり、桜がらみのギンムクが撮れるんじゃないかと期待して出かけるのですが、今日やっと証拠写真程度ですが、桜の花がらみが撮れました。顔に木の影がかかっていてちょっと残念なできですが一応・・・。

Ginmukudori7215桜以外のえだどまりはわりときれいに撮れるんですけどね。

Ginmukudori7115↑これは何日か前に撮影した画像。オオイヌノフグリがたくさん咲いている場所に行ってくれるといいのですが、そこに行く前にUターンしてしまいました。一応周囲には小さな花が咲いてます。キュウリグサかなにかだと思うんですがどうでしょう?

Ginmukudori7415
さて、そろそろ仕事に行こうとしたときに牡丹園側から広場に行く途中の桜の木に飛んで行ったのが見えたので急いでそちら側に向かって撮った画像です。やっぱり顔に影がはいっていてもう一つでした。毎日行くわけにもいかないけどまた行ってみます。

Kitateha2115猪名川の河川敷を歩くと西洋カラシナの花が所々に咲いてるのですが、そこでよく見られるキタテハです。そろそろツマキチョウが見られると思うんですけどね・・・。

Kikurage2115昨日に日曜は雨で家でごろごろしてたんですが、午後から雨もあがりそうになったので梅田に買い物に出かけるついでに緑地公園まで足をのばしてみました。アミガサタケを期待したのですが、小さなキクラゲを緑道の樫の木の根元に見ただけでした。

Sansyuyu1115黄色のサンシュユの花がきれいでしたので背景にベニバナスモモの花をいれて撮ってみました。

Hikuina1115帰りに池の横を通るとヒクイナが現れました。淀川のツリスガラのところでも声はきいたのですが、コ・・コ・コ、と単発で鳴いた後にココココココと連続で鳴く声がここでも聴けました。ただ、鳴いている姿は見えません。昔から日本の古典文学にはクイナの戸たたきと言われる鳴き声で登場するのはこのヒクイナの声だといわれてます。童謡の「夏は来ぬ」にも4番の歌詞に登場します。 ♪楝(おうち)ちる 川べの宿の 門(かど)遠く 水鶏(クイナ)声して 夕月すずしき 夏は来ぬ♪  楝は栴檀の花のこと。本物のクイナはピューとかキューイと鳴くそうです。

March 26, 2015

ツリスガラの枝どまり

Turisugara1315今日はABA干潟でツリスガラを撮って、それからお城にレンジャクでもいてないかと探しに行くつもりででかけました。しかし、干潟の方にはまったくといっていいほど鳥っ気がありません。ここと違うかったのかなと思いながらも国道近くまで歩いてるとカモの群れの向こうに白い鳥を発見。

Mikoaisa2115ミコアイサ♂がいてました。しかし、ちょっと遠いんですよね。デジタルズームを利用し大き目に撮ってみました。ここの干潟でミコアイサとは珍しいんじゃないでしょうか。も少し上流では遠くの方にいてるのを見かけるけどね。ここはまだ近い方カモ。

Turisugara1115川沿いに葦を覗き込みながら北上するも見つかるのはオオジュリンぐらい。いつのまにかJRの鉄橋も越え次の橋も近づいてきた頃、「ツリスガラがおるぞよ」というお告げが・・・。ちょっと行き過ぎてたのを引き返して湿地へ。ちょうどツリスガラの団体さんが葦の中に入り込んだところのようでした。撮りやすそうなんをとりあえず撮ったけど後が続きません。すぐに葦の中に潜り込んでなかなか上がってきません。

Turisugara1215葦のカーテン越しにいてるのはわかるんですけど、近くにいてるのに葦が風に揺れて邪魔をするし、カメラのオートフォーカスがぜんぜんきまりません。SX50はマニュアル撮影向きではないので、こんな時は普通の一眼レフの方がいいなと思ってしまいます。

Turisugara11115時間と電池の無駄使いをするばかりでいてるのはわかってるのに撮れない放題。しかし、なんと、もうお帰りの方も出だしたころ、木の枝にとまってくれました。しかも、同じところにずっととまってなにやら鳴いてくれます。これは頭の色からしてオスですね。

Turisugara1815今日はいいお天気で青空にツリスガラもまたいいもんです。

                 Turisugara1915 Turisugara11015

一羽とまるとほかのツリスガラもつられてとまってくれます。かぶりだらけだけどツーショットなんかも。

Benimasiko3315一応ツリスガラも撮れたので、鳴き声はさっきからよく聞こえるベニマシコを探してみることにしました。川沿いを歩くと姿は見るけれど、なかなか撮らしてくれません。ここにはあまりきれいなベニマシコはいてないと思ってたら、1羽とってもきれいな赤い子がいてマシコ。

Benimasiko3115背の低い桃の枝にとまってくれて、モモマシコも撮れマシコ。まだ蕾でしたがそのうちに花が咲いた桃の木に止まってくれるかもしれません。

Benimasiko3415ベニマシコのメスもいてるんで、やっぱり撮ってあげへんとね。

Kuina1115クイナもいてるんですね。時々現れては、何かに警戒してサッと引っ込みまたそろそろと出てきます。

Kuina1215後姿だけどクイナが座り込んでるのって初めてみました。

Turisugara1615そのうちにまたツリスガラが出てくるようになって、葦の穂先近くまで上ったのがやっと撮れました。ツリスガラらしいツリスガラの姿が撮れたので本日はこれまで。桜も咲き始めたし、次の休みがもし晴れなら今度はお城に行って桜連雀を撮りたいものです。

March 23, 2015

都のトガリアミガサタケ

Togariamigastake1315暖かくなったし、雨も降ったのでトガリアミガサタケという春のキノコもきっと大きくなって見頃になっただろうと思って今日は御苑に行ってきました。御苑は知る人ぞ知る街中のキノコの名所で、定期的にキノコ観察会もやってます。

Kurokinoume1115キノコの前に御苑の南に植わっている黒木の梅とよばれるきれいな紅梅を撮ってみました。御所の屋根が入るように撮ればいいんだけどちょっと右側に寄りすぎですね。

Ruribitaki3115鳥見の人は知ってると思うけどアオバズクが営巣する神社裏にまわりこむとルリビタキが現れました。ところがすぐに低いブッシュの中に入りこんでくつろいでしまったので背中側の色がわかりません。なんとか横からでも見えるとこはないかと移動していて足元にキノコを発見。

Togariamigasatake1115お~!これこそは今日のターゲット、トガリアミガサタケですやん!へえ~、こんなとこにも生えてるんやヽ(´▽`)/

Togariamigasatake1215周囲を見るとけっこうこのキノコがあちこちにはえてるのに気がつきました。本当はもう少し先にある神社あたりを目指してたんですが、早々目的達成です。(^^v

Togariamigasatake1315せっかく来たのでその神社にもよってみました。以前はこの裏でルリビタキやトラツグミも撮ったことがあるのですが、今日は姿なし。トガリアミガサタケも2、3個みつけただけであんまり生えてません。ちゃんと調理すればおいしく食べられるキノコだそうですから採集禁止の御苑内ですが誰かに持って行かれたかも。一つ大きなのがあったけど、これってあんまり尖ってみえないけどトガリアミガサタケでいいのかな?普通のアミガサタケっぽくない?

Kikurage1115少し高い木の幹にキクラゲがはえてるのは見つけたので下からの画像を。

Momo1115梅林の梅もきれいけれどこれからはこの桃の花が見ごろになるんですよね。ということで一枚カシャcamera

Binzui1115このまま帰ってもいいけどほかに何か撮るものがあるかもしれないのでぐるっとまわってみることに。バードバスを目指して歩いてるとビンズイが枝にとまってるのをみつけました。枝がどうしてもかぶってしまいますが今期初ビンズイです。

Aoji2115撮ってやろうとするといつも逃げられるアオジ。たまには載せてあげへんといつの間にか旅立っていてないということも。

                 Hatinosutake1115 Hatinosutake1215

御苑の一番東側を北に向かって歩いていると所々に伐採木なんかが積み上げてあってそこにキノコを見つけました。ハチノスタケというやつだと思います。今日は誰かさんが一枚はがしたのがあったのでそれを裏返して網目模様を撮ってみました。

Sihaidake1115
ネットをかぶせた木の幹にどうやって出てくるのかカワラタケの仲間がありました。裏面がトゲトゲみたいなんでもしかしたらシハイタケというやつかもしれないと思って一枚camera

Kikurage1215ここにもキクラゲが。撮った時は気がつかなかったけれどキクラゲの下にカタツムリが写ってます。カタツムリもこの暖かさで這い出てきたのでしょうか。

Kouyakutake1115木の皮状のだけどこれはコウヤクタケというやつだと思います。

                 Binzui1215_2 Binzui1315

バードバスに到着したもののシジュウカラやヤマガラ、キジバトの他はやっぱりビンズイが来るだけでした。ここはこんなもんかもしれないなということで一休みしてからまた探索。

Ikaru2115イカルを見つけましたが生垣の向こう側だったのでちょっと遠目。

                 Tubakikinkakutyawandake1115 Kaimendake1115

左 ツバキキンカクチャワンタケと 右 なんかわからないぼろっとしたキノコ。やわらかいスポンジみたいな感じだったけどなにもんなんでしょうね?

Sidarezakura1115池の近くの枝垂桜も咲いてました。ここのは早咲きの枝垂れなんですね。

Togariamigasatake1415人も多いのでさっきと同じコースで戻ることに。バードバスの南。井戸のあるあたりを歩いていて銀杏の木の周辺でまたトガリアミガサタケを見つけました。踏まれて倒れてるものがあったので下側から見てみました。トガリアミガサタケは傘の一番下の網目が閉じて完結していて、よく似たアミガサタケは網目が閉じてなくて柄から網目の縦線が出てるのだそうです。ということはこの画像のキノコは間違いなくトガリアミガサタケでいいと思います。

Sidarezakura1215今日は連休とあって人通りも多く、犬の散歩も歩道を無視して突進してくるのでトラツグミは期待薄だなということでまた枝垂桜を撮って今日は終了。

March 17, 2015

やっと撮れた梅ギンムク

Ginmukudori6615

昨日はほとんどシャッターをきれなかったので今日は何かと被写体がいてる公園へ仕事前によってきました。バイクを置いてヘルメットをはずし周囲を見ると今日は芝生広場の方にはカメラマンの姿がありません。その代わり梅林の方には人出があり、何かを狙ってる様子。どうもグチャグチャの緑の木の中にちょうどギンムクドリが入ったところらしい。見えにくいものを無理に撮ることもないかなと思って河川敷をのぞいたりして戻ってくるとギンムクは広場の方に飛んでいったみたい。

Ginmukudori6115頭しかのぞいてないけどオオイヌノフグリとホトケノザがきれいに入る位置だったので・・・

Ginmukudori6215後の杭がきになるけど頭をあげたギンムクとオオイヌノフグリがきれいに撮れてました。

Ginmukudori6315やたら雀がたくさん潜り込んでガサガサやってる枯葉の中のギンムクドリ。お天気がいいと影が濃く出るのできれいに撮れないのがちょっと残念です。

Ginmukudori6415広場から再び梅林方面に飛んで行ったのでそちらに移動。梅の木にとまったと思ったらすぐに地面に降りるんで、なかなか期待通りの梅がらみは難しそうでした。梅の木どまりを撮るチャンスは数回あったのですが、ピンボケだったり見えてなかったりと残念なことばかり。

Ginmukudori6515しかし、ついに梅がらみのギンムクが撮れました。ちょっと枝が込み入ってるのが残念ですが一応証拠写真はGET!

Ginmukudori6715その後、木の中で休憩中のギンムクを手前の紅梅をボケにいれたのも。影が邪魔だけどそれなりに美しいような気もします。

Ginmukudori6815梅の花びらがたくさん散ってますのでこれもまた梅がらみなのかも・・・。ここで時間がきましたので今日もこれまで。

March 16, 2015

お猿のお山で雪割草

Misumisou1115今日は墓参りの帰りに車でお猿のお山によってもらいました。狙いはミソサザイだったのですが夕方近くまでうろうろしたものの出会いなし。つれづれなるままにビジターセンターに咲いていた雪割草を撮ってみました。ユキワリソウといってもサクラソウ科の高山植物ユキワリソウではなくて、早春の花、ミスミソウのことです。キンポウゲ科のミスミソウやスハマソウのことを雪割草とよぶのだそうです。三裂にわかれた葉の先が尖ってるのがミスミソウで、丸みがあるのがスハマソウ。さて、↑の画像はどっちでしょうか?たぶんミスミソウだと思うんですが・・・。花色がいろいろあるようですが白地にやや紫をにおわせた花が気に入りましたのでcamera

Kikuzakiitige1115キクザキイチゲもよく咲いてました。日が当たるとこの淡いブルーの花色は飛んできれいに出ないので少し影になってるのを撮ってみました。

Nihonzaru1115けっきょくミソサザイの姿はみれないまま、ほかのカメラマンも帰りだしたころ、猿が姿を現し木の芽などをかじってるを撮っただけでした。しかも、ピントがあまくていいのはなし。やれやれ・・・収穫なしで疲れマシコsad

March 13, 2015

シマアジとタシギ

Simaaji1215最近は休みのたびに雨が降ったり風邪だったりで、すぐ近く以外に行ってませんでした。しかし、シマアジが入ったという情報で勇んで撮影に。疲れがたまっていておまけに筋肉痛なもので、いつもなら電車と歩きなんですが、今日は車に乗せて行ってもらいました。シマアジといっても魚ではなくて鴨の仲間なんですが、もし食べたらうまいんでしょうかね?シマアジはなかなか撮影の機会のない鳥で、日本は越冬地ではないので旅の途中の休憩場所ということになるんでしょうか、すぐに抜けるし、遠くの方にいてるのがわかるだけで撮りにくい鴨というイメージがあります。

Simaaji1115_2

橋から下に移動するカメラマンたちがいたのでつられて下へ。ちょうどシマアジが島影から出てきました。

Simaaji1515

白い眉斑がく長く頭は黒、嘴は赤黒い感じ。腹の白の中に淡いグレーの漣模様があって、なにより白黒グレーの肩羽がのびて美しい。

Simaaji1315

橋の上から歩いてる姿を。えらい強風で橋の上からは自分の体が揺れるので狙いがさだまりません。

Simaaji1415

陸地近くを泳いでる時は常に下むいて餌を食んでいるのでなかなか顔を上げたのを撮るのは難しいカモ

Simaaji1615

葦が手前に茂ってますので橋の上からはかぶりが多いけど、やっぱり近くで撮るには上からでないと。下に写ってるのはコガモ♀

Tasigi1115

タシギも遠くにいてたのですが、ずっと後を向いて寝てましたので動き出すのを期待して様子を見ることに・・・。

Simaaji1715

シマアジは遠くに行ってしまったので風のこないすり鉢の下でたむろしてたら、いつの間にかすぐ近くに現れました。

Simaaji1815

上陸してくれたのでお腹の下の方も撮ることができました。

Simaaji1915

前から歩いてる姿を。

Simaaji11015

やっぱり顔をあげた姿が凛々しくていいですね。目もはっきりわかります。

Simaaji11215

右下に写ってるチドリはイカルチドリなのか、シロチドリなのか、コチドリなのかよくわかりません。コチドリが近くにいてたのでコチドリの幼鳥ではないかというのがほかの皆様のご意見でした。このあとシマアジは西側の緑地に飛んで行ったのでシマアジの撮影はここまで。

Kawasemi4115カワセミが今日はよく鳴いてました。メスが見える場所にとまってくれたので記念写真をcamera

Tasigi1215

タシギが動き出したのが見えたので橋の上からなら近くで見れるかもと思って移動。葦が揺れて邪魔ですがなんとか撮れます。

Tasigi1315

じつはタシギはあんまり撮ったことないんですよね。遠くの方にいてたり、見つけるよりも先に飛んで逃げられたりすることばっかりだったので今日は撮影するのにいい機会でした。

Tasigi1415

ずっと嘴を泥の中につっこんで餌を探してますのでこの鳥も顔を上げた姿を撮りにくいような。渋い色の鳥だけれどタシギの羽のこの複雑な模様に妙にひきつけられます。

Tasigi1615

飛んで行ったのでまた下に降りてたら再びタシギが現れました。今度はやや近い( ^ω^ ) Tasigi1715

 ずんぐりした姿をしてるけど時々首をのばしてスマートになる時もあります。Tasigi1815

オオバン、タシギ、コガモのトリオ。ヒクイナもいてたけどすぐに隠れてしまったので撮れず。Oojirin3115頭がかなり黒くなったオオジュリンもいてました。もう夏羽に変身してるんですね。ベニマシコもいてたけどまともに撮れたのがないのでボツ。ということで寒くなってきたので撤収~。

March 12, 2015

農業公園の梅

Nougyoukouen2115昨日、いつもの農業公園によってみたところ裏の紅梅と白梅が満開のようだったので今日は梅を撮ってきました。以前はこの場所にも梅のほかに牡丹が植わってたのですが、ボタンがなくなってなんかわからない木が植わってました。一番後ろにさがって梅を撮ろうとするとどうしてもその木が邪魔になって全体を撮る気になれません。真ん中あたりから真紅の紅梅をメインにして撮ってみました。

Nougyoukouen2215白梅も見事です。ここの梅の木はけっこう大きくて、あんまり剪定してないような印象です。

Ginmukudori6115梅の木を撮る前にこの公園のスター、ギンムクも撮ってましたが相変わらず下ばかり向いて歩き続けるので今一なものばかり。途中、また雪がふりだしたりするとても寒い日で今日もあんまりシャッターはきってません。これだけだと寂しいので以前撮った写真も載せておきます。

Mozu1115モズ♀をよく見かけます。白梅にとまってたのをカシャ camera

Mozu1215紅梅がらみも。こんな感じで梅にとまるアリスイが撮れたらいいのですが、最近はあまりみかけないようです。

Nougyoukouen1115
竹林を背景にいれた梅もいい雰囲気をだしてます。

Nougyoukouen1215竹に梅の図。ピントの位置がはっきりしてなくて後で見るとぱっとしません。

Mejiro4115定番の梅にメジロ。もう少し右にメジロが入ったらいいかもしれませんが、ちょっと真ん中すぎ。メジロも高い枝にとまることが多く、おまけに素早いので意外とこの公園ではメジロは撮りにくいように思います。梅の花が咲いてるうちにギンムクやらオオアカハラが梅の木にとまってるのが撮れたらいいのになあ・・・。

March 06, 2015

ジベタリアンとコミミン

Komimizuku3515今日は非番なので午前中は寝たり起きたりでゆっくり休んで昼からまたカラムクを見に行って、それからコミミズクへ。今日はお天気も今一つでカラムクの河川敷にはカメラマンも少な目。しかし、カラムクドリはほとんど出ずっぱりのサービスデー?

Karamukudori2115今日はできたらカラムクドリの枝どまりなんかが撮れたらいいなと思ってたんですが、地べたものばっかりです。

                 Karamukudori2215 Karamukudori2315

前回よりは地べたものでも違うポーズのものが撮れたし、草かぶりも少なくてよかったかな?

Karamukudori2415今日は鳩の群れの近くにいてることが多い日でした。どうやらパンやお菓子をあげると鳩と一緒にそれを食べに来るようで、いままで橋を渡ったり、飛ぶたびに追いかけたりしてたのにあまり移動せずにカラムクドリを近くで撮り放題できるみたいでした。まあ、ギンムクの所と一緒で鳩の中に入ると撮りににくいです。しかし、地べたものばかりでは面白みにかけますね。まだ、カラムクを見たことのない人にはお勧めかも。

Komimizuku3115そこから電車に乗ってコミミズクの所に移動。久しぶりのコミミズクはお休み中でやっと顔が見える程度でした。

Komimizuku3215その後、体をぶるぶるさせたり、伸びをしてウォーミングアップ。

Komimizuku33154時半ごろ活動開始。どうも飛びものはうまく撮れないんですよね。今日は是非コミミズクの小耳を撮りたいと思ってたのでここまで来たのですが・・・。

Tobi1115空にはトビが飛び回ってます。聞くところによるとトビはコミミズクがとった鼠を横取りするらしいです。

Komimizuku3415指定席にとまったコミミンもえらく上を気にしてます。

Komimizuku3615
やった!よく見るとコミミがたってます。こっちを向いてくれ~

Komimizuku3715やっぱりトビを警戒してるんでしょうか。きつい顔になってました。コミミズクの名の由来はこの羽角とよばれる耳羽が小さいことからきていて、もちろん羽角は本当の耳ではありません。これが子なら親はどこにおるんやろう?と通行人の声が聞こえてきそうです。名前が小ミミズクであって子ミミズクではないので念のため。Komimizuku31315もう一枚べつの木にとまったやつも。本当に、いわれてみれば耳がたってるように見えるかなといった程度ですね。

Komimizuku31115コミミズクの声もきくことができましたが、記憶力が曖昧な方なのでどんな声だったか覚えてません(^-^;

Komimizuku31215いいところに切り株がありますが、ここにとまるとけっこう絵になるような気がします。

Komimizuku31015一応飛びものも狙ってますが、今一つなものばかりでした。ということで、もう5時半になりましたので今日はこれまで。

March 04, 2015

唐椋鳥のリベンジ

Karamukudori1115地元の園田橋に現れた時は残念ながら見ることができなかったカラムクドリ。大阪に現れたというんで平日で仕事があるけれど、いつもなら寝ている時間に起きて見に行ってきました。最初にシャッターをきったのが8時50分ごろ地べた物のカラムクドリが撮れました。以前和歌山の紀ノ川でカラムクドリは撮ってますが、ジベタリアンなカラムクドリは初めてです。その後ずっとシャッターをきるチャンスに恵まれないで時間だけがすぎていきます。

Karamukudori1215河川敷の公園側と対岸の遊歩道側に分かれてカメラマンはいてるのですが、カメラマンがたくさんいてる公園側には今日はあんまりやってこないというか、いてる時間が短い気がしました。ヤマモモみたいなこの木はどうやらカラムクドリが飛んできてよく潜り込むらしいのですが全体を見ることは難しそうでした。

Karamukudori1615公園側から見てると対岸の方によく来るような気がして橋を渡って対岸にも行ってきました。こっちの方はよく草がのびてるのでカラムクドリがでてきてもやたら草かぶりや枝かぶりになります。

Karamukudori1315それにどんどん背中を向けて離れていくので前の方を撮るチャンスがあまりありません。

Karamukudori1515対岸から公園側を見てると時々岸の段差に出てきて何か食べてます。カメラマンがたまってるあたりはわりと川幅が狭いみたいで見やすい感じでした。

Karamukudori1415背中側ものせておきます。黒い風切には光沢があって青っぽく見えます。

Karamukudori1715これといって何かしてくれるわけでもないけど、カラムクのセッカどまりが一瞬みれました。あんまりシャッターをきることはできなかったけど、南方の島に行くことなく近場でカラムクドリに出会えたこと自体が収穫ですね。この後昼前には撤収して仕事に向かったのですが、十三で神戸線に乗り換えるつもりで電車に乗ったら天下茶屋方面に行く電車だったらしく気がついたらすでに淀川を渡っていて、また引き返して乗り換えたりしてると時間がなくなり危うく遅刻しそうになってしまいました。いつもはバイクなんで電車で通勤することがなく駅からの距離感も曖昧で、早足な方ですがさらにスピードアップで駅から歩きものすごく疲れました。

March 01, 2015

アリスイの枝どまり

Arisui3115

今日もアリスイの梅がらみを期待して仕事前に公園へ。今日は少し早い目に到着したのですが、アリスイは出てきません。やっぱり土日となると梅見の人たちもやってきてウロウロするんでアリスイはでないのかな?

Mejiro3114かわりにメジロとか

Ginmukudori5115ギンムクのホトケノザがらみとか撮ってみました。

Nougyoukouen1115梅もきれいなんで撮ったんですが、せっかく背景に竹林があるのでもっと竹をいかした竹と梅の構図を撮らないとダメですね。

Arisui3215今日はもうダメかなと思いだしたお昼前についに動きがありました。なにやらぞろぞろとカメラマンたちが動きだしたのが見えたのでいってみるとケヤキかなにかの木にとまってるアリスイが!しかし回りの枝と背景が明るいことがわざわいしてピントが合わない。そこからすぐにアリスイは飛んで移動。椿の木あたりでとまり、また飛んだと思ったらけっこう近くにとまってました。しかも、丸見えで枝先にとまってます。アリスイの周囲を小さな虫が飛んでるんですけど、飛んでる虫はアリスイは食べないのでしょうか?舌をだしてほしいな・・・

Arisui3315さっきいてた方向にまた飛んで戻って行きました。枝かぶりだらけ。

Arisui3415よく現れる鉄塔方面の向こうに飛んで行きました。見失ったのかと思ったら樫の木の中ほどにとまってるのを誰かさんが発見!

Arisui3515飛び疲れたのかここで一服して羽繕いなんかをはじめました。できたら、伸びとかエンジェルポーズをしてほしかったな。

Arisui3615ふたたび飛んで見えなくなったと思ったら、太い木の裏にまわってとまってました。その後畑の方面に飛んで行ったのでわからなくなり、こちらも仕事に行く時間になったのでこれで撤収。今日も梅がらみは撮れませんでしたが、だんだん目標に近づいてきてるように思うんですよ。期待が高まる中、次回を待て!

« February 2015 | Main | April 2015 »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ