« オオルリがやって来た | Main | 椿とクロツグミ »

April 18, 2014

春のトンボとキノコ

Tabesanae1114 春のトンボと蝶を撮りたくて車で連れて行ってもらいました。す~みれの花~咲くころ~♪ と春爛漫な郊外の公園から。

Hosomiotunentonbo1114_2 ビオトープの池や水辺にはホソミオツネントンボがたくさん飛んでいて、どれを撮ろうか目移りするぐらいでした。

Hosomiotunentonbo1214 あちこちでペアになったホソミオツネントンボがハートマークをつくってます。

Tabesanae1314 ヒメオドリコソウの花にタベサナエ♀がとまってくれました。まだ目の色もはっきりでてませんがきれいな黄色の胸に黒い一本線、春一番のトンボですね。

Tabesanae1214 タベサナエは普通に池や川にいてるはずのトンボなんですが、個人的にはあまり遭遇したことないように思うんですよね。はっきりとオスのタベサナエとわかる写真がほしかったのでまだ少し若い個体ですが一応ゲットできました。そのうちにちゃんと緑色の目をした成熟した個体を撮りたいと思います。

Sioyatonbo1114 あちこちで見かけたのがまだ未熟なシオヤトンボ。オスは青白い色になるはずですが、まだ羽化して間もないようなものばかりで色ではっきりオスと識別できるものはいてません。

Benisijimi2114 ベニシジミもきれいですね。黄色い花はなんでしょう、ヘビイチゴかな?

Ootyawantake1114 で、あんなんやら、こんなんやらを撮っていて見つけた異質なもの。積み上げてある腐葉土からたくさん顔を出してました。

Ootyawantake1214 同行の人によるとオオチャワンタケというキノコなんだそうです。へえ~、はじめて見ました。そういえば先週見つけた正体不明のキノコはどうなってるのか、様子を見にさらに車で西を目指します。

Ariakesumire1114 駐車場の片隅で白いすみれの花を見つけました。花弁の内側付け根に繊毛があるのでアリアケスミレというやつらしいです。

Ginryuusou2114 ギンリュウソウはちょっと大きくなって薄皮が剥がれかけてる感じでした。

Urasujityawantake1414 れいの謎のキノコはネットで調べてウラスジチャワンタケの幼菌だと思われます。前回見たときとあまり変わらないけどより茶碗型のキノコらしくなってます。

Gihutyou2114ギフチョウはまだ飛んでました。が、今日のはちょっと遠いところにとまった上に角度も悪くてトリミングしてもこんなもんでした。もう3時なのにまだ飛んできて下にとまるんですね。

Hosomiotunentonbo1414 池の方には一組だけホソミオツネントンボがいてました。前回はまったくトンボがいてなくて、今回は一組だけ。越冬トンボは今年は低調ですね。

Kobanomitubatutuji2114 園内のコバノミツバツツジはあちこちできれいに咲いてました。この美しさをきれいに写真で表現するのって難しいです。

Kotubame2114 本当はミヤマセセリを撮りたかったのですが、姿は見たものの今日も撮れませんでした。ということで、またコツバメです。

Urasujityawantake1114 駐車場に戻るために坂道をゆっくりと歩いていて積もった枯葉の中にあれ?と思うものを見つけました。周囲の枯れ葉をのけると出てきた姿がこれ↑ これこそはあの小さなウラスジチャワンタケが大きく成長した姿です。

Urasujityawantake1214_2 ほかにもまだこれから大きくなるキノコもありました。いつも何か落ちてないか下を向いて歩いてるのが役にたちました(*^-^)v 茸好きの同行者にも喜んでいただいて来てよかったなと思うのでした。

« オオルリがやって来た | Main | 椿とクロツグミ »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« オオルリがやって来た | Main | 椿とクロツグミ »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ