« 紋黄揚羽と四十雀っ子 | Main | 勢力拡大中外来種カメムシ »

May 12, 2014

クロツ&シルビア

Kurotubamesijimi1314 日曜日はいいお天気だったのに休日出勤の日で仕事に出なければならず、朝早くから目は覚めていたので近場の河川敷に行ってから出勤することにしました。河川敷に出るともう日がきつくて陽炎メラメラで暑いこと・・・

Sirubiasijimi1114 そろそろシルビアシジミが姿を現す頃ではないかと思ってうろうろしてみました。一頭だけシルビアだと確認できるものを見つけて先ずは記念撮影。

Sirubiasijimi1214 飛んでた時の羽の色からメスと判断してました。が、羽を半開してくれたのを見ると青い色が見られます。あれ?もしかしたら擦れたオスだったかな?と思うぐらいにいい色に見えました。低温期に発生したヤマトシジミ♀にはこういった青色が出るのは知っていましたが、ほかのシジミチョウにもこんなことってあるんですね。しかし、今は低温期とはいえない季節なのに・・・。雄の開翅を撮りたいので時間いっぱいまで探しましたがついに見つけることはできませんでした。河川敷は暑いのでこんどは豊中側を探してみることにします。と、ここまでは昨日の話。今日は休みだけれどお天気は曇り。雨が降るまではかなり時間があるみたいだったのでクロツバメシジミを探しにトンネルのむこうがわに行くことにしました。

Kurokatabiroosamusi1114 この時期は山地を歩くとあちこちに毛虫、芋虫の類がぶら下がってたり這ってたりして難儀しますね。そういった幼虫類を狙って徘徊する虫もまたいるのです。オサムシはミミズとか虫とかを餌にしてる昆虫で、漫画家手塚治虫のペンネームはこのオサムシからきてるというのは有名なお話ですね。その手塚治虫も宝塚に住んでいたそうですからここらへんでオサムシを見たことがあったかもしれません。

Kurokatabiroosamusi1214 クロツバメシジミの食草ツメレンゲがはえる壁を見ていたら、なんとそこにもオサムシがいててじっとしてました。オサムシは早足で歩いてることが多いので撮ったろうとしても簡単には撮らしてくれないことが多いのですが、じっとしているのは珍しいなと思ってよく見ると食事中でした。おそらくクロカタビロオサムシというやつだと思います。じっくり見ることはないので気がつきませんでしたが、やや緑っぽい色をしてるんですね。蛾の幼虫などがメインディッシュみたいです。このあとほかにも食事中のオサムシを見つけましたが、ちょっと気持ち悪いと思うかもしれないので載せません。

Kamenokotentou1114 クロツは飛んでこないかなと思って、しばらくたたずんでましたがまったく姿はなし。オオルリなんかのいい声が渓谷に鳴り響いてるので聞き惚れながら目は虫探し。赤い色が目の中に飛び込んできました。テントウムシ?・・・それにしてもでかい!家に帰って調べるとカメノコテントウという種類だそうです。大きさ的にはカメムシぐらいはあるかもしれません。動きがあるともっと撮りたいところですが、じっとしてるのでほかを探すことに。

Kurotubamesijimi1114 やけにホオジロが騒いでるなと思ってたら雛鳥がうろうろしてて地面に現れました。ちょっとカメラの用意が間に合わなかったし、親鳥の雛を心配し鳴き続ける声に気おされてついに撮れませんでした。で、そこを通り過ぎた時に目に入った一頭のシジミチョウ。羽の色からメスのツバメシジミかヤマトシジミだろうと思いましたが、レンズを通してみると前翅裏面の斑点が太い。お、クロツバメシジミやな!と思って撮ろうとすると斜面下に移動されてしまいました。ツメレンゲの壁からはやや離れた場所なのにここらへんにも飛んでくるんやね。

Kurotubamesijimi1214 ここで失敗。カメラの設定を勘違いしてMとあるのはマクロ撮影だと思って撮りだしたら、これはマニュアル撮影のMだというのが撮り終わってからわかりました。したがって、AEのバランスが崩れていて白っぽい画像ばっかり。まあ、パソコンの修正でなんとかなる範囲でしたけどね。

Kurotubamesijimi1414 クロツバメシジミの開翅です。それにしてもずいぶんと擦れた個体です。羽が破れてないだけましですけど、けっこう早い時期にクロツは羽化するのかもしれませんね。曇り空でもちゃんと開いてくれるならシルビアだって全開するかもしれませんので今度はまたシルビアを探しに出かけようと思うのでした。

Sentikogane1314 歩いてると近くに何かが飛んできました。すぐに落ち葉の中に潜り込もうとするのを止めて一撮影。これはオオセンチコガネなのかセンチコガネなのか?

Sentikogane1214 ストロボを使って撮影したのを更にトリミングしてみました。ちょうどお顔のあたりの形が半円のようだったらセンチコガネ。台形だったらオオセンチコガネだそうですけど、その基準で行くとこれはセンチコガネということになるんでしょうか?甲虫に詳しい方は是非教えてください。

Tatunamisou1114 茶店で一服してた時に目についた青い花。タツナミソウという花ですね。立浪草というぐらいですから花の形が波頭みたいだということなんでしょう。雨が降ってきたので今日は収穫も少ないけれどこれにて終了。

« 紋黄揚羽と四十雀っ子 | Main | 勢力拡大中外来種カメムシ »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 紋黄揚羽と四十雀っ子 | Main | 勢力拡大中外来種カメムシ »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ