« ゼフィルスはアカシジミから | Main | 今日もアカシジミ »

May 30, 2014

滝道のアカシジミ

Akasijimi2114
今日はひとつダビドサナエのオスを撮ろうかなと思って箕面に久しぶりに出かけました。ダビドは渓流のトンボなので以前は滝道を歩いてるとよく見たものです。それにアカシジミが川の向こう側の木の葉にとまるのをこの時期見ることができます。

Tumagurohyoumon2114いつもは阪神と阪急を乗り継いで箕面に行くのですが、今日はJRに乗り川西池田で阪急に乗り換えることにしました。駅に行くまでにマンション下の植え込みで見つけたツマグロヒョウモン♀を撮ってみました。ランタナの花は蝶に人気のある花でツマグロのほかにもアゲハチョウがきてました。

Yamasanae1214箕面の駅についてお土産物屋が軒を連ねる道を歩いてると低空飛行で飛ぶオレンジ色の蝶を発見。お、こんなとこでアカシジミを見るとは珍しい、今日はいろんなのが見れるような予感がします。川沿いを歩き出して最初のベンチに腰をかけカメラを用意してると近くにヤマサナエ♂がとまりました。黄色が鮮やかなまだ若いオスです。

Yamasanae1114ベンチのすぐ横の石の上にももう一匹とまりました。こっちはもう成熟したヤマサナエ♂ですね。

Akasijimi2514そしてアカシジミがひらひらと舞い落ちるがごとく降りてくるのが見えました。川の石の上にもとまりましたが近い方のアカシジミを撮ってみました。このあとアカシジミはいたるところで見ることになるのですが、ここでこんなにアカシジミが飛んでるのを見たのは初めてです。

Namazu1114以前も見たけれどナマズがお寺さんの前あたりの川にいてます。一匹だけだと思ってたのですが、今日見るとなんと2匹に増えてました。雑食性なんでしょうね、人が投げたパンくずまで食べてました。

Asahinakawatonbo1214今日ここで一番たくさん見たトンボがこのアサヒナカワトンボ♂です。成熟すると腹部が粉をふいて白くなります。

Asahinakawatonbo1314↑こっちがアサヒナカワトンボのメスです。

Miyamakawatonbo1314意外とたくさんいてたのがミヤマカワトンボです。まだ若いせいか愛想が悪くて撮ったろうと近づくと逃げられてばっかりでした。もちょっとしたら水の中を歩けるようにサンダルを持っていこうかと思ってます。

Akasijimi2214テングチョウがたくさん吸水に降りてきてる中、アカシジミもその仲間に加わってきました。ぐうぜんテングチョウの飛びものが写ってました。

Kinkamemusiダビドサナエを期待して石の上を丹念に見て歩いたのですが、ついに見つけることはできませんでした。トイレの壁にここで見られる昆虫の絵がかかってるんですけど、このアカスジキンカメムシもまた撮ってみたい昆虫の一つなんですね。今日はこのほかにモミジの名所らしくミスジチョウもよく見たのですが、撮れたのはピンボケ写真が1枚だけで、ほかのコミスジやホシミスジみたいにチンタラ飛んでませんし、ものすごく敏感です。

Kinoko5114木の階段下からはえてきてた小さなキノコの集団。イヌセンボンダケという名だそうです。梅雨が近づいてキノコの姿も増えてきました。

                 Akasijimi2314 Akasijimi2414_2

いくらゼフィルスでもアカシジミばっかりでは飽きてしまいます。帰る前にちょっと寄り道をしてプチ山登りで見たものがこれ↓

Kanzoutake1114まるでレバーのような赤いキノコ。その名もカンゾウタケというそうです。暗いのでストロボを使いましたが、そうすると赤っぽい色が吹き飛んでしまったような色になってしまいせっかくのレバーの色が出ません。帰ってからソフトで色相を少しマイナスにして赤味を出しましたが、ストロボを使う時ってホワイトバランスはいじるほうがいいのでしょうか?まあ、最後に珍しい茸が撮れたので今日はこれまで。

« ゼフィルスはアカシジミから | Main | 今日もアカシジミ »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ゼフィルスはアカシジミから | Main | 今日もアカシジミ »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ