« お久しぶりの京女 | Main | 黄鶲がいっぱい »

April 30, 2014

サシバ抜け鳥もぬけ?

Ogumasanae1214_3 朝、なんとなく口にほりこんだキャラメル。口の中でモゴモゴさせてると何やら違和感が・・・ありゃ、さし歯が抜けてしもうた! しかたないので急遽歯医者に行くことになりました。歯医者から帰ってくるともう11時。お天気は回復したみたいだし、せっかくの休みなので出かけることに。捜索というか調べものをしたかったので今日は西の霊山、ヘルメットマウンテンに行くことにしました。まずは、自然観察池へ。越冬トンボがいてたらいいなと思ったんですが、池にはまだあまりガマが生えてきておらず産卵に集まってくる越冬トンボを期待してたんですがとまるとこが無さげです。しかし、石の上にオグマサナエ♂を見つけました。

Ogumasanae1314_4 目の色もしっかり緑色をしてるし、成熟個体間違いありません。ほかに何かいてないかと思い池を一周しましたが羽化仕立てで色もついてないイトトンボが見られる程度・・・と思ったらちょろっとはえてるガマの茎にトンボの姿が見えました。逆光だし距離があるので近づこうとすると、そのトンボが飛び立ち池を低空飛行。バシャッ、魚がジャンプしてそのトンボを食べてしまいました。おそらくはブラックバスかブルーギルなんでしょうが、自然観察池にこんな外来魚を投げ込むとは、本当に迷惑なことです。こんな状態ではここでの越冬トンボは期待ができないかもしれません。鳥を撮ろうとすると野良猫が狩り、トンボを撮ろうとすると外来魚が食べてしまう。とかくに自然は撮りにくい。

Kabutoyama1114 で、調べものというのはこれ。まだ見たことのない鳥がいてるかどうかですが、昨日は雨であてにならないかもしれませんが、一昨日までその鳥は目撃されてたようです。ここでは例年GW前半、4月中に目撃されてるみたいで、またお城にも寄ってほしいものです。その鳥の目撃場所にもよってみましたが、カラスが飛び回っていてほかの鳥はヤマガラとシジュウカラを見ただけでした。時間をかけて探してみたい所ですが、いたるところに小さな毛虫がぶらさがっておりベンチにすわっても歩いていても体についてきて襟首から中に入りこまれたりしてもう大変。

Himeuranamijanome1114 クロアゲハが飛んでいるのを見つけたので撮りたいところだったのですが、ぜんぜんとまってくれなくて愛想がありません。タンポポの花でヒメウラナミジャノメを見たので今期初ものということで撮ってみました。

Satokimadarahikage1114 おっと、これはサトキマダラヒカゲまで現れました。へえ~、なんか早いような気がします。

Siitake2114 春のキノコなんかはえてないかなと思って湿原の方に行ってみると薪というか、伐採木を並べてあるところでキノコを発見。これって椎茸ですよね。

Tamakikurage1114  さらに足をすすめるとキビタキかオオルリらしい鳴き声がきこえてきました。上を見上げると5m近い高さの枝にびっしりとこんなものがはえてるのに気がつきました。

Tamakikurage1214_2 キクラゲ?プリプリ感はそうだけど以前見たものとは違います。帰ってから調べるとタマキクラゲという茸ではないかと・・・大きな声で鳴いているキビタキは姿さえ見ることができませんでしたがそのお蔭で初めて見るものが撮れました。今日はメマトイというハエの仲間が顔のまわりを飛び回っていてじっくりと鳥を探すことなんてできませんでした。こんどはマスクと団扇を持って歩くことにします。

« お久しぶりの京女 | Main | 黄鶲がいっぱい »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« お久しぶりの京女 | Main | 黄鶲がいっぱい »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ