« November 2014 | Main | January 2015 »

December 2014

December 29, 2014

初見初撮り淀川のコミミン

Komimizuku1814昨日は300人ぐらいはカメラマンが集結したというコミミズクを見に電車に乗って出かけてきました。コミミズクというと今まで遠くて行けそうにない場所にいてるとか偶然に飛んでるのを撮ったという話は聞くけれど私には縁のない鳥でした。それが近場に5羽もいててすぐ近くにとまってくれるとなると行かないわけにはいきません。

Isohiyodori4114電車を降りて大きなマンション下を歩いていてみつけたイソヒヨドリ。ちょっとウォーミングアップで撮ってみました。

Nosuri2114ついてみると午前中に遠いところを1羽だけ飛び回ってたらしいんですが、その後どこかに潜ってしまってお出ましがないらしい。はるか彼方にノスリがとまってたのを撮ってみましたが遠すぎて・・・。寒さを耐え忍んで待っていると2時ごろにやっと動きがありました。

Komimizuku1114川沿いを低く飛ぶコミミズクが現れました。お天気がよければもう少しましな写りになるかもしれないけど遠すぎます。

Komimizuku1214もう一羽かなり近い目のところに飛んできたコミミン。ひょっとしたらこれが近くの杭にとまるというコミミンなのか。

Komimizuku1314最初から指定席の杭にとまることを見越してじっとしてたかいがありました。舗装路を挟んで15mほど先にとまってくれました。ヤッター!へえ~、これがコミミズクなんや(o^-^o)

Komimizuku1614しばらくあっち向きこっち向きをしてたけれど、やがて草むらに降りたちました。

Komimizuku11114ほぼ真正面から見たコミミンです。

Komimizuku11014横から見るとフクロウの仲間は顔が平面なんでほかの鳥とはまた違った感じがします。仮面をつけてるように見えませんか?

Komimizuku112143羽飛んでるのを確認しましたが、それぞれのコミミンに縄張りがあるらしくて自分の制空圏にほかのコミミンが飛んでくると飛びかかるみたいでした。

                 Komimizuku11314 Komimizuku11414

飛びものにも挑戦。今日はスポーツモードでサーボAFを使いました。左は大きさはいいけどもうちょっと真ん中にきてほしいし、右のは格好いいのにややピン甘。

Komimizuku11514ど真ん中にきてくれてピンが良く姿も美しいのはこんなところかな。

Komimizuku11614頭には耳羽があるはずなんですが、コミミというぐらいですから小さくて目立たないものでさっぱりわかりませんでした。

Komimizuku11714そこはかとなく耳羽があるように見えるかも・・・・。雨もポツポツと降り出してコミミズクも動かなくなってじっとしてるので今日はこれまで。

Simamototyou1114今日のオマケは駅前のマンホールの蓋。ホタルと山吹の花が描かれてるみたいでした。

December 22, 2014

冬の三色

Benimasiko4414ベニマシコをもとめて再びトンネルのむこうがわに行ってきました。前回は雨上がりで期待は最初からしてなかったけど、今日は少々風があるもののいい天気です。今回は対岸に渡って下流側からせめてみました。であったカメラマンやバーダーさんは3名だけ。先のほうで今日は撮影をしてるとかでL字クランクの先に車が3台とまってました。

Ruribitaki3214引き返してベニマシコが来るという背の低いニレの木みたいなのを見てた時に少し離れたあたりを飛び回っていたルリビタキ♂を発見。

Ruribitaki3114なかなかきれいなブルーをしたオスでしたが、首の後ろ側がなんか膨らんだように見えるのが気になります。羽毛が乱れてそう見えるだけなんでしょうか。こんな感じに首の後ろが膨らんでるのを以前甲山でみたことがあって、奇形なんかなと思ったことがありました。青いのは今期はもう撮ってるので離れていくのを追いかけずに赤い子をまってたんですが、空抜けの逆光で黒潰れしか撮れなかったので諦めて、上流の足湯の先の駐車スペース下をめざします。

Miyamahoojiro4314やっとたどり着いたものの、ものすごく鳥っけがありません。駐車スペースには重機がおいてあって動きはしてないものの工作中なので鳥に人気がないのかな?ホオジロ類の小さな声は聞こえてくるものの姿は見えないのでまた下流側に行こうとした時に何か飛び上がりました。枝かぶりの草かぶりだらけですがミヤマホオジロ♂ですやん!

Miyamahoojiro4114
ややマイナス補正だったのを解除できないまま撮影したのであとでいじくってますが、ミヤマホオジロ♂がなんとか撮れました。ここでは普通のホオジロは見るけれどミヤマホオジロを見たのは初めてです。これで赤青黄色の三色のうち2色がそろったのであとは赤が撮れれば冬鳥三色はコンプリートできます。そうとなったら絶対赤い子を撮って帰らねば!

Hoojiro2114ここは対岸あたりでベニマシコみたいな声が聞こえるものの可能性は低いかと思い、また下流側に急ぎます。途中みかけたジョウビタキを追いかけていたら見失って代わりにとまっていたホオジロ♀camera 背景に見えるのは武庫川の流れです。夏の大雨による水害で崖崩れなんかの爪痕が今でもあちこちにみられるようですが、復旧されるまで草茫々だった下流側の泥濘の道も今はほぼきれいになってます。

Enaga1114エナガはかわいいので低い場所を飛び回ってるとついつい追いかけて撮ってみたくなりますね。でも光線不足でブレブレになることが多いのが残念。

Benimasiko4114山の影でますますニレの木にとまるベニマシコが撮りにくくなってるけれど、幸いその向こう側のススキの近くにベニマシコ♀が降りてくれましたので遠いけれど記念撮影。

Benimasiko4214ファインダーから目をはなすと赤い子もいてるのがわかりました。

Benimasiko4314胸にかかってるノイバラの蔓みたいなのが邪魔だなと思ってるとベニマシコ♂の重みでとまってる枝?が垂れ下がり邪魔がなくなりました。

Benimasiko4514色の薄い♂もいてたけどこの子は濃い色をしてました。ここのベニマシコはいつも良い色をしてるのがみつかるので手強いけど好きなんですよ。

Hoojiro2214ホオジロ♂が大人しくしてたのでこれもカシャcamera

Enokitake2114去年は切り株にぎっしりとはえていたエノキタケのようなナメコのようなよくわからないキノコ。柄の付け根が黒いとエノキタケらしいけどこれは?冬だからやっぱりエノキタケなんかな・・・。

Kurohanabiratake1114道沿いの笹薮をのぞいて歩いていてみつけたクロハナビラタケではないかと思われるキノコ。最初古くなって腐ったカワラタケかなと思ってパスしたんですが、どうも気になるので撮ってみました。と、いうことで寒い中出かけて赤青黄色を撮れたのでシャッターをきった枚数は好きなかったけど収穫ありでご機嫌で帰路につきました。

December 18, 2014

カワセミのダイブなど

Kawasemi4514男なら一度は撮ってみたいカワセミのダイブ。とくに魚をくわえて水から飛び出す姿は憧れの写真です。いままでに何度かチャレンジしたことはあるのですがまともなのは一枚もなし。ということで寒いのに行ってきました。

Kawasemi4314まずは広角気味に撮ってトリミングした画像。狙いは悪くないけど連射枚数が少なくてなんか残念。

Kawasemi4214スピードも1000分の1秒と早いけれどやっぱり逆光側からでは黒くつぶれてるんで画像処理してごまかしてみました。

Kawasemi4414飛び込む寸前だけどかなりトリミングしてます。このカメラでは高速連射が10枚できるんですが、カワセミが枝を離れてから水しぶきをあげた時点で10枚目になるかんじで肝心のカワセミの姿が水から上がった画像がほとんどありません。タイミングがどうも合わないんでまたそのうちにリベンジしたいと思うのでした。

Ikaru4114
イカルも鳴いていたので探して撮ってみました。何羽かいてたみたいです。イカルをよく見かけるようになるとどこかにコイカルが混じってないか気になります。

Ruribitaki2114この前も撮ったけれどルリビタキが愛想よくしてくれるので今日も撮ってきました。

Ruribitaki2214最初つつじの刈り込みの上にとまってたのに気付いてじっとしてくれてましたのでそれなりに撮って。

Ruribitaki2314一旦消えたらこんどはつつじの下から登場。板どまりです。

Ruribitaki2414で、すぐ近くに出てきてくれました。ちょっと近づかれすぎ。

Ruribitaki2514青い背中側ばかりでなく前からも撮ったほうがいいかなと思うんですけど、すぐに逃げられるようにしてるんでしょうか。近くではあまり前を見てくれません。

Ojirobitaki3114おまけ。団地オジロはどうなったというご質問があったので、二日前に撮った紅葉ビタキを。昨日も見たけど時々団地の外にも出て街路樹のあたりをうろついてるみたいです。でも、そこはよく猫に餌をやったりしてるんでオジロには危険がいっぱい。団地内は不審者に間違えられそうなのでこっちが危険かも。

December 14, 2014

再会!尾白鶲

Ojirobitaki2114寒くなると目が覚めるのが遅くなって、午前中に選挙に行ってから戻ってくるともうお昼前。これから出かけるとなるとあんまり遠くはダメだなと思い、また武田尾にでも行ってみようかと家を出て、集会所前の植え込みにムラサキシジミでもいてないかと歩いてると何やら鳥の姿が・・・。植木鉢にとまった鳥は尾羽の横にはっきりとした白筋がある。オジロや!もう1ヶ月前になるけれど仕事に行く前にここで姿を見つけたもののまともに撮れなかった尾白鶲。翌日探しても見つからなかったので抜けたと思い、その後も見かけることがなかったのにまだいてたんや。ということで今回はちゃんと撮影したいのでしばらく集会所前で立ちん坊をしてたけど現れません。探して歩いてると団地内の植え込みでやっと発見。

Ojirobitaki2814あっちに飛びこっちに飛びして餌を探してる様子。じっとしてるとすぐ近くにとまってくれたりします。

Ojirobitaki2914ちょっと首をかしげたようなポーズをした時ってかわいいんですよね。

Ojirobitaki2314尾羽がちょっと開いた感じのが撮れました。頭を下げて扇状に尾羽を開いたのが撮れたらいいのにな。

Ojirobitaki2414他にカメラマンもいないし、遠目に見ながら追いかけてるうちに団地内の児童公園あたりを飛び回ってましたが、やがて民家の屋根を越えてどこかに移動。再び捜索してると外の通り近くで発見。その後、某施設の鉄柵の中に入ってしまいました。

                 Ojirobitaki2614 Ojirobitaki21014

時々鉄柵の中から外に出てきて溝や緑地帯で餌を探してました。

Ojirobitaki2714緑地帯のオタフクナンテンの前で地べたどまりのオジロ。そのセミは抜け殻やで。

Ojirobitaki21114尾白鶲というと尾羽をピンとたてた姿がいいですよね。ボールどまりですけど手前に草の蕾つきをいれて。

Momiji2114やがて、どこかに飛んで行ったのでまた捜索したのですが、ついに見つからず公園内の名残りの紅葉を撮って今日は終了。それにしても行動範囲が広い。人家が多いので自然とそうなるのかもしれないが公園のオジロみたいな感覚では遭遇するのも難しいかもしれません。今日は電車賃使って何も撮れなかったことを考えるとオジロが撮れたので大収穫でした。

尾白鶲はこの冬もあちこちで目撃されてるみたいだし、これまでも撮ったことのある人は多いでしょうからどうしても撮りたいという人は少ないでしょうが、ここは普通の住宅地で安定したオジロの登場場所があるわけでもないので撮影なら他の場所に行くことをお勧めします。

December 11, 2014

草鴫と磯鴫

Kusasigi1414今日は一日雨のつもりで家でごろごろしてたら、いつの間にか雨はあがったみたいなので何かいてるかもしれないと思ってちょっとトンネルのむこうがわをのぞきに行ってきました。今期はミヤマホオジロとルリビタキは見たので、できたら赤いベニマシコがいたらいいのにと思って川上のポイントでしばらくいてましたがなんにも見つかりません。草むらの中に何かがいてるのはわかったんですが、それが何なのかまではわかりません。ヤマガラとかキセキレイ、イソシギ、セグロセキレイは見たけれど遠くて撮る気もおこらず。雨あがりってやっぱり鳥撮りには向いてないのかな?と思って帰っていると川で何か飛びました。遠目に見て尾っぽをふりふりしてるのでまたイソシギかなと思ってカメラで確認すると、クサシギですやん。

Kusasigi1214クサシギがちょっと見にくい場所に移動したのでファインダーから目を離すと、もう1羽いてますやん。さっきのクサシギと比べるとあきらかに小さい。これはさっきもここらへんにいてたイソシギでした。

Kusasigi1514クサシギとイソシギはよく似てるといわれてますが、こうして一緒に写ってくれるとそんなに似てるようには思えませんね。たしかによくいわれるようにイソシギのお腹の白が羽の付け根にくいこんでるところは違うなあ・・・。そもそもイソシギが全長20㎝でクサシギは22㎝と大きさからして違うよね。でも、一緒に写ってるから違いがわかるんであって、一緒にいてるのを見ることってあるのかな?イソシギにしろクサシギにしろほとんど単独でいてるのしか見たことない気がします。

Isosigi3114イソシギを大きく撮ってみました。前から見るとお腹の白い部分が羽の付け根にくいこんでるかどうかはわかりにくいけれど胸の色が前の方では薄くなってます。

Kusasigi1114↑こっちがクサシギです。胸の部分にははっきりと色があります。もう夕方で光線不足のため常に動いてる鳥を撮るにはちょっときびしいので今日はこんなもんで・・・。

December 07, 2014

瑠璃鶲、ハジロカイツブリ、翡翠

Hajirokaituburi221214
前回は色っ気のない画像ばっかりだったので今日は色のある鳥を撮ろうと思って、ルリビタキとかカワセミが撮れる公園まで行ってみました。海にいてるはずのハジロカイツブリとかスズガモもいてるそうです。

Kawasemi2114_2カワセミは着いてあんまり時間もたたないうちに出てきてくれたのですが、餌を捕ったらさっさとどこかに飛んで行ってしまったのでルリビタキのポイントに行くことにしました。

Hajirokaituburi2114ハジロカイツブリとスズガモはお休みタイムに入ったらしく寝てるだけでしたのでここはパス。

Joubitaki4114ルリビタキのポイントにはルリビタキはおらず、ジョウビタキ♂が愛想を振りまいてました。ルリビタキは1時間ほど前には水場に現れたらしいのですが、その後行方不明だとか・・・。

Ruribitaki4114丁度カレーパンを食べてる時にルリビタキ♂が現れたのでカレーパンをくわえたまま撮影しました。delicious 

                 Ruribitaki4214 Ruribitaki4314

まだ少し黄色い部分がありますが十分にきれいな個体です。

Sirohara2114さっきジョウビタキがとまっていたヒサカキの木にシロハラがとまりましたのでルリビタキが登場するまで撮ってみました。シロハラも地面に降りているのはよく見るけれど枝どまりはあんまり撮ったことないように思います。

Ruribitaki4414出てきてもすぐに躑躅の刈り込みの中に引っ込むことが多いので再度の撮影チャンスがなかなかきませんでしたが、なんとか背中側も撮れたことだし、日陰でじっとしてたら寒くなってきたのでここはこんなもんでいいかなと思って移動。

Suzugamo1114スズガモとハジロカイツブリがわりと近い場所を泳いでたので先ずはスズガモから。聞くところによると若♂らしいのですが、どこがメスと違うのか私にはわかりませんのでメスタイプということで・・・。

Kawasemi2214カワセミ遊びに参戦すべく待ってるとカワセミ♀が現れ、続いて♂も飛んできて同じ枝にとまったのでツーショットを一枚camera できたらもっとお互い近くによってほしいな・・・

Kawasemi2314カワセミ餌捕りの場面に挑戦しましたが、残念ながら画面の隅に辛うじて写ってただけでしたのでトリミングしてみました。やっぱり慣れていない素人には難しいわbearing

Kawasemi2414背景にメタセコイアの名残りの紅葉がはいるように下から狙ってみました。この子は嘴の下が赤いのでメスですね。

Hajirokaituburi251214ハジロカイツブリも甲子園浜でよく撮るんですが、あそこは逆光気味で撮ることが多いのに比べここはほぼ順光で撮影できて、海とちがって波で上下しないので撮りやすいんですよね。しかも、池の回りの木々の紅葉が写り込んでなかなかきれいに見えることもあります。

Hajirokaituburi241214きれいな水面に浮かぶハジロカイツブリが撮れたので今日のところはこんなもんでいいから帰ろうとすると・・・

Kawasemi2514ネットにカワセミがとまってました。この子はオスです。ということで色々撮れたので今日はこれまで。

« November 2014 | Main | January 2015 »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ