« 今日もキノコ | Main | 初見のアカガシラサギ »

July 15, 2014

茸と昆虫

Asibosonoboriryuutake1214珍しく日曜、月曜と勤務が休みとなったのに今日も目が覚めると雨だった・・・。もしも止むようだったら出かけるかなという気で寝ていたらいつの間にか雨はあがってました。ちょっと遅いけれど支度してJRの駅に向かいます。ぼ~っとしていたらもう目的の駅に着きました。曇ってるけど日がさしてない方がこの時期は暑さもましで歩きやすいんですよね。

Kiiroiguti1214川沿いに歩いていて山道にさしかかるあたりで見つけた黄色く粉っぽい感じのキノコ。あ、今日は虫を撮るつもりででかけたのに、どうしてもキノコに目がいってしまいます。キイロイグチだと思います。

Kesyouhatu2114後のやつはわからないけど、どことなく黄色っぽい感じの白地にピンクのキノコなんでケショウハツでは?

Hosobaseseri1114目の前の笹に蝶がとまりました。お~、ホソバセセリじゃありませんか。久しぶりに蝶を撮ったという気がします。

                 Siroibokasatake1114 Kibokasatake1114

シロイボカサタケはともかく、アカイボカサタケというのはオレンジ色に近い色やね。え?これがキイボ? そうかなあ・・・

Turutake1114つる茸じゃ~っ! マンガ本の裏にある単行本広告に昔やっていた「つる姫じゃ~っ!」というのがあり、頭に残っていたのでいつかツルシギが撮れたらツルシギじゃ~っ!というタイトルのblogを書こうと思っていました。残念ながらツルシギにお会いすることはいまだにありませんがツルタケ?が撮れたんで使ってみました。ちなみに「つる姫じゃ~っ!」というマンガはまだ読んだことありません。あとでわかったんですが、これはツルタケではなくてよく似たタマゴテングタケモドキというやつかもしれません。ツルタケモドキというのもあるらしいのでどれが正しいのか考えものです。

Turutake1214たぶんこれがタマゴから頭を出したばかりのツルタケではないかと思います。

Aitake1114図鑑に載ってるキノコに遭遇しました。アイタケというやつですね。でも、かなりの面積を虫に食われてしまってるのが残念。と、ここまでが池にたどり着くまでの道でみかけたキノコと蝶です。ここからは公園内編。

Anzutake1114樹液の出る木に甲虫類やオオムラサキがきてないかと思ってパークセンター方面に上っていて見つけたアンズタケ。名前は知ってましたが実物を見るのは初めてかも。たくさんはえてるわりにはペシャッとなったものばかりでちょっとがっかり。

Asibosonoboriryuutake1114同じ場所にアシボソノボリリュウタケをみつけました。ちょっと色がうすいけどこれもクロアシボソノボリリュウタケでいいのかな?

Asamaitimonji2114アサマイチモンジがウロチョロしてましたので羽の表を撮ろうとねばってみました。けっこうきれいな個体です。

Kanabun1114絡み合うようにカナブンが2匹飛んできました。どうもオスとメスみたいですね。へえ~カナブンのアレってこんなんか・・・

Kuroasibosonoboriryuutake1114カナブンから目を離すとここにもクロアシボソノボリリュウタケをみつけました。

Oosentikogane1114甲虫類目当てで樹液の出てる木を探して歩いてると落ちてたキノコにむしゃぶりついてるオオセンチコガネがいてました。この虫もキノコが好きでキノコの下に穴を掘ったりしてます。いつか京滋にいてるミドリセンチコガネを見たいと思ってるのですが、この時期ならキノコが多いので見つけやすいかも・・・ンコを用意しなくてもいいしね。

Miyamakuwagata1114甲虫やクワガタがきてる木を探してるとかなり高い木の真っ暗な部分になにやら気配が・・ミヤマクワガタがいてるということがなんとなくわかりました。

Zukintake1114続いてバードバスの丘へ。ここも猪に堀かえされてるのでキノコの出はあまり期待できないかも・・・しかし、ズキンタケがけっこうはえてました。

Kuronoboriryuutake2114けっこうノボリリュウタケがはえてますやん。クロノボリリュウタというやつですね。背の低いのばっかりです。一本一本、形が違って面白いですね。

Janometyou1114ジャノメチョウを久しぶりに見ました。今日ぐらい蝶に遭遇しないとジャノメチョウでも大収穫です。それに今期初撮り。

Hikagetyou1114樹液の出てる木とかキノコがよくはえる林のあたりに移動。ハンノキの湿地でミドリシジミの生き残りを見つけました高い場所でお食事のあとは葉っぱの裏にまわって休憩モードに入ってしまったのでパス。樹液の木でクロヒカゲをみつけました。色薄いからヒカゲチョウと思ってましたがクロヒカゲでいいのかな?

Tamagotake大きなキノコはすでにバラバラにされてるか傷んだものばかりでしたが、きれいなキノコが一本。あとで見るとタマゴタケでは?と思うほどきれいなキノコでしたが、柄の模様もないし、色も茶色っぽい。カバイロツルタケだと思うんですけど、どうでしょう。

Nioiwatititake2114ニオイワチチタケというのがまだありました。きれいな個体はまだ撮ってなかったので収穫ありです。

Uramurasaki1114休憩所に行ってみるとウラムラサキと思われるのがたくさんはえてきてました。ここのウラムラサキは肉眼で見ると紫というよりは海老茶色といった感じの色に見えるんですけど、まあ裏は紫色なのは確かです。

Kuroageha1114帰り道を急いでるとクロアゲハが吸水に降りてるのに出会いました。やたらせわしなくてほとんど撮らしてくれませんでしたが、やがて動きがとまり川の向こうの木にとまりじっとしてしまいました。クロアゲハも撮れたことだし、キノコも蝶も撮れてよかった、よかった。キノコはもっとたくさん撮ってるので名前がわかるようなキノコがあったら追加したいと思います。

« 今日もキノコ | Main | 初見のアカガシラサギ »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 今日もキノコ | Main | 初見のアカガシラサギ »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ