« ウラゴマダラシジミ@神戸 その1 | Main | ウラギンヒョウモンを撮りたい! »

June 10, 2014

ウラゴマダラシジミ@神戸 その2

Mizuiroonagasijimi2114続きです。メインの道を下って次の建物に入りました。窓や入口はあいてるので建物の中にまでテングチョウが入り込んでます。中庭に入るとテングチョウ以外のものを見つけました。小さなミズイロオナガシジミです。こんな所に降りてきてるということは高い所を飛び回ってる白い蝶はウラゴやルリシジミばかりでなくミズイロオナガシジミも混じってるのかもしれませんね。

Uragomadarasijimi1814建物から外に出て、なにやら鐘を鳴らすところのあたりで休憩してると白いのが咲き残ってたイボタノキの花にとまりました。お~、これはきれい。まだ擦れてないウラゴマダラシジミがいてたんや。

Uragomadarasijimi11214食後地面近くにとまって開翅もしてくれました。こういう時に限ってピントが合わなくて2枚しかとれなかったんですけどええのが撮れました。

                 Uragomadarasijimi1714 Uragomadarasijimi11114_2

その後もウラゴは見ましたが近くに飛んできてとまってくれるものはすべてぼろっとしたものばかりでにっこり笑ってVサイン・・じゃなくてV字開翅してくれたものの今一つ。あとは高い所を飛び回っていてどうしようもありません。

Akatateha3114きれいなラベンダーの花でアカタテハを見つけました。羽の裏は地味ですけどわりと好きな蝶なんですよね。

Monkiageha2114咲き誇る花々にはアゲハチョウの類がよく吸蜜に飛んできます。モンキアゲハはよく見かけました。花はダイアンサスの仲間かな?

Kuroageha1114木製のテラスにもクロアゲハは来てました。アゲハ蝶の仲間は赤い花を好むのですけど、この子は横の薄紫のバーベナがお好みのようです。
Bodaiju1114ボダイジュの木にもテングチョウはたくさんとまってました。この木にはカノコガの仲間がよくついてたと思うんですが、今日はガなんかよりもこのテングチョウの天下でした。ここのは西洋菩提樹といわれてるやつですね。釈迦がその木の下で悟りをひらいたといわれるインドボダイジュとはまた別モノですけど、シューベルト作曲の「菩提樹」はこの木でいいみたいです。それにしても今日はウラゴマダラシジミをよく見ました。こんなにたくさん見たのは初めてです。いままでここにきても飛び回ってるので気が付かなかったのか、時期が悪かったのかしれませんがあまり沢山のウラゴは見たことなかったんですよね。その後山をおりるとそこでも道の上をウラゴが飛んでるのを見たし、アカシジミも2頭地べたにとまってるのを見ました。もしかしたら山の上に行かなくても下のほうでも見つけられたかもしれませんね。今年はゼフィルスも豊作みたいでええことです。

Naganijigomimusidamasi1114今日のオマケ。光線の向きがあまりよくなくてきれいな色がでてませんが、ナガニジゴミムシダマシと思われる昆虫を見つけました。虹色の光沢がある虫で朽木に住み、キノコなんかを食べるそうです。

« ウラゴマダラシジミ@神戸 その1 | Main | ウラギンヒョウモンを撮りたい! »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ウラゴマダラシジミ@神戸 その1 | Main | ウラギンヒョウモンを撮りたい! »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ