« けりっ子&ムギマキ | Main | 三光鳥と小瑠璃 »

May 06, 2014

銀一さんが少ない?

Ginitimonjiseseri1514 私としては珍しく3連休だったのですが、昨日は雨でどこにもいけずに家でゴロゴロ。休養たっぷりで今日はどこに行こうか・・一昨日は鳥探しに行ったので今日は気になってたギンイチモンジセセリを撮りに行ってみることにしました。駅から近い所で撮れると続いてほかの撮影地にまわることもできて便利なんで先ず近場から。しかし、そこらへんをガサガサしながら草むらに入っても飛ぶのはヒメウラナミジャノメばっかり。昔は雉がいてたりした場所なんですが今日は対岸から遠い声が聞こえてくるだけ。川の合流部なのに道の上を水が流れてるといった不思議な場所でしばらく捜索し、やっぱりいつもの場所に行ってみることにして、川沿いに移動です。本当は道路に上がった方が距離が短くていいんですけど、何かいてるかもしれないしね。

Huji1114 ということで見つけた目の前に垂れ下がってたフジの花。ここんとこ、ハマエンドウ、クサフジとマメ科の植物を撮ってますが、この花もマメ科です。マメ科の植物は今が花時なんでしょうね。

Huji1214 対岸を見るともっと沢山の藤が垂れ下がってました。う~ん、きれいです。

Tumakityou4114 目的地につくと河原でピクニックしてる団体さんが・・・虫探しでうろうろされるのも気になるでしょうから少し離れた場所でさがします。モンシロチョウなんかがカラシナの花の周囲を飛び回ってましたが、その中にツマキチョウ♂を発見。この時期にまだオスのツマキチョウが元気に飛び回ってます。

Tumakityou4214 完全に全開した状態を撮ってみたいところですが、たいていこれぐらいしか開いてくれませんね。

Miyamaseseri1114 なんと、ミヤマセセリまでどこからか飛んできました。今年はスプリング・エフェメラルといわれてる蝶のうちミヤマセセリだけは撮れてなかったんですよね。この時期になってやっとですが、さすがに擦れてます。でも、きれいな方です。

Dabidosanae1114 もうちょっと先まで歩くと河原は途切れてしまうんですけど、その近くまで来てトンボを発見。これは、もしかしたらまだ見たことのないトラフトンボかムカシトンボか!?と思いきや近づいてみたらダビドサナエですやん。まだ、目の色もはっきり出てない若いメスのトンボです。成熟したトンボになるのに羽化からいったいどれくらい日数がかかるんでしょうね?

Dabidosanae1214 羽のほうはもうつるっとした感じではなくなっていて、羽の縁がやや黒っぽいみたいです。最近はあまりダビドサナエも撮ってないのでどんなんか忘れかけてます。

Dabidosanae1314 風が吹いてユラユラしてるのでまったく安定してなくて、ピントが合わせづらいし、トンボ自体なんか葉っぱにとまるのに慣れてないといった感じで向きもきまりません。今年は久しぶりにダビドサナエのオスを撮りに箕面の滝道を歩こうかと思ってたところでした。

Ginitimonjiseseri1114 それにしてもお目当てのギンイチモンジセセリが見つかりません。ここらへんのススキなんかがはえてる所は一応全部たたいてみたんですけどね。車を連ねてやってきたばかもの達・・いや、若者たちがバーベQなんかを始めたので居づらくなってきて最初の合流部に戻ろうとしたところ、黒いのんがパタパタとんでいきました。これや!後からつかず離れず追いかけていきますがとまりません。やっと河原の石の上に着地。こっちも一脚を下して取りあえずのシャッターをcamera しかし、遠い!もう少し近づいて第2撃をきろうとしたところでまた飛んでしまい、川の流れの上で見失ってしまいました。

Ginitimonjiseseri1214 その後川沿いを戻り始めたところで再び遭遇。よし、適当な大きさで撮れたと思ったら枝?がかぶってますやん(。>0<。) 目で見た時はちょっと羽が切れてるのかな?と思ったんですけどかぶってたんですね。も少し右から狙ってたら欠けることなく全体が撮れたのに・・・残念!

Ginitimonjiseseri1314 その後迷走するギンイチモンジを追いかけ続けましたが、気温が高いとすぐに羽を開いてしまうみたいで裏面を撮りたいと思ってるのにうまく撮れません。

Ginitimonjiseseri1614 ピントが今一つ良くなかったんでトリミングしてませんが、この個体はメスで産卵してまわってるというのがわかりました。産み付けられた卵らしきものが写ってるのがわかるでしょうか?大阪府ではもう絶対いてる産地がないといわれてるギンイチですのでもっと数が増えほしいものです。

Benisijimi3114 けっきょく満足いくものは撮れずに駅ちかくまで戻ってきて、ついでにクロツのポイントを探してみることにしました。ほぼ今歩いた距離を対岸で歩くことになりますが、もう3時すぎてますんでこれからどこかには行きにくいんですよね。で、探し当てた場所は残念なことに山の東側になるのでこの時間はもう日が当たってなくて、日が当たってるとコデマリみたいな花も咲いてるので吸蜜する姿が見れるかもしれませんが姿は見れずでした。ハルジョオンの花にとまるベニシジミがきれいだったので1枚撮って今日は終了。連休最後の日にしては今一つでした。

« けりっ子&ムギマキ | Main | 三光鳥と小瑠璃 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« けりっ子&ムギマキ | Main | 三光鳥と小瑠璃 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ