« 甲虫類少なし | Main | はじめてのキベリハムシ »

July 28, 2014

たぶん、若いタカネトンボ♂

Takanetonbo1114前回、行くつもりで出かけたけれど時間的にダメだったヘルメットマウンテン下の植物園。樹液のよくでるサトウカエデと思われる木がここにもあるので期待してたのですが、ここもカナブンがいてるだけでほかの甲虫類は姿なし。何かほかにいてないものかとうろうろしてると私の体のまわりを何かがグルグルッと飛んで暗がりにとまりました。尾に斑紋がないトンボで体に緑光沢が・・・。タカネトンボの未熟なオスだと思うのですがどうでしょう。

Takanetonbo1214真後ろから見るとこんなんで、背中には黄色い模様が見えます。

Takanetonbo1314横から見た画像です。タカネトンボというと金緑色に輝く目と胸が印象にのこるトンボなんですが、未熟な個体だと目は茶色だし、胸と背中には黄色い斑紋が見えます。エゾトンボ、ハネビロエゾトンボ、タカネトンボは非常によく似てるトンボで区別するには尾の先の形で判断するといいますが、尾の先をアップで撮ることなんかないし、角度によってはまったくわかりません。トンボのマタンキの前の黄色い斑紋の形がきれいな台形に見えるのでタカネトンボと判断したんですけど、さて・・・・。

Takanetonbo1414以前、初谷で目の茶色いタカネトンボを撮ったと思うんですけど、その時はかなり高い場所にとまったんで目線の高さで静止した姿を撮るのは初めてです。あの時、胸の模様はどうだったかな?

Hanmyou2114しばらく園内を散策したけれどハンミョウが撮れたほかはこれといって何も撮れなったので外を流れる川におりて薄暗い場所で一服してると産卵に来た大型トンボが一匹。打水産卵?してたのでオニヤンマかな?と思って立ち上がったらどこかに消えてしまいました。前回といい、今回もこの手のトンボには縁がありません。

Yotusujitorakamikiri1114自然観察池までバイクで引き返してそこから山の北側の遊歩道を歩いてみることにしました。いままで東側から遊歩道を歩いてキャンプ場の向こうまで歩いたことはあるけれどその先は歩いたことなかったんですよね。歩いてみるとかなり道は細いし、しかも下りで石だらけの歩きにくい道。やっぱり東側から人が歩くキャンプ場あたりまではきれいで歩きやすくなってるんですね。目の前の木にヨツスジトラカミキリがいてたので1枚。ここで見るこの手のカミキリムシはいつも同じですね。

                 Kinoko7281 Kinoko7318

頑張ってキャンプ場や湿原のあるところまで歩いたけれど、ほかに昆虫には出くわさなかったので引き返してキノコを撮って帰りました。数日あいただけでキノコはすっかりなくなってましたね。新たに出てきたキノコでこれはまあ、きれいだと思ったのが上の2種類。左のキノコはカバイロコナテングタケで、右の黄色いのはハナガサイグチだと思うんですけど、どうでしょう? ということで、今日はタカネトンボの若様が撮れたのは収穫でした。今度あうときは立派に成熟してメタリックな輝きを撮らしてほしいものです。

« 甲虫類少なし | Main | はじめてのキベリハムシ »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 甲虫類少なし | Main | はじめてのキベリハムシ »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ