« ジュウイチ | Main | ホソオチョウそしてノゴマ »

September 29, 2014

つる鴫じゃ~っ!

Turusigi1114ツルシギがいてるらしいので1年ぶりにオオキトンボの池に行ってきました。これでやっと「つる姫じゃ~っ!」という漫画のタイトルを利用できます。先ずは昨年も撮影したけれど車に乗せて行ってくれた同行の人が見たことないというオオキトンボ探しから。

Ookitonbo1114車を降りて池の周回路に出たらすぐにオオキトンボは見つかりました。トンボを撮るにはちょっと遠い距離だったので何枚か撮って移動。

Ookitonbo1214_2お尻を高くあげて逆立ちするようなこの姿勢をオベリスクというのですが、今日はお天気もよく日当たりもいいのでさかんにオベリスク姿勢をしてくれる個体に出会いました。できたらこっちを向いてほしいのですが、横向きが精一杯でした。時々飛び上がるのでこっちをむいてとまってくれることを期待するんですけどね・・・

Ookitonbo1714きれいな羽の色がよくわかるような場所ではないし、オオキトンボ自体がくすんだ感じの色をしてますのでこれぐらいならきれいな方です。もっと歳をとってくるときたない感じの色になるようです。

Ookitonbo1314秋空を背景に空抜けのオオキトンボも。羽の色全体がうっすらとした黄色をしていて羽の前縁のあたりは色が濃くみえます。

Uranamisijimi1114葛がはえているので、この時期はこのウラナミシジミがよく飛び回ってるのがわかりますが、なかなかとまってくれません。やっと葛の花にとまってくれたのが撮れました。

Taiwanutiwayanma2114池の縁を覗き込んでるとタイワンウチワヤンマを発見。う~ん、どこにでもいてるけど目を引きます。

Ookitonbo1414そのタイワンウチワヤンマの上の方を見るとここにもオオキトンボが。けっこう明るい色に見えたので普通のキトンボかと思いました。普通のキトンボがいててもおかしくはないと思うんですけど、ここでみたのはオオキトンボだけでした。

Kumedaikeさて、鳥はというと・・・おお、こんなところに 鳥の絵が!そういえば以前ここにこれを撮りに来たことあったなあ・・・うまく撮られへんけったけど。

Turusigi1314池の水はけっこうある見たいなのでつる姫、じゃなかったツルシギがいてるとすると水のない木道のあたりだろうとそちらに移動。車をおいたらいきなり見えました。この時期渡りの鳥はいたるところにいてるせいかツルシギぐらいではカメラマンも集まってこないのか、先客は3名のみ。同じように赤い嘴と赤い足をしてるアカアシシギとの違いはよくわからないけれど、長い嘴と足をした端整な姿から鶴鴫とよばれるのだとか。

Turusigi1714すぐに寝てしまったので、また起きて動き出すまで日当たりのいい場所で日光浴することになってしまいました。

Kotidori9114ツルシギが寝ている間、あまりきれいでないけどコチドリが相手をしてくれました。

Turusigi1614やっとツルシギが目覚めたと思ったら、どんどん遠くに移動していきます。

Turusigi1214コチドリさんとツーショット。レンズで追うにはかなり遠い所に行ってしまったので、また戻ってくるのを期待したのですが、なかなか戻ってきません。暑いのでしびれをきらして歩いて追いかけだすと半分ほど移動したところで飛んで戻ってくるのに気がつきました。再び元の場所にもどってくれたのを撮ろうとすると・・・

Turusigi1814ぐるっと先ほどの岩場のあたりをまわって元の場所に戻り、プルプルッと片足をふってまたお眠りになられました。「わらわはお上品にできておるゆえ、少し動いただけでも疲れるのじゃ」とつる姫さまは言ったとか言わないとか・・・。

« ジュウイチ | Main | ホソオチョウそしてノゴマ »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ジュウイチ | Main | ホソオチョウそしてノゴマ »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ