« 近くの公園のキノコ | Main | 茸と昆虫 »

July 14, 2014

今日もキノコ

Wakakusatake1314
梅雨前線の通過で今日は雨、雨雲レーダーでも横に長く雨の地域が広がりすぐにやむことはなさそうなので安心して惰眠をむさぼってたら、クマゼミの鳴き声がどこからか聞こえてきました。もう昼前でしたが外を見ると雨はあがっていてアスファルトも乾き始めてます。う~ん、どうしようかなとは思ったものの、万博公園で珍しいワカクサタケやらテングノメシガイとかいうキノコがあったときいてたので昼からそれを探しに行ってみることにしました。

Tengutake1114_2公園の中央ゲートから入ってすぐのヒマラヤスギの下あたりに今日はテングタケが出てました。

Kinoko73114シロハツみたいなんも生えてますが、公園内を歩くと今日はこの白いのがものすごく増えていて、いたるところで大発生。

Iguti7114売店裏の林ではイグチの仲間がまたたくさんはえてました。

Kareedatake2114ホウキタケの黄色っぽいのもはえてます。この薄い黄色ってうまく色がでないので今日はホワイトバランスを曇天モードにしてからストロボを使ってみました。

                 Iguti7214_2 Iguti7414

イグチの仲間って名前がよくわからないんですよね。今日はイグチも公園内あちこちで邪魔になるぐらいはえてました。

Iguti7314せめて特徴が良く出てる傘も柄もおんなじような色のイグチだけでも名前がわかるといいのにね。

Kinoko7214これも沢山はえていたけど、なんというキノコでしょうね。簡単なキノコ図鑑ではわからんものが多すぎます。

Kinoko7414カメラを下に置いてビューファインダーを開くと林を背景にした写真が撮れます。しかも広角のままだとほぼ0距離で撮影可能なのでキノコの撮影にはやっぱりSX50HSは重宝します。

Tengunomesigai1114なんか雲行がまたあやしくなってきましたので、急いで目的地へ。あたりが暗いもんですから小さなキノコを探すのが難しくなってきました。しかも湿度が高いんでメガネまで曇ってきます。なんとかそれらしいのを見つけましたが、もうちょっと大きくなってると撮りやすいんですけどね。ということでテングノメシガイです。

Tengunomesigai1224小さいなりに大きいのもあるんですが、そういったのは密集してはえてない感じで画面が寂しいんですよね。ちなみにテングノメシガイとはどうやら天狗のシャモジのことみたいです。う~ん、そういえばシャモジのようにみえなくはないかな・・・

Wakakusatake1114で、もう一つのお目当てのキノコがワカクサタケという緑色のキノコ。これも小さなキノコで0距離作戦で撮るとこんなんです。この時期、苔の緑がきれいなんで同系色の色のキノコでも結構いい感じに写ります。

Wakakusatake1214傘が開いてしまうと、もう緑色でなくなってしまうみたいでしたが、一応記念写真を撮っておきました。

Kareedatake2214さっき見たホウキタケよりはもっと大きく育ったのがはえてる所がありました。

Usukitengutake1214売店前のトイレあたりで色の薄いテングタケをみつけました。う~ん、テングタケというには色が薄すぎるのでウスキテングタケかも?

Usukitengutake成熟しすぎた個体もありました。この前のヒメコガネツルタケとはあきらかに大きさが違います。もっといろいろ探したいところですが、もう閉園時間がすぎてますので今日はこれまで。お昼からだとこの広い公園を半分もまわることができません。

« 近くの公園のキノコ | Main | 茸と昆虫 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 近くの公園のキノコ | Main | 茸と昆虫 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ