« サメビタキとオオルリ | Main | 赤蜻蛉とメスグロヒョウモン »

September 18, 2014

都の緑雪隠黄金と小羽青糸蜻蛉

Midorisentikogane1214声は聴いたことはあるけれど姿は見たことがないジュウイチという杜鵑類の若鳥が最近現れるというので電車に乗って都まで上ってきました。しかし、たどり着くまでにかなり時間がかかるので11時ごろ到着したのでは遅かったみたいで、2時間ほど待ってみましたが現れません。夕方までねばってると現れるかもしれないけれど、お腹がすいたので撤収。

Akiakane1114時間つぶしにアキアカネを撮ってみました。もう赤トンボのシーズンですね。

Natuakane1114川沿いを歩いてるとナツアカネもいてました。接写したいと思って近寄りましたが、気に入らないのか逃げられてしまい、1カットしか撮れてません。

Beniitotonbo2114コンビニに寄ってからいつもの公園に行き、パンとコーヒーで腹ごしらえをしてから池を見てあるくとベニイトトンボのペアが産卵行動中でした。これも少し撮っただけですぐにどこかに行ってしまったので森の中に移動。

Kawarihatu4214カワリハツでしょうか、一つだけきれいなのがあって他はボロボロ。白いキノコはたくさんみつけましたがどこにでもあるし、名前も特定しづらいんですよね。ここでの目的はコバネアオイトトンボなんですけど、食べてすぐに歩きだしたせいかあれをもよおしてきました。しかたなく一旦引き返して公園のトイレに入ってすっきり (^-^;

Midorisentikogane1314さあ、探すぞというときに緑色に輝く虫が飛んできました。アオカナブンにしては季節はずれなのでもしかしたらオオセンチコガネの緑型ではと思い着地地点にいてたのを手で捕獲。やった~!じつはこれを撮りたくていつか宇治にでも行って探してみようと思ってたんですよ。オオセンチコガネの緑型は俗にミドリセンチコガネと呼ばれ、関西では滋賀県や京都府南部に分布するといわれてます。ここも東の山を越えれば滋賀県ですからいてても不思議ではないと思うんですが本場ものはもっときれいなのかもしれません。

Midorisentikogane1114カメラを下において前から接写してみました。自分の影で直射日光を防いだほうがきれいかと思ったんですけど、捕まえたんなら木陰に持っていって撮ればよかったと後で気がつきました。

Midorisentikogane1414_2このての虫は捕まえてひっくり返すと死んだふりでもするのか動かなくなることが多いんで撮り放題でした。それにしても、見てみたいと思ってたミドリセンチコガネが向こうから飛んでくるとは、やっぱりトイレにいったのがよかったんでしょうか。臭いひこずって歩いてたとかどこかにアレがついてたのかも・・・sweat02

Kobaneaoitotonbo1114で、目的のコバネアオイトトンボは今回もなかなかみつかりません。笹の中に入り込んでやっとみつけました。コバネアオイトトンボのメスを先ずGET。昨年はオスしか撮ってないのでメスは始めてみました。オスとは目の色がちがいますね。

Ooaoitotonbo1114これがオスかと思って撮ったら、オオアオイトトンボ♂でした。目の色とか尾の先の付属器の形が微妙に違います。大きさもやっぱり違うみたいでした。

Kobaneaoitotonbo1314で、これがコバネアオイトトンボのオスです。きれいな青い目をしていて、普通のアオイトトンボに近いけれど胸の白っぽい部分もアオイトトンボみたいに粉をふいて白くならないし、オオアオイトトンボが黄緑色が強くでてるのに対してコバネは浅黄色といった感じに見えます。

Kobaneaoitotonbo1414いつの間にかもう夕方になってましたので今日はここまで。成熟したコバネアオイトトンボのオスとメスも撮れたし、ミドリセンチコガネも撮れたのでジュウイチで待ち続けるよりもよかったかも。午後からジュウイチは現れたんでしょうかね?

« サメビタキとオオルリ | Main | 赤蜻蛉とメスグロヒョウモン »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« サメビタキとオオルリ | Main | 赤蜻蛉とメスグロヒョウモン »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ