« August 2014 | Main | October 2014 »

September 2014

September 29, 2014

つる鴫じゃ~っ!

Turusigi1114ツルシギがいてるらしいので1年ぶりにオオキトンボの池に行ってきました。これでやっと「つる姫じゃ~っ!」という漫画のタイトルを利用できます。先ずは昨年も撮影したけれど車に乗せて行ってくれた同行の人が見たことないというオオキトンボ探しから。

Ookitonbo1114車を降りて池の周回路に出たらすぐにオオキトンボは見つかりました。トンボを撮るにはちょっと遠い距離だったので何枚か撮って移動。

Ookitonbo1214_2お尻を高くあげて逆立ちするようなこの姿勢をオベリスクというのですが、今日はお天気もよく日当たりもいいのでさかんにオベリスク姿勢をしてくれる個体に出会いました。できたらこっちを向いてほしいのですが、横向きが精一杯でした。時々飛び上がるのでこっちをむいてとまってくれることを期待するんですけどね・・・

Ookitonbo1714きれいな羽の色がよくわかるような場所ではないし、オオキトンボ自体がくすんだ感じの色をしてますのでこれぐらいならきれいな方です。もっと歳をとってくるときたない感じの色になるようです。

Ookitonbo1314秋空を背景に空抜けのオオキトンボも。羽の色全体がうっすらとした黄色をしていて羽の前縁のあたりは色が濃くみえます。

Uranamisijimi1114葛がはえているので、この時期はこのウラナミシジミがよく飛び回ってるのがわかりますが、なかなかとまってくれません。やっと葛の花にとまってくれたのが撮れました。

Taiwanutiwayanma2114池の縁を覗き込んでるとタイワンウチワヤンマを発見。う~ん、どこにでもいてるけど目を引きます。

Ookitonbo1414そのタイワンウチワヤンマの上の方を見るとここにもオオキトンボが。けっこう明るい色に見えたので普通のキトンボかと思いました。普通のキトンボがいててもおかしくはないと思うんですけど、ここでみたのはオオキトンボだけでした。

Kumedaikeさて、鳥はというと・・・おお、こんなところに 鳥の絵が!そういえば以前ここにこれを撮りに来たことあったなあ・・・うまく撮られへんけったけど。

Turusigi1314池の水はけっこうある見たいなのでつる姫、じゃなかったツルシギがいてるとすると水のない木道のあたりだろうとそちらに移動。車をおいたらいきなり見えました。この時期渡りの鳥はいたるところにいてるせいかツルシギぐらいではカメラマンも集まってこないのか、先客は3名のみ。同じように赤い嘴と赤い足をしてるアカアシシギとの違いはよくわからないけれど、長い嘴と足をした端整な姿から鶴鴫とよばれるのだとか。

Turusigi1714すぐに寝てしまったので、また起きて動き出すまで日当たりのいい場所で日光浴することになってしまいました。

Kotidori9114ツルシギが寝ている間、あまりきれいでないけどコチドリが相手をしてくれました。

Turusigi1614やっとツルシギが目覚めたと思ったら、どんどん遠くに移動していきます。

Turusigi1214コチドリさんとツーショット。レンズで追うにはかなり遠い所に行ってしまったので、また戻ってくるのを期待したのですが、なかなか戻ってきません。暑いのでしびれをきらして歩いて追いかけだすと半分ほど移動したところで飛んで戻ってくるのに気がつきました。再び元の場所にもどってくれたのを撮ろうとすると・・・

Turusigi1814ぐるっと先ほどの岩場のあたりをまわって元の場所に戻り、プルプルッと片足をふってまたお眠りになられました。「わらわはお上品にできておるゆえ、少し動いただけでも疲れるのじゃ」とつる姫さまは言ったとか言わないとか・・・。

September 26, 2014

ジュウイチ

Juuiti110142度も出かけたのに会うことのできなかったジュウイチでしたが、三度目の正直でついに会うことができました。happy01 

Tutudori1114_2最初現れたのはジュウイチではなくてツツドリ。

Tutudori1214枝かぶりだらけでわかりにくいですがツツドリも今期お初ですのでとりあえずこんなんでも可です。

Juuiti1114_2そしてそのあとすぐに表れたのがジュウウイチです。なんかハヤブサみたいですね。

Juuiti1214_2枝かぶりなしのものも撮れました。雨が降ったりしてかなり不安になりましたが12時前に登場してくれるとは名前の通りに十一ですね。

Oouraginsujihyoumon2114_2ジュウイチが出るまでの間に撮った蝶です。後翅裏面の白線が途切れ途切れなのでオオウラギンスジヒョウモンだと思います。最初はメスグロヒョウモンのオスだと思ってました。

Midorihyoumon1114_2ミドリヒョオウモン♀があちこち産卵しに飛び回ってました。ここはヒョウモンチョウの仲間が多いのできっとスミレが春にはたくさん咲くのでしょうね。

Juuiti1314_2午後3時を過ぎて再びジュウイチが姿を現しました。

                 Juuiti1614_2 Juuiti1814_2

一度落ち着くと長い時間じっとしてることが多いので時々伸びやエンジェルポーズを何度も見ることができました。

Juuiti11214背中側から見るとこんなんです。尾羽の模様がきれいですね。

Juuiti11314_2前はこんなんです。まだ幼鳥だそうで、渡りの時期の都市公園でも見ることはありますが、こんなに丸見えになることがなく、時々大きな声でジューイチー!と鳴く声を聞くだけです。今日は念願のジュウイチとの出会いにたくさんシャッターをきったので画像の整理に時間がかかり、すっかりお眠になったので今日はこれまで・・・おやすみなさい。

September 23, 2014

三光鳥と黄鶲

Sankoutyou2114ふられっぱなしのジュウイチはひとまず置いておいて、今日はツツドリ狙いで東の緑地に行ってみることにしました。が、ツツドリがやってくるという広場に着くと誰もいてません。あとからやってきたカメラマンもあれ?といった感じで去っていきます。こりゃ、抜けたか場所が変わったか・・・しかたなくあちこちをウロウロ。ここはトモエガモを撮りに来たことはありますが、あんまり歩いたこともないんですよね。

Turumiryokuti1114名物の風車と赤いサルビアを撮って、チョウチョでもとまってないか見ましたがこれといって収穫なし。

Konosimetonbo1114韓国風の庭?でカワセミの若いのが近くにおりてきたのですが、準備が間に合わず撮れず。逆光でいま一つのコノシメトンボですが、今期初のコノシメトンボ♂です。

Tairikuakane1114タイリクアカネもいてました。赤トンボの中ではちょっと渋い色をしてるように思います。

Kosamebitaki2114さっきの場所でコサメビタキをみつけました。嘴下の黄色い部分の面積が多い目らしいけど、言われてみればそうかなというレベルですね。

Sankoutyou2214稲が植わってる田んぼのあたりを見てから帰りかけた時、小さな水たまりみたいな池にトンボがいてるのが見えたので覗いてみると降りていた雀が舞い上がり、それと同時にちょっと大きめの鳥がこちらに飛んできてUターン。あれ?今のサンコウチョウ?お城に行くつもりだったのに、ここで足止めされてしまいました。

Sankoutyou2314もうお一人サンコウチョウに気がついてた方がいてて、飛び回るサンコウチョウの居場所を教えてもらって何枚か撮影に成功。ありがとうございました。

Kibitaki2214ここはこんなもんかなと思って、帰りにお城にもよってみました。昨日はなかなかよかったらしいけれど今日はちょっと鳥も少な目だったようです。皆さんキビタキの撮影に熱中してるようでしたので私も。キビタキ♂は今期初めてです。

                                     Kibitaki2114 Kibitaki2614

キビタキ♂成鳥はとてもきれいなので何枚でも撮ってしまいますが、SX50だとファインダーの中の画面が小さくてピントがあってるかどうかわかりにくく、どうしても大きく撮ってしまいます。

                                     Kibitaki2314 Kibitaki2714

ちょっと画像が荒くなってなってしまいますが、小さな鳥ですのでしかたありませんね。それでも少し小さい目に撮ってるほうが雰囲気が出ていていいように思います。

Kibitaki2414サルスベリの木の下の枝にオスがとまってるところにメスがやってきて上の枝にとまりました。縦撮りにすぐに変更できたらもう少しましな絵になるかもしれませんが・・・

Kibitaki2514急に涼しくなって風邪をひいたのか鼻水がよくでてこまってたんですが、外に出てる間はたいしたことないみたいで一日が無事終了。さて、ツグミ緑地のツツドリは抜けてしまったのでしょうかね?

どうやらツツドリは他の場所で営業中のようです。

September 21, 2014

赤蜻蛉とメスグロヒョウモン

Nosimetonbo1114前回、せっかく遠くまででかけたのに11には会えなかったので今日は22鳥の方にいこうかと思ってたのですが、考えたら22鳥の方は見る機会もあるけれど11はほとんど見ることもないので今日もやっぱり11へ。前回よりは1時間ほど早く10時すぎには到着したのですが、残念ながらこれでも遅くて9時半ごろ出たとか・・・。また現れることを期待して今日もまたトンボ撮影。桜の木の枝先を見ていると羽の縁に黒斑があるトンボをみつけました。下から見上げてるのでリスアカネ♀と見間違ってる可能性もありますが、胸の黒条が羽の付け根にまだ達してるし、腹部の模様などからノシメトンボ♀と判断しました。

Mesugurohyoumon3114_2黄色いツマグロヒョウモンはよく飛んでました。枝先にとまったのが見えたのでおかしな所にとまるやつやなと思い1枚だけ撮ったのを帰ってからみると後翅の黒斑が大きくてはっきりとツマグロヒョウモンなんかとは違います。え~、こんなにはっきりと違うのにどうしてあの時にわからなかったんでしょう!これは前縁の黒斑の模様からメスグロヒョウモン♂と判断しました。

Natuakane2114今日は見やすい場所にナツアカネ♂がとまってました。時々、飛び立つので戻ってきた時にシャッターをきるとまだ羽が上を向いていてかっこいいのが撮れます。それにしてもSX50HSでも2m前後の距離のアカトンボになかなかピントが合いません。さて、何か使い方のテクニックでもあれば知りたいところです。

Mesugurohyoumon3214メスグロヒョウモンのメスもやってきました。ちょっと羽に欠けが目立ちますが夏の休眠を終えたヒョウモンチョウの部類はこういったのが多いんですよね。今日はほかに寄る所があるので2時すぎには引き上げましたが、けっきょく11は飛んで行く姿が2度目に入っただけで写真に撮ることは今日もできませんでした。2度チャレンジして2度ともハズレとなると縁がなさそうなので次はもう他のものを撮影に行ったほうがよさそうな気がします。

September 18, 2014

都の緑雪隠黄金と小羽青糸蜻蛉

Midorisentikogane1214声は聴いたことはあるけれど姿は見たことがないジュウイチという杜鵑類の若鳥が最近現れるというので電車に乗って都まで上ってきました。しかし、たどり着くまでにかなり時間がかかるので11時ごろ到着したのでは遅かったみたいで、2時間ほど待ってみましたが現れません。夕方までねばってると現れるかもしれないけれど、お腹がすいたので撤収。

Akiakane1114時間つぶしにアキアカネを撮ってみました。もう赤トンボのシーズンですね。

Natuakane1114川沿いを歩いてるとナツアカネもいてました。接写したいと思って近寄りましたが、気に入らないのか逃げられてしまい、1カットしか撮れてません。

Beniitotonbo2114コンビニに寄ってからいつもの公園に行き、パンとコーヒーで腹ごしらえをしてから池を見てあるくとベニイトトンボのペアが産卵行動中でした。これも少し撮っただけですぐにどこかに行ってしまったので森の中に移動。

Kawarihatu4214カワリハツでしょうか、一つだけきれいなのがあって他はボロボロ。白いキノコはたくさんみつけましたがどこにでもあるし、名前も特定しづらいんですよね。ここでの目的はコバネアオイトトンボなんですけど、食べてすぐに歩きだしたせいかあれをもよおしてきました。しかたなく一旦引き返して公園のトイレに入ってすっきり (^-^;

Midorisentikogane1314さあ、探すぞというときに緑色に輝く虫が飛んできました。アオカナブンにしては季節はずれなのでもしかしたらオオセンチコガネの緑型ではと思い着地地点にいてたのを手で捕獲。やった~!じつはこれを撮りたくていつか宇治にでも行って探してみようと思ってたんですよ。オオセンチコガネの緑型は俗にミドリセンチコガネと呼ばれ、関西では滋賀県や京都府南部に分布するといわれてます。ここも東の山を越えれば滋賀県ですからいてても不思議ではないと思うんですが本場ものはもっときれいなのかもしれません。

Midorisentikogane1114カメラを下において前から接写してみました。自分の影で直射日光を防いだほうがきれいかと思ったんですけど、捕まえたんなら木陰に持っていって撮ればよかったと後で気がつきました。

Midorisentikogane1414_2このての虫は捕まえてひっくり返すと死んだふりでもするのか動かなくなることが多いんで撮り放題でした。それにしても、見てみたいと思ってたミドリセンチコガネが向こうから飛んでくるとは、やっぱりトイレにいったのがよかったんでしょうか。臭いひこずって歩いてたとかどこかにアレがついてたのかも・・・sweat02

Kobaneaoitotonbo1114で、目的のコバネアオイトトンボは今回もなかなかみつかりません。笹の中に入り込んでやっとみつけました。コバネアオイトトンボのメスを先ずGET。昨年はオスしか撮ってないのでメスは始めてみました。オスとは目の色がちがいますね。

Ooaoitotonbo1114これがオスかと思って撮ったら、オオアオイトトンボ♂でした。目の色とか尾の先の付属器の形が微妙に違います。大きさもやっぱり違うみたいでした。

Kobaneaoitotonbo1314で、これがコバネアオイトトンボのオスです。きれいな青い目をしていて、普通のアオイトトンボに近いけれど胸の白っぽい部分もアオイトトンボみたいに粉をふいて白くならないし、オオアオイトトンボが黄緑色が強くでてるのに対してコバネは浅黄色といった感じに見えます。

Kobaneaoitotonbo1414いつの間にかもう夕方になってましたので今日はここまで。成熟したコバネアオイトトンボのオスとメスも撮れたし、ミドリセンチコガネも撮れたのでジュウイチで待ち続けるよりもよかったかも。午後からジュウイチは現れたんでしょうかね?

サメビタキとオオルリ

Samebitaki1114秋の渡りのシーズンだというのにきれいな鳥があんまり撮れてないので、今日は仕事があるけれど午前中鳥見にでかけました。何かいてると撮りやすい西の公園に原付に乗ってGO!バイクを置いて暗がりをのぞきましたがなんにもいてません。なんか静かな雰囲気がただよっています。少し歩いたところでキビメスらしいものを見かけましたがちょっと遠い。今日はハズレの日やったかな?と思いながらも西側に移動。カワセミの若が池の所でこちらに向かって飛んできましたが、とまりかけて向きを変え木の中に隠れてしまいました。う~・・・カワセミはいつでもいてるからええかな。しかし、その後なんにも現れません。10時ごろやっとオオルリを発見。遠目で暗いし枝かぶりで撮りにくい所です。それでも、今期初もなので証拠写真をと思って動くと何か目の前を飛びました。え?ちょっと地味だけどエゾビタキ?・・いや、このぼやけたような縦斑が胸全体を覆っているのはサメビタキですやん!色のついたオオルリを狙うか、目の前のサメビタキを狙うか、ちょっと迷いましたが、やっぱり目の前で撮らしてくれそうなものをチョイス。オオルリよりもサメビタキの方が遭遇率は低いと思うんですよね。

Samebitaki1214この地表ちかくの低い枝がお気に入りのようで、なんどもこの枝からブーメランみたいに飛び出しては戻ってきてました。

                 Samebitaki1314 Samebitaki1414

と、いうことで横向きやら後ろ向きやらいろんな角度から撮れました。

Samebitaki1514サメビタキに遊んでもらってるうちにオオルリはどっかに行ってしまい、わからなくなりました。しかたなしにほかの鳥を探してると、どうやら杜鵑類がいてたみたいでしたが飛んだのを見ただけで撮れず。

Ooruri3114この公園でいつもお世話になってる人がオオルリ♂を見つけてくれましたので撮ろうとするんですがすぐに飛んでしまい、まともなのが撮れません。目で追いかけてると・・・

Ooruri3214あれ?もう一羽いてますやん!オオルリというとこのシーズンは半分青くなったような若鳥とかはよく見かけますが、きれいな成鳥の雄が2羽同じところにいてるなんて。

Ooruri351450倍で撮影するとちょっと遠いかな・・・

Ooruri3314さっきの鳥と違ってまったりとしていて、羽繕いに余念がありません。

Ooruri3414やや上向きになるとちょっと精悍なか感じがしますね。久しぶりに色のついた成鳥が撮れたので今日はこれで機嫌を良くして仕事に行くことができました。

September 14, 2014

淀川のジャコウアゲハ

Jakouageha1214昨日チュウジシギが撮り放題だったというんで、ひょっとしたら今日もまだいてるんではないかとひそかな期待を込めて再び緑地へ。チュウジシギがいなくてもひょっとしたらまだ見たことのないトンボが朝なら飛んでるかもしれないという思惑もあったんですけどね。

Yanagimatutake3214駅から続く緑道を歩いていてトウカエデの木の根元あたりからキノコがはえてるのに気がつきました。これはヤナギマツタケでは?トウカエデの木にもよくヤナギマツタケがはえるらしいんですよね。ヒダの下の内被膜がはがれてツバになってます。ちょっと虫食いが気になるけれどまだ許せるほうです。

Kawasemi21148時過ぎに到着して池の回りをうろうろしましたがウスバキトンボが飛んでるほかは大型のトンボはまったく飛んできません。昨日チュウジシギがいてたというあたりもなんにもいてなくてものすごく手持無沙汰。暗い森のほうに立ち寄るとカワセミがちょうど飛んできたので久しぶりに1枚。横向いてほしかったな・・・。もう12時ですので諦めて帰ることに。ンコ噴水の西側にあるシリブカガシが花をつけてましたので、もしかしたらムラサキツバメがいてるかもと思ってしばらく見てたのですが、今日はムラサキシジミも見つけられませんでした。

Hosootyou1114まっすぐ帰るには早いので最近淀川でホソオチョウが撮影されてるようでしたので川沿いを少し探すことにしました。ジャコウアゲハはよく飛んでいるので食草のウマノスズクサがはえてることは間違いないはず。おもいっきり草刈りされて坊主状態になることが多いので食草のウマノスズクサがいつもあるわけでもないし、ホソオチョウはあんまり移動をしないんですよね。何年か前にホソオチョウを撮った土手に来るとみごとに雑草の中にウマノスズクサは復活しておりその葉っぱにはホソオチョウのトゲトゲのある幼虫がいっぱいついてました。きっと成虫もどこかにいてるのでは思ってガサガサしてみましたが、成虫の姿はなし。

Jakouageha1114食草を同じくするジャコウアゲハの幼虫は大きいのから小さいのまでサイズは各種そろってましたが、サナギを見つけることはできませんでした。ジャコウアゲハの蛹って見たことないのでそこらを探しまくってたら2度も淀川の標識看板に頭をぶつけて帽子をかぶってたととはいえ痛い思いをしました。

Umanosuzukusa1114これがホソオチョウやジャコウアゲハの食草となるウマノスズクサの花です。下向いて咲いてますので少し持ち上げて正面が見えるように撮ってみました。

Jakouageha1314_2とまりそうでとまらないジャコウアゲハがやっと静止してくれました。背後にウマノスズクサがあり、ホソオチョウの幼虫もいてるのがわかりますでしょうか。成虫になるまで約1ケ月かかるらしいのでこの幼虫たちが飛び出すのは10月近くになってからかな・・・。それまで草刈りされずにこのままウマノスズクサがここにあり続けるとそれが見れるはず。
Usubakitonbo2114ホソオチョウを探してる時に目の前にウスバキトンボがとまってくれましたのでウスバキトンボの側面を撮って今日はおしまい。そういえばちらっとだけどここでアジアイトトンボと思われる個体を見ました。よく確認しようと思ったんですが、見失ってしまい撮れず。もしかしたら鉄橋下のクリークなんかを探すとアジアイトトンボがいてるかもしれませんね。近所の公園にもよって帰りましたが逆光でコサメビタキか何かを見ただけでこれも撮れずでした。今日は暑い思いをしたのにいまいち収穫少なかったな。

September 11, 2014

緑地キノコ

Husahimehoukitake1114お天気がすっきりしない中、昨日、一昨日とまだ見たことのないトンボが朝に目撃されてたようなんで今日はいてなかったとは聞いたんですが、ダメモトで行ってみました。ひょっとしたら夕暮れ時の黄昏飛翔でみれるかもと思ったんですけどね・・・。結果としては目的のトンボは見つかりませんでした。ということで今日もキノコです。トンボはダメでも見てみたいと思っていたフサヒメホウキタケというのを見つけることができたので一応収穫ありです。ベニイトトンボでもいてないかと思っておっきい池沿いに歩いていてトイレ近くで土塁止めの板になんとこれが生えてたんですね。もっと、深山幽谷にわけいらないと見れないのかと思ってたら意外と近くにはえてました。

Ginyanma1114一応トンボ目的で出かけたのでギンヤンマを久しぶりに撮ってみました。羽にうっすら色がついてるのがわかるでしょうか。夕暮れまで待ってアカメヤナギの木の上を摂食飛翔するトンボを見たのですが、ほとんどが羽にこういった色がついているのがわかったので大半はギンヤンマだったのかもしれません。もっとも他のヤンマ類も羽に色がついてるし、ヤンマの色が夕暮れではわからないのでほかのトンボが絶対にいてなかったとはいえませんけど・・・。

                 Kinoko9111 Kinoko9112

切り株の根元からはえてたキノコの集団とその成菌とおもわれるキノコです。今日は小鳥の森も真っ暗でコルリ若はいてるみたいなんですが暗いし遠いのでパス。森を西側に抜けたあたりでみつけました。傘の裏は白いヒダがあったみたいですけどこのキノコはなんでしょう?

Kikurage3114
松の切り株にキクラゲがはえてました。ちょっと色が薄い目やんね。

Kinoko9113よく見かけるタイプのイグチ類・・・でも名前はわかりません。

Akahatu1114おそらく大阪城公園で見つけたものとおんなじ種類かと思いますが、アカモミタケなのかアカハツなのかよくわかりませんね。なかなかきれいな蜜柑色をしてます。リング状の模様がほとんどわからなくて傷ついたところは青緑に変色してます。独断と偏見でアカハツとしときますけど、どうでしょう?今日は日没までねばってみましたが目的の珍トンボは確認できませんでした。朝早く緑地まで行ける人は是非捜索して見つけたら教えてください。

September 08, 2014

ヨタカの城

Yotaka1114やっと雨もあがった日曜日、今日こそは何か鳥を撮りたいなと思ってたらお城で夜鷹が客をひいてるという情報が・・・。これは何はともあれお客さんにならないわけにはいかないということで急いで支度して登城。梅林やときいたので駆けつけるとカメラマンがうろうろ移動してました。一歩おそく、今飛んだばかりやというんでがっかり゚゚(´O`)°゚ しかし、さすがにたくさん人が集まってると移動先を見つけるのも早く梅林南側で発見。しかし、下からでは私の目にはまったく見えません。落ち着いたようなので上に移動して、いてる場所を教えてもらいましたが、最初の場所は体はよく見えるけれど顔が葉っぱに隠れて見えません。なんとか人様の後ろでしゃがむと見えるという場所でヨタカを撮ることができました。

Yotaka1214とくに何か芸をしてくれるわけではないので何枚か撮れたらしゃがみっぱなしではきついので一旦離脱。おんなじ考えの人が場所をゆずってくれたのでそこでもまた少し撮影。顔をあげて体もよく見えるのが撮れました。

Yotaka1314おアップを頂戴いたしました。枝だらけの場所だとオートフォーカスではまともにピントが得られないのでついつい大きく撮ってしまうんですよね。見てない時にかぎって少し動いたり口をあけたりしたようですが、ずっと電源いれてるとミラーレスではどんどん電池が消耗していくので撮らない時はオフになっていて、これでチャンスをものにするのは難しいかも。それに一旦目を離すと見失ってしまうので人のシャッター音を聞いてからでは間に合いません。

Yanagimatutake2114木曜日にみつけた椎の木にはえていたヤナギマツタケと思われるキノコを見てきました。ヒダを覆っていた被膜はすでに剥がれ落ちていてその名残のツバの破片が柄にこびりついてます。

Koruri2114コルリ若♂がいてるというんで少し遊んでもらいましたが、離れて撮ってるとあとで見て、ピントがあってないものばかりでよさそうなのは大半ボツでした。

Kibitaki12114今日はサンコウチョウやサンショウクイもいてたというんで何かほかにも撮れるだろうとうろついていて見つけたキビタキ♀。う~ん・・・これが成鳥オスだったらきれいなんだけどな。でも、いいポーズをみせてくれたキビ♀に感謝 confident

Yotaka1414もう一度ヨタカの所に戻るとヨタカの向きがさっきとは変わってました。多少は枝がかぶるけれどいい場所に入れてもらってまた少し撮影。

Yotaka1514もういいかなと思って目を離したら少し動いたみたいです。ヨタカだってずっと同じ姿勢ばかりでくたびれますよね・・・

                 Kinoko973 Kinoko9731

トンボでも探すつもりで歩きましたが今日はこれといって見つけられなかったのでキノコでも。イグチ類も新しいのが出てきたようなんできれいなのを撮ってみました。アワタケなのかなんなのか相変わらずわかりません。

                 Kinoko971 Kinoko972

前回きれいな茶色のキノコを撮った場所にいってみましたが、雨にうたれてすっかりボロボロになってました下から撮ってみましたが、すっかり万歳していてヒダの様子や地中から出てるのではヤナギマツタケではないのかも。チチタケみたいなんを一本抜いてみると以前ここらにはえてたのとはまた違ったきれいな色が裏面に見てとれました。緑変したり赤味のあるヒダはアカハツタケかも?

Kosamebitaki1114知り合いがコサメビタキを撮ってたのでちょっとご一緒させてもらいました。

Sasakurehitoyotake1114帰りがけに見つけたササクレヒトヨたけです。昨年もたくさん撮ったのでこのキノコだけははっきり何者かわかるようになりました。食べられるそうですが、毒キノコの幼菌もよくはえてるのでこんな所にはえてるのは食べない方が賢明でしょうね。

September 05, 2014

舞妓さんとお城茸

Maikoakane2414休みとお天気がかみ合わなくて、ここんとこ休みのたんびに雨。前回の休みの日は雨で外出しなかったら、その日お城では鳥の出がよくって少人数でいろいろと撮れたらしい。といことで今日は雨がやんだので午後からお城に様子見にいってきました。

Yanagimatutake1114ところがせっかく電車賃をはらってやってきたお城は今日はまったく鳥っ気がない。雨あがりは鳥の出はよくないというが、雨で昨日からの居残り組を期待したのに見事にはずれてしまいました。鳥がいてないならキノコがあるさと考え直して、木の上にまるで置物のようにはえていたキノコを見つけました。柳の木ではないけれど、ヤナギマツタケだと思うんですがどうでしょう。まだ若いのでヒダが被膜で覆われてみえませんね。

Naratakemodoki2114遠くから見ても木の根元になにかはえてるなとわかったナラタケモドキ、一応一本ぬいてツバがあるかないか確かめてみてツバなしなのでナラタケモドキとしました。

Maikoakane2314今日もマイコアカネがいてるかどうか探しに行きました。すぐに見つかる時もあればどこかにお出かけで見つけられない時もありいので、今日はなんとか自力でも見つけることができました。暗い場所なのでストロボをいつも使うんですが、何枚か感度をあげてストロボなしで撮ってみました。

Maikoakane2114ストロボありで正面から見たマイコさんです。羽があがった状態のが撮れました。

Maikoakane2214真横から見たマイコさん。尾の端がちょろっと上に向いてるのがわかります。蚊の多い場所でマイコアカネも時々飛んで蚊を捕食するのに都合がいい場所なんでしょう。蚊の餌になるカメラを持った人間も来てくれるしね・・・

Koganekinukarakasatake1114コガネキヌカラカサタケと思われる、薄黄色の小さなキノコを桜広場でみつけました。

Oosirokarakasatake2114白いキノコはよく見るんですが、あまり撮ることがないんで道端にはえてたのを一枚。あまり大きくないけれどオオシロカラカサタケではないかと思うんですよ。

Kinoko941なんか食べられそうな感じのキノコの集団。きれいな茶色で、これも裏面にはヒダがありません。地面から直接はえているけれど、もしかしたらこれもヤナギマツタケかも???ということで今日はこれまで。

« August 2014 | Main | October 2014 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ