« 珍しいふつうのヘラサギ | Main | 草鴫と磯鴫 »

December 07, 2014

瑠璃鶲、ハジロカイツブリ、翡翠

Hajirokaituburi221214
前回は色っ気のない画像ばっかりだったので今日は色のある鳥を撮ろうと思って、ルリビタキとかカワセミが撮れる公園まで行ってみました。海にいてるはずのハジロカイツブリとかスズガモもいてるそうです。

Kawasemi2114_2カワセミは着いてあんまり時間もたたないうちに出てきてくれたのですが、餌を捕ったらさっさとどこかに飛んで行ってしまったのでルリビタキのポイントに行くことにしました。

Hajirokaituburi2114ハジロカイツブリとスズガモはお休みタイムに入ったらしく寝てるだけでしたのでここはパス。

Joubitaki4114ルリビタキのポイントにはルリビタキはおらず、ジョウビタキ♂が愛想を振りまいてました。ルリビタキは1時間ほど前には水場に現れたらしいのですが、その後行方不明だとか・・・。

Ruribitaki4114丁度カレーパンを食べてる時にルリビタキ♂が現れたのでカレーパンをくわえたまま撮影しました。delicious 

                 Ruribitaki4214 Ruribitaki4314

まだ少し黄色い部分がありますが十分にきれいな個体です。

Sirohara2114さっきジョウビタキがとまっていたヒサカキの木にシロハラがとまりましたのでルリビタキが登場するまで撮ってみました。シロハラも地面に降りているのはよく見るけれど枝どまりはあんまり撮ったことないように思います。

Ruribitaki4414出てきてもすぐに躑躅の刈り込みの中に引っ込むことが多いので再度の撮影チャンスがなかなかきませんでしたが、なんとか背中側も撮れたことだし、日陰でじっとしてたら寒くなってきたのでここはこんなもんでいいかなと思って移動。

Suzugamo1114スズガモとハジロカイツブリがわりと近い場所を泳いでたので先ずはスズガモから。聞くところによると若♂らしいのですが、どこがメスと違うのか私にはわかりませんのでメスタイプということで・・・。

Kawasemi2214カワセミ遊びに参戦すべく待ってるとカワセミ♀が現れ、続いて♂も飛んできて同じ枝にとまったのでツーショットを一枚camera できたらもっとお互い近くによってほしいな・・・

Kawasemi2314カワセミ餌捕りの場面に挑戦しましたが、残念ながら画面の隅に辛うじて写ってただけでしたのでトリミングしてみました。やっぱり慣れていない素人には難しいわbearing

Kawasemi2414背景にメタセコイアの名残りの紅葉がはいるように下から狙ってみました。この子は嘴の下が赤いのでメスですね。

Hajirokaituburi251214ハジロカイツブリも甲子園浜でよく撮るんですが、あそこは逆光気味で撮ることが多いのに比べここはほぼ順光で撮影できて、海とちがって波で上下しないので撮りやすいんですよね。しかも、池の回りの木々の紅葉が写り込んでなかなかきれいに見えることもあります。

Hajirokaituburi241214きれいな水面に浮かぶハジロカイツブリが撮れたので今日のところはこんなもんでいいから帰ろうとすると・・・

Kawasemi2514ネットにカワセミがとまってました。この子はオスです。ということで色々撮れたので今日はこれまで。

« 珍しいふつうのヘラサギ | Main | 草鴫と磯鴫 »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ