« キタマゴタケ | Main | 甲虫類少なし »

July 22, 2014

タマゴタケとミヤマカミキリ

Tamagotake131412日のココログの投稿に不具合が生じてたようなので再投稿です。

梅雨もあけて夏本番、トンネルのむこうがわへ虫探しにでかけました。

                 Kotyabaneseseri1114 Komisuji1114

コチャバネセセリコミスジ。山ではごく普通にいてる蝶たちですね。

Hagurotonbo1114

ハグロトンボもあちこちにいてます。カワトンボの仲間だけど川の近くの林のなかでよくみかけます。

Usuhiratake1114_2

Usuhiratake1214昔は人家があったんだろうなと思われる脇道をのぞくと倒木にたくさんついていた白っぽいキノコ。裏側にはヒダがありサルノコシカケとは違う感じで、うすく柔らかそうです。たぶんウスヒラタケだと思うんですけど、どうでしょう。







                 Itimonjityou1114 Tubamesijimi2114_2

イチモンジチョウツバメシジミ♀。川のほうにもおりようかと思ってたら曲がり角にアライグマの亡骸らしきものが横たわってたのでパスsad

Kabutomusi1114  よく甲虫類がいてる木ですが、今日はカナブンのほかはカブトムシ♀が一匹。クワガタムシの姿はなし。

Oomurasaki1114  逆光でよく見えなかったけれど、上にはオオムラサキもいてました。まあ、いてたということで証拠写真を camera

Tamamusi1114  さらに先に進むとタマムシがいてました。カメラを持ち替えた時にへんなところをさわってしまったらしくフォーカス枠が移動してしまっていてせっかく撮ったのに全部右寄り。じっとしててくれると気がついたんだと思いますが、タマムシは動き回るので追いかけるのに熱中して最後まで気がつきませんでした。もちろんこの画像はトリミングしてます。

Tamagotake1214_2

Tamagotake1114_5対岸のハイキングコースものぞいてきましたがこれといったものに遭遇しません。桜守の山荘跡をのぞくと高い位置にタマゴタケをみつけました。傘の開いたのは倒れていてさわると崩れてしまい、あとはこの頭がのびてきた赤玉子だけ。反対側をとりたいので斜面をのぼって撮ったのが左の写真。暗いのでストロボを使いましたが、肉眼で見た色はもっと真紅に近いような鮮やかな赤でした。無理してでもストロボなしで撮っておくべきだったかな・・・。

Miyamakamikiri1114

Miyamakamikiri1214_2今日はいま一つだったなと思いながら駅に戻ってきてホームにあがると見つけたのがミヤマカミキリ。今日はこの無人駅につくとすぐにミヤマカミキリがあるいていて撮ろうとして飛んで逃げられたんですよね。足元にはほかにも踏みつぶされたミヤマカミキリとかひん死のミヤマカミキリが横たわっており、このほかにも駐輪場にも2個体倒れてました。一か所にミヤマカミキリがこんなに集まってくるなんて・・・。ミヤマカミキリは夜行性なので昼間はじっとしてるんですけど、きっと駅の灯火に集まってきたんだと思います。一応、最後の最後に大物が撮れましたので気分よく電車に乗り込んで今日はお終い。

« キタマゴタケ | Main | 甲虫類少なし »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« キタマゴタケ | Main | 甲虫類少なし »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ