« ウラゴマダラシジミ@神戸 その2 | Main | 唐白鷺のリベンジなる »

June 13, 2014

ウラギンヒョウモンを撮りたい!

Uraginhyoumon1214_4
お天気が今日は不安定だというんで雨雲レーダーを見てから雨をさけるつもりで赤い橋の公園に行ってきました。ナラガシワなどが多くある公園なのでさぞゼフィルスがたくさん見られるだろうと思ったのですが・・・。見たことのあるゼフィルスよりももっと興味あるものが現れてそれどころでなくなりました。

Ookinkamemusi1114駅を降りて神社横から公園に入るいつものコース。小さなお寺さん横の空き地?に栗の木が2本。そのうちの一本にオオキンカメムシを見つけました。一匹だけではなくけっこうな数が集まってるように見えました。

                 Ookinkamemusi1214 Ookinkamemusi1414

オオキンカメムシはうちの近所でも以前見たことがあります。南方系のカメムシできれいなオレンジ色に黒い大きな斑紋。お腹のあたりはメタリックな紫色といった色合いをしていてとてもきれいな虫です。果実の汁を吸うらしいのですが、栗の花の蜜も吸うんでしょうか?

Akasijimi5114栗の花といえばゼフィルス類を呼ぶ花なのでアカシジミが何頭かいてましたが、ミズイロオナガシジミとかほかのゼフィルスは見つけることができませんでした。

Isigaketyou1214ここの名物蝶の一つ、イシガケチョウもいてました。栗の花でこの蝶を見たのは初めてです。

Kimadaraseseri1114小さなキマダラセセリもいてます。羽の裏側を撮りたいのですが、すぐに開いてしまってなかなか裏側を撮らせてくれません。ここはすぐ横に住宅があって目線の高さで人のうちがのぞけてしまうので、あんまり長居をすることができません。撮るものも撮ったし公園の坂を上ることにしました。

Hiratake1114川沿いを歩いてやっと赤い橋にたどり着くと雨が・・・。すぐにやむとは思いましたが、ちょっとうっそうとした暗い森の中にひっこんでひまつぶしにキノコでも。ヒラタケかな?なんか色が白っぽいけどウスヒラタケといのもあるらしい。

Hiratake1214ひっくり返して裏も撮ってみました。柄のないキノコやけど、カワラタケやサルノコシカケとは違うのはわかります。

Akasujikinkamemusi1114やっと雨があがって日さしだした頃、ぶ~んとあおい虫が飛んできて枝先にとまりました。カメラを通してみると、ぜひもう一度撮ってみたかったアカスジキンカメムシですやん。あまりにも遠く小さいのでSX50HSでなければこの大きさでは撮れないかも。

Akasujikinkamemusi1214じつはこの個体の前にもう一匹見つけたのですが、全体が見えないし、すぐに見失ってしまったのでちょっと惜しい思いをしてたんですよね。

Akasujikinkamemusi1314大人しいけれどやっぱり少しづつ動いて移動するのでいい角度のものがなかなか撮れません。おまけに橋の上からですので人が来たりするとよく揺れます。

Utubogusa1114さて、展望台まで登ればゼフィルスがいてるかもとは思ったけれど、雨があがったならここらでもゼフィルスが出てくるかなと思いそこらへんを捜索。残念ながらゼフィルスはさっぱりだったのでヒメジョオンのほかによく咲いていて目立った花をパシャ。この花はウツボグサ、花の名は花があつまってついてる部分が弓矢の靭(矢をいれる容器)みたいだということからきてるとか。

Uraginhyoumon1114うろうろしてる時に赤っぽいヒョウモンチョウの仲間を発見。あなたは誰さん?とカメラをのぞいてびっくり羽の裏には白い斑紋が沢山見えます。こ、これは今まで見たことなかったヒョウモンチョウの一種、ウラギンヒョウモンでは!え~~~~っ、草原の蝶ウラギンヒョウモンがこんなところに。標高の高い山では見ることもあるらしいけどここは低山の上にあまり広くもない草地の斜面ですやん。とにかくGETしなければ!ということで接近を試みましたがよくかぶってるし、おまけによく動きます。せめてカブリのない位置を探して何気に動いてしまい、ウラギンヒョウモンは飛んで行ってしまいました。すぐに走ってでも移動先を見定めればよかったのに見える場所に戻ってくるのを期待してじっとしてしまったのでそれまでになってしまいました。撮れたのはピンボケも含めて3枚だけ。お、おれのアホー!!!せっかくのチャンスの逃してしまうとは残念無念。高原や開けた山頂に行くこともないので電車で行ける所でこれに出会うことなどもうないかもしれへんのに。きっと生駒の山の上から降りてきた流れ者のウラギンヒョウモンやったんやろね。誰かウラギンヒョウモンが安定して撮れる所を見つけて連れて行って~!

Utubogusa1214ということで、ゼフィルスなんか無視してひたすらウラギンの呪文を口の中で唱えつつ待ったけれど雨雲がまた接近してきたために下山。待ってる間にウツボグサにとまったキチョウを撮って終了!はぁ~ぁ・・・

« ウラゴマダラシジミ@神戸 その2 | Main | 唐白鷺のリベンジなる »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ウラゴマダラシジミ@神戸 その2 | Main | 唐白鷺のリベンジなる »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ