« ムラサキツバメ♀ついにGET! | Main | 消えたムラサキシジミ、原因は? »

November 08, 2014

珍鳥ウォッチ

Ooyosigoi1514♪ゲラゲラポー ゲラゲラポー … 瞬間つたわるメッセージ ビュンビュン 車が続々どんどん でも、立つ場所なくてたいへんだ 前に出たならまわりはプンプン♪

先日キノコ探しに山に行った時のこと、帰る前にノジコが見れたらいいなと思って池の方におりてみました。すると池の横の木道のテラスにしゃがんでるカメラマンが一人。手摺りに隠れて何かを狙ってる様子なのでカワセミかな?と思って近づかないで後から池を見てみたけど何も見えません。やがて、何かわからないけれど池の真ん中のガマの中に鳥が一羽急いで隠れました。そのカメラマンは顔見知りのかただったので聞くとオオヨシゴイという珍しい鳥だという。名前は聞いたことあるかもしれないがどんな鳥だかピンときません。

Ooyosigoi1114やがて再び姿を現した鳥はかなり小さく見える鳥で小魚を捕りに出てくるけれど人なれしてないせいかものすごく敏感でこちらが少しでも見やすい位置に動こうとするとすぐにガマの中に戻ってしまいます。しかも、かなり速い。もう夕方でまた雨の降りそうな天気だったので感度をあげていっても30分の1とか40分の1といったシャッタースピードしかえられませんので魚を捕るような場面は無理。証拠写真は撮ったので詳しい人に同定してもらって出直すことにしました。大きくトリミングした画像の目の部分をみてもらうと黄色い虹彩が丁度Cの形に後がきれたように見えるのがオオヨシゴイなんだそうです。

Ooyosigoi2514翌日、ほかの人の車に乗せてもらって再び出かけました。オオヨシゴイは絶滅危惧種1A類に指定されてる鳥で関東以北に夏鳥として飛来するけれど最近は目撃されることも少なくて関西でみつかるのは京都の干拓地以来だそうです。ついてみるともう池に出てましたが、こちらに気がつくとさっさとガマの中へ。雨もまた降り出したので屋根の下に避難して待機です。曇天でシャッタースピードが伸びないのは昨日と変わりませんが一日ねばってるとお天気もやがて回復してきてなんとか魚とりの様子も撮れました。

Ooyosigoi2114小魚なんかはけっこういてるんでしょうね。時々水面に波紋が広がるのがわかります。

Ooyosigoi2214お、海老もゲットしてました。ザリガニとはちがうみたいだけど水の干上がってる部分もあるのでこちらの方には来そうにありませんね。池の西南のあたりが一番登場回数が多い場所でした。

Ooyosigoi2414首から腹にかけて薄い縦斑が何本かあるけれど中央に黒い縦線があります。成鳥の雄には薄い縦斑はないのだそうです。

Ooyosigoi2714背中側は赤味のある茶褐色してます。白斑がところどころにあるのはまだ若いからなんでしょうね。

Ooyosigoi2814足は少し緑がかった黄色といったとこでしょうか。魚を狙う体を伏せたようなポーズばっかりで上向きで葦に擬態してるというヨシゴイのポーズは見ることはできませんでした。

Ooyosigoi2914お天気が悪かったせいで休日ではあったけどこの日集まってきたカメラマンは10名ほどでした。でも、バーダーさんもよく訪れる公園ですのでやがて情報が広がるとは思ってましたが、二日後には100名ほどがここに来たとか・・・。土曜、日曜ときっと人はつめかけるとは思うけれど休日は池の近くの道路は車の走行が禁止されてるので土地感のない人たちがやってきて兵庫県警に多額の寄付をすることにならなければいいのですが・・・。それにいつぞやの淀川のオガワコマドリの時みたいな騒動も願い下げですね・・(お前も見に行った一人やろー!)。さて、名前はオオヨシゴイだけどヨシゴイよりは大きいというだけで全長30数㎝という子供の頃使ってたものさし程度の大きさの鳥なんで人垣ができたら見えない人のほうが多いと思うんですよね。こんな小さな鳥が湿地帯や湖に潜り込んでたら見つかることのほうが珍しいような。まさに妖怪「希有希現」です。(ちょっと無理があったかな?)

                 Hatinosutake1114 Suehirotake1114

せっかく出かけたのでまたキノコの続きでも。左はハチノスタケなんですが、網目状の裏面を撮るのわすれてました。でも、きれいな表側を初めてみました。右側は同じ木についてたスエヒロタケ。今年はあちこちでカエンタケという触るだけでも炎症を起こすといわれてる猛毒のキノコが話題になってましたが、このスエヒロタケは胞子を吸いこむと肺炎になるというので近づいたらいけないキノコといえるでしょうね。

Miyamaakane1114まだ生き残っていたミヤマアカネです。羽になにか落書きされてるのはあまり移動しないとされるミヤマアカネの移動範囲の調査のためマーキングされたものです。なにがかかれてるのか判読不能ですけどね。

Kisekirei1114キセキレイも河原にいてました。撮ったろうとすると離れていくばっかりでいっつも不満が残る鳥です。この前に草むらの隅から飛び出した鳥がなんだったのか気にかかりました。飛んで行く姿をちらっと見ただけなので正体は不明でしたが頭が緑っぽく見えたような気もするのでもしかしたらまだ見たことのないノジコだったらと想像を膨らませてきました。そろそろここにもベニマシコが現れる季節ですのでまたそのうちに行ってみたいと思います。

« ムラサキツバメ♀ついにGET! | Main | 消えたムラサキシジミ、原因は? »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ムラサキツバメ♀ついにGET! | Main | 消えたムラサキシジミ、原因は? »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ