« 椿とクロツグミ | Main | 淀川駒鳥と猪名川の雉 »

April 20, 2014

黒鶫の木、そしてノゴマ♂

Nogoma1114 今日は朝から出かけようかどうしようか迷ってしまう天気でこんな時は空抜けにならない絵が撮りたいので干潟や浜のシギチねらいとも思ったのですが、今日の干潮は午後3時過ぎにと出てたのでシギチはまた今度にしてアミガサタケがはえてた公園に。

Kuroji1114 しかし、時すでに遅く、アミガサタケがはえてると教えてもらった銀杏の木の下を見に行ったらキノコはすっかり黒く干からびた状態になってました。まあ、あれからかなり日にちがたってるから仕方ないかなということで、せっかく来たので暗い森でものぞくことに。オオルリの追いかけっことか動きが早すぎるクロジ♂はすぐに見たものの撮れず。遥か遠くのクロジ♀?がなんとか撮れました。

Akahara3114 ずっといい声で鳴いていたアカハラ。ちょっとクヌギの花がかぶってますがご愛嬌ということで・・・

Yabusame1114 めちゃんこ暗い場所でガサガサしながら歩いていたヤブサメ。一応今期初撮りだったのできれいに撮れてないけれど載せときます。

Kurotugumi3114 暗い所にクロツグミが出るのかと思ってたら、なんか藤棚のあたりにいてるとかで行ってみることに。今期はもうクロツグミ♂は撮影してるのでべつによかったんですけどせっかく出かけてきたのにあまりに寂しかったもので・・・。

Kurotugumi3514 現れたクロツグミくんはなぜか木の洞がお気に入りで、ながいことこの穴の所にいてました。

Kurotugumi3314 穴があれば入ってみたいのは人情ですね。やっぱり男の子です(笑)

Kurotugumi3614 ちょっと向きの違うのも載せときます。このクロツグミの所に行く前に「お城にノゴマ♂がおるぞよ」というお告げがありました。いろいろ撮れはしたけど夏鳥らしい色のきれいなんは撮れてないので少し時間もあることだし、そっちに転進することに。

Nogoma1214 お城に着くと小雨が降っていて、ひとしきり撮り終えたカメラマンたちが帰るところでした。抜けた後だったらいやだなと思いながら有料地域へ。片隅にはまだカメラマンが居残ってました。出たばかりだというのでしばらくそこで雨宿りしながら休憩。遠くの高い木の上に白い鳥が2羽飛び回ってるのが見えました。あれ?もしかしたら、サンショクイ・・・が、同時にノゴマ君も登場。遠くの鳥よりも近くの鳥ということでノゴマ♂の撮影開始。

Nogoma1314 なんか横向きが多くて、なかなか赤い喉をこっちに向けて微笑んでくれません。

Nogoma1414 今日の子はけっこう喉の赤がきれいな子で男前さんでした。毎年のように撮ってますけど、一応2ステージ見たところで帰ることに。それから、あの2羽の白い鳥はサンショウクイ間違いありませんでした。昨日はたくさんいてたようなので、その居残り組なんでしょうね。ということで今期初のノゴマも見たことだし本日はこれまで。

« 椿とクロツグミ | Main | 淀川駒鳥と猪名川の雉 »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 椿とクロツグミ | Main | 淀川駒鳥と猪名川の雉 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ