« March 2014 | Main | May 2014 »

April 2014

April 30, 2014

サシバ抜け鳥もぬけ?

Ogumasanae1214_3 朝、なんとなく口にほりこんだキャラメル。口の中でモゴモゴさせてると何やら違和感が・・・ありゃ、さし歯が抜けてしもうた! しかたないので急遽歯医者に行くことになりました。歯医者から帰ってくるともう11時。お天気は回復したみたいだし、せっかくの休みなので出かけることに。捜索というか調べものをしたかったので今日は西の霊山、ヘルメットマウンテンに行くことにしました。まずは、自然観察池へ。越冬トンボがいてたらいいなと思ったんですが、池にはまだあまりガマが生えてきておらず産卵に集まってくる越冬トンボを期待してたんですがとまるとこが無さげです。しかし、石の上にオグマサナエ♂を見つけました。

Ogumasanae1314_4 目の色もしっかり緑色をしてるし、成熟個体間違いありません。ほかに何かいてないかと思い池を一周しましたが羽化仕立てで色もついてないイトトンボが見られる程度・・・と思ったらちょろっとはえてるガマの茎にトンボの姿が見えました。逆光だし距離があるので近づこうとすると、そのトンボが飛び立ち池を低空飛行。バシャッ、魚がジャンプしてそのトンボを食べてしまいました。おそらくはブラックバスかブルーギルなんでしょうが、自然観察池にこんな外来魚を投げ込むとは、本当に迷惑なことです。こんな状態ではここでの越冬トンボは期待ができないかもしれません。鳥を撮ろうとすると野良猫が狩り、トンボを撮ろうとすると外来魚が食べてしまう。とかくに自然は撮りにくい。

Kabutoyama1114 で、調べものというのはこれ。まだ見たことのない鳥がいてるかどうかですが、昨日は雨であてにならないかもしれませんが、一昨日までその鳥は目撃されてたようです。ここでは例年GW前半、4月中に目撃されてるみたいで、またお城にも寄ってほしいものです。その鳥の目撃場所にもよってみましたが、カラスが飛び回っていてほかの鳥はヤマガラとシジュウカラを見ただけでした。時間をかけて探してみたい所ですが、いたるところに小さな毛虫がぶらさがっておりベンチにすわっても歩いていても体についてきて襟首から中に入りこまれたりしてもう大変。

Himeuranamijanome1114 クロアゲハが飛んでいるのを見つけたので撮りたいところだったのですが、ぜんぜんとまってくれなくて愛想がありません。タンポポの花でヒメウラナミジャノメを見たので今期初ものということで撮ってみました。

Satokimadarahikage1114 おっと、これはサトキマダラヒカゲまで現れました。へえ~、なんか早いような気がします。

Siitake2114 春のキノコなんかはえてないかなと思って湿原の方に行ってみると薪というか、伐採木を並べてあるところでキノコを発見。これって椎茸ですよね。

Tamakikurage1114  さらに足をすすめるとキビタキかオオルリらしい鳴き声がきこえてきました。上を見上げると5m近い高さの枝にびっしりとこんなものがはえてるのに気がつきました。

Tamakikurage1214_2 キクラゲ?プリプリ感はそうだけど以前見たものとは違います。帰ってから調べるとタマキクラゲという茸ではないかと・・・大きな声で鳴いているキビタキは姿さえ見ることができませんでしたがそのお蔭で初めて見るものが撮れました。今日はメマトイというハエの仲間が顔のまわりを飛び回っていてじっくりと鳥を探すことなんてできませんでした。こんどはマスクと団扇を持って歩くことにします。

April 29, 2014

お久しぶりの京女

Kyoujosigi 雨があがってるようなので甲子園浜のキョウジョシギの様子を見ようと仕事前に原付で出かけてみました。中央の磯には人はいてないけれど鳥もいてなくてパス。東の干潟を目指して急ぎ足で歩きます。今日は砂浜にもチドリはいてなくて撮るものはなし。干潮で浮上してくる干潟をじっと見つめると海藻がついて緑に見える岩礁の中に動く鳥を発見。遠いけれど今期お初のキョウジョシギです。デジタル100倍の画像でこの大きさになります。

Kyoujosigi1414 トリミングしてもう少し大きくするとこんな感じです。岩礁についた貝なんかをはがして食べるので首の動きがけっこう忙しく早いシャッターがきれたほうが良さげです。

Suzugamo2114 鳴尾川の河口には帰らなかったスズガモがたむろしてました。日がさしてるともっときれいに見えるんでしょうけど、グレーの背中がなかなかいいです。

Tyuusyakusigi2114 チュウシャクシギも餌さがしに忙しくしていてじっとしてません。

Kiasisigi1114 キアシシギも近くで撮れます。河口あたりから続く石の上にはよくキョウジョシギがとまってるのですが、今日は姿がありませんでした。

Kotidori2114 コチドリがいてました。目の周りの黄色いアイリングがはっきりしてて、きりっとした男前?さんです。

Kyoujosigi1214 干潟前に人だかりができてました。今日は探鳥会だったみたいです。一番人気はもちろんキョウジョシギ。5羽はいってるらしいですが3羽しかみつかりません。しかも干潟の外側にいてて生憎の距離です。背後にハマシギがいてるのがわかるでしょうか。雨もまた降り出して時間もなくなり急いで今日もお仕事へ。おもいっきり降られました。sweat02

April 28, 2014

わかんないな

Oosorihasisigi3114 干潟にオオソリハシシギの亜種コシジロオオソリハシシギがいてたというんで探しに行ってきました。オオソリハシシギは何羽もいてたし、今日はチュウシャクシギなんかも入ってました。が、羽を閉じてると腰がまったく見えなくて白いかどうかなんてわかりません。たまたま飛び上がったのが写ってる画像をあとから見ると腰のあたりが白く見え、これかなと思ったんですが真後ろから見たわけではないのでどこまで白いのかはっきりしません。普通のオオソリハシシギでもけっこう白く見えるのが多いらしいです。

Oosorihasisigi3314 腰の白い部分が背中あたりまでいってたらコシジロといって間違いないでしょうが、飛んだのを背後から撮れるとかしないと難しそうです。今日撮ったものの中では絶対にこれといった決定打に欠けるのでまたそのうち。

Tyuusyakusigi1114 コシジロがいてたかどうかは別としてチュウシャクシギは今期初撮りですので載せておきます。何羽もいてたんですが、潮がけっこう大きく引いてたもので向こうの水際にシギが集まってしまっていて遠いんですよね。

Oosorihasisigi3514 オオソリハシシギ♂夏羽はきれいなんでいつも撮りますが下向いてるのが多くて、ちゃんと前を向いてるのが撮れてる画像は少ないです。

Oosorihasisigi3214チャウシャクシギ、オオソリハシシギ、キアシシギ、シロチドリとぼんやりメダイチドリみたいなんも写ってます。腰の白いのんよりもオオメダイチドリをちゃんと撮ってみたいので、また近いうちに探しに行ってみたいと思います。この後お城まで行ってみたんですが、今日はボーズでした。

April 26, 2014

ボタンとムナグロ

Munaguro1914 昨日、キジを撮影したばかりの川にムナグロが入ってるというので今日も午前中撮影にでかけました。海老江干潟ではよくムナグロに似たダイゼンが見られることが多いんですが、ムナグロは一度見ただけなんですよね。できたらもっと大きく撮りたいので近場に来てくれないかなと思ってました。

Botan1114 牡丹園のある公園にバイクをとめて、見頃になったボタンの花を先ず撮影。ボタンの季節にここに来るとほとんど同じ構図で撮影してるので、もっといい構図で撮れないものかと思ってしまいます。

Munaguro1214 土手にあがって川の流れを見ながら川上をめざしてとぼとぼと歩きはじめます。どこかでキジの声が聞こえましたが姿は見えません。川はそこに生えてた木を切り倒され、緑の少ない埋め立て地状態になってました。蛇行する川の流れが終わるあたりでイソシギか何かが飛んだのを目で追いかけていて、それよりも大きな鳥が川の真ん中あたりの水たまりを歩くのを見つけました。カメラをとおしてみてムナグロだとわかりましたが、さすがに川の真ん中あたりでは大きく撮ることはできません。今日のところはデジタルズーム100倍の画像がほとんどです。

Munaguro1814 どこかに黒いのがいてると思い探してると同じように水たまりを歩いてる姿を発見。顔が黒い上に下ばかりむいてるので目なんかほとんどわかりませんね。ムナグロは雌雄同色の鳥だというので黒いからといってオスというわけではなく、黒いのが夏羽で茶色っぽいのは冬羽ということです。

Munaguro1314 ムナグロの動きがとまったと思ったら座り込んでしまいました。いつの間にか茶色いのんも横にきてすわってしまい休憩モードに。しかたなくいったん引いてコンビニまで行ってお茶を買ってきてこちらも休憩。

Botan1214 河原はゴミだらけで、可能なかぎりトリミングしてゴミが見えないようにしてますが限界があります。きれいな牡丹の花でも見ていただいて目の保養をしてください。

Tumakityou3114 ふたたび河川敷に戻るとツマキチョウ♀を見つけました。お昼前だというのに羽を閉じ休憩モードの姿勢でカラシナにとまってます。完全に羽を閉じてしまうと蝶だとはわからないですね。

Munaguro1414 ふたたび現場に戻って下向きのムナグロばかり撮ってると、時々ほかの鳥がやってくるけれど、遠いし小さいので正体がよくわかりません。

Tahibari1114 ほんのりと色づいてるのでピンときませんでしたが、タヒバリみたいですね。このタヒバリというのも大きく撮ってみたい鳥なんですけど近くに田んぼなんかない街ですので海の方で撮ったことがあるだけです。

Munaguro1614 そうこうしてるうちにほかのムナグロたちも集まってきました。昨日は7羽いてたそうですが、今日は5羽が集結してきました。ムナグロの羽の斑点にはダイゼンとちがって黄色い斑点がまじってるというのがわかりますでしょうか。ここで今日もお仕事タイムがやってきましたので今日はここまで。

April 24, 2014

淀川駒鳥と猪名川の雉

Ogawakomadori1114 今話題のオガワコマドリを見に行ってきました。朝早くに出かけたつもりだったのですが、到着するとすでに現場は立錐の余地がありません。知り合いの人の横にたって前の人の肩越し頭越しにやっと見れる程度。

Ogawakomadori1214 この人出に恐れをなしたのかオガワくんも愛想が悪く、現れたと思ったらすぐに引っ込んでしまいます。

Ogawakomadori1314 今日はまた光線が強く、影が濃くでるし、暑いのでこちらも疲労困憊。

Ogawakomadori1414 なぜかピントがうまく合わないことが多くてほとんど後に行ってしまってましたが、少し引いて撮ったのがましだったような・・・ということでトリミング大です。まあ、一度も見たことがないという人はいってみる価値はあるかもしれませんが、行くなら脚立とか踏み台が必要ですね。それぐらいに人工密度が高かった。私は四国に出た時に連れて行ってもらって撮ってるので、今日のところはあまり粘らずに引き上げることに。

Sekka1114 ほかに何か撮れないものかと見て回りましたが、期待してたホンサナエは姿がなく、かわりにセッカを人に見つけてもらって撮りました。

                 Sekka1214 Sekka1314

早い目に引き上げるかわりに電車を途中下車して海老江干潟の様子を見てきました。

Oosorihasisigi2114  タイミングが悪くて潮がかなり満ちてる状態だったみたいでオオソリハシシギの一団がいてただけ・・・。あれ?オオソリハシシギの中に一羽ひとまわり小さなシギを見つけました。

Obasigi1114 後から見える位置に移動して、大きくしてみると夏羽のオバシギでした。羽にほんのりと色のついたところがあります。

Kiji1214_2 帰ってから野暮用があって園田まで行くのでついでに猪名川をのぞいてみました。なんどか午前中に見に行ってるのですが、今期はまったくキジとの出会いがありません。今日はもう夕方ですのでもしかしたら期待がもてるかもとおもってたら遠くからかすかにキジの鳴き声が。声のした方面に歩いていくと、なんと対岸の整地してなんにもない河原をキジ♂が歩いてるじゃありませんか。

Kiji1314 後ろ向きですけどパタパタも一度みせてくれました。

Kiji1414 黄色いカラシナの花がらみの定番のキジも撮れていい感じです。やがてカラシナの群落の中にキジは消えて行き今日の撮影は終了。終わり良ければすべて良しですねヽ(´▽`)/

April 20, 2014

黒鶫の木、そしてノゴマ♂

Nogoma1114 今日は朝から出かけようかどうしようか迷ってしまう天気でこんな時は空抜けにならない絵が撮りたいので干潟や浜のシギチねらいとも思ったのですが、今日の干潮は午後3時過ぎにと出てたのでシギチはまた今度にしてアミガサタケがはえてた公園に。

Kuroji1114 しかし、時すでに遅く、アミガサタケがはえてると教えてもらった銀杏の木の下を見に行ったらキノコはすっかり黒く干からびた状態になってました。まあ、あれからかなり日にちがたってるから仕方ないかなということで、せっかく来たので暗い森でものぞくことに。オオルリの追いかけっことか動きが早すぎるクロジ♂はすぐに見たものの撮れず。遥か遠くのクロジ♀?がなんとか撮れました。

Akahara3114 ずっといい声で鳴いていたアカハラ。ちょっとクヌギの花がかぶってますがご愛嬌ということで・・・

Yabusame1114 めちゃんこ暗い場所でガサガサしながら歩いていたヤブサメ。一応今期初撮りだったのできれいに撮れてないけれど載せときます。

Kurotugumi3114 暗い所にクロツグミが出るのかと思ってたら、なんか藤棚のあたりにいてるとかで行ってみることに。今期はもうクロツグミ♂は撮影してるのでべつによかったんですけどせっかく出かけてきたのにあまりに寂しかったもので・・・。

Kurotugumi3514 現れたクロツグミくんはなぜか木の洞がお気に入りで、ながいことこの穴の所にいてました。

Kurotugumi3314 穴があれば入ってみたいのは人情ですね。やっぱり男の子です(笑)

Kurotugumi3614 ちょっと向きの違うのも載せときます。このクロツグミの所に行く前に「お城にノゴマ♂がおるぞよ」というお告げがありました。いろいろ撮れはしたけど夏鳥らしい色のきれいなんは撮れてないので少し時間もあることだし、そっちに転進することに。

Nogoma1214 お城に着くと小雨が降っていて、ひとしきり撮り終えたカメラマンたちが帰るところでした。抜けた後だったらいやだなと思いながら有料地域へ。片隅にはまだカメラマンが居残ってました。出たばかりだというのでしばらくそこで雨宿りしながら休憩。遠くの高い木の上に白い鳥が2羽飛び回ってるのが見えました。あれ?もしかしたら、サンショクイ・・・が、同時にノゴマ君も登場。遠くの鳥よりも近くの鳥ということでノゴマ♂の撮影開始。

Nogoma1314 なんか横向きが多くて、なかなか赤い喉をこっちに向けて微笑んでくれません。

Nogoma1414 今日の子はけっこう喉の赤がきれいな子で男前さんでした。毎年のように撮ってますけど、一応2ステージ見たところで帰ることに。それから、あの2羽の白い鳥はサンショウクイ間違いありませんでした。昨日はたくさんいてたようなので、その居残り組なんでしょうね。ということで今期初のノゴマも見たことだし本日はこれまで。

April 19, 2014

椿とクロツグミ

Kurotugumi2114 まだいてるのかどうかはわからなかったけど、地元でクロツグミがいてるという公園に行ってきました。一応ほかの公園でもクロツグミとおもわれるのは撮りましたけど斑に日が当たっていて枝やら葉っぱで正体がよくわからなかったんですよね。

Tubami2114 で、現れるという竹林裏の暗い場所には椿の花が落ちていてこれはまたこれできれいなものです。

Kurotugumi2414 時々、クロツグミは木の上からとか竹林の中から現れます。

Kurotugumi2214 う~ん・・・惜しい。いい感じなんですが、顔が影になっていて目が電話。

Sirohara2114 もう一歩というところで、ここで縄張りをはっているらしいシロハラが追い出しにかかってきて残念。仕事に行く前の短い時間ではけっきょく椿がらみのクロツグミはあまり撮ることはできませんでした。

Kurotugumi2314 後の椿の花と比較してみるとクロツグミはツグミの中では小さな鳥だというのがわかります。あと少しで椿の花の所に来るというところでどうしてもシロハラとか通行人が邪魔に入ってしまい、今日のところはクロツグミらしいクロツグミが撮れただけでもよしとせざるをえませんでした。

April 18, 2014

春のトンボとキノコ

Tabesanae1114 春のトンボと蝶を撮りたくて車で連れて行ってもらいました。す~みれの花~咲くころ~♪ と春爛漫な郊外の公園から。

Hosomiotunentonbo1114_2 ビオトープの池や水辺にはホソミオツネントンボがたくさん飛んでいて、どれを撮ろうか目移りするぐらいでした。

Hosomiotunentonbo1214 あちこちでペアになったホソミオツネントンボがハートマークをつくってます。

Tabesanae1314 ヒメオドリコソウの花にタベサナエ♀がとまってくれました。まだ目の色もはっきりでてませんがきれいな黄色の胸に黒い一本線、春一番のトンボですね。

Tabesanae1214 タベサナエは普通に池や川にいてるはずのトンボなんですが、個人的にはあまり遭遇したことないように思うんですよね。はっきりとオスのタベサナエとわかる写真がほしかったのでまだ少し若い個体ですが一応ゲットできました。そのうちにちゃんと緑色の目をした成熟した個体を撮りたいと思います。

Sioyatonbo1114 あちこちで見かけたのがまだ未熟なシオヤトンボ。オスは青白い色になるはずですが、まだ羽化して間もないようなものばかりで色ではっきりオスと識別できるものはいてません。

Benisijimi2114 ベニシジミもきれいですね。黄色い花はなんでしょう、ヘビイチゴかな?

Ootyawantake1114 で、あんなんやら、こんなんやらを撮っていて見つけた異質なもの。積み上げてある腐葉土からたくさん顔を出してました。

Ootyawantake1214 同行の人によるとオオチャワンタケというキノコなんだそうです。へえ~、はじめて見ました。そういえば先週見つけた正体不明のキノコはどうなってるのか、様子を見にさらに車で西を目指します。

Ariakesumire1114 駐車場の片隅で白いすみれの花を見つけました。花弁の内側付け根に繊毛があるのでアリアケスミレというやつらしいです。

Ginryuusou2114 ギンリュウソウはちょっと大きくなって薄皮が剥がれかけてる感じでした。

Urasujityawantake1414 れいの謎のキノコはネットで調べてウラスジチャワンタケの幼菌だと思われます。前回見たときとあまり変わらないけどより茶碗型のキノコらしくなってます。

Gihutyou2114ギフチョウはまだ飛んでました。が、今日のはちょっと遠いところにとまった上に角度も悪くてトリミングしてもこんなもんでした。もう3時なのにまだ飛んできて下にとまるんですね。

Hosomiotunentonbo1414 池の方には一組だけホソミオツネントンボがいてました。前回はまったくトンボがいてなくて、今回は一組だけ。越冬トンボは今年は低調ですね。

Kobanomitubatutuji2114 園内のコバノミツバツツジはあちこちできれいに咲いてました。この美しさをきれいに写真で表現するのって難しいです。

Kotubame2114 本当はミヤマセセリを撮りたかったのですが、姿は見たものの今日も撮れませんでした。ということで、またコツバメです。

Urasujityawantake1114 駐車場に戻るために坂道をゆっくりと歩いていて積もった枯葉の中にあれ?と思うものを見つけました。周囲の枯れ葉をのけると出てきた姿がこれ↑ これこそはあの小さなウラスジチャワンタケが大きく成長した姿です。

Urasujityawantake1214_2 ほかにもまだこれから大きくなるキノコもありました。いつも何か落ちてないか下を向いて歩いてるのが役にたちました(*^-^)v 茸好きの同行者にも喜んでいただいて来てよかったなと思うのでした。

April 16, 2014

オオルリがやって来た

Ooruri2114 仕事に行く前に買い物に出かけ、戻ってきて2階の自分の部屋のドアをあける前に通路から街路樹を見渡すと黒い鳥が下に降りたのが目に入りました。お、キビタキかなと思いよく見ると青い色をしてるじゃありませんか。オオルリですやん!何年か前に部屋を出ると桜の木を渡るオオルリを見たことがありましたが、家の前ではそれ以来のオオルリです。さっそく部屋に戻りSX50HSを手に階下におりました。こういう場合の常として、もう姿はないことが多いのですが、珍しくじっとしてくれてました。一度飛んだもののまた見やすい場所にとまってくれたので何枚か撮りましたが背景の建物の壁が白いもので補正をしたもののちょっと不十分。画像処理ソフトを使ってごまかしてます。

Ooruri2214

Ooruri2314 その後どこかに飛んで行きましたが仕事に行くまでには30分ほど余裕がありますので近所を見て回ることに。そしたら団地内でまたでくわしました。

Ooruri2414

Ooruri2514 こんどはなかなか撮らしてくれませんでしたがなんとか背中側も撮ることに成功。まだ若い個体みたいですね。風切羽がまだ褐色をしてます。最初にうちの前で出会った個体と同一でしょうか?若いけどなかなかのイケメンだと思うんですよ。

ココログの投稿画面に不具合があって今日は少しいつもと文章や画像の並びが変わってますので悪しからず。Windowsの自動アップデートがあったりするとおかしくなるみたいなんですよね。

April 15, 2014

桜黄鶲、桜大瑠璃と謎の鳥

Kibitaki1114 お城ではコマドリは撮れたものの、キビタキは撮れなかったし、オオルリはピンボケのお腹ばっかりだったので、もしここに現れたなら近くで撮れるだろうと思って原付にまたがって43号線を西に。うちの近所の公園は今年は大々的に樹木を剪定してしまったのでちょっと期待ができなかったんですよね。で、ついたら珍しくカメラマンがほかに3名ほどいてました。へえ~、こんな街の公園にも鳥撮りのカメラマンが現れるようになったんや・・・。ご挨拶するとさきほどキビタキがいてたとか。よし、狙い通りやということで探索開始。

Kurotugumi1114 しかし、ぐるりと一周したもののこれといった鳥に出会えず、声も聞こえません。ルリビタキがブッシュの中にいてましたがちょっと撮るには難しい雰囲気。こちら側は今日はアカンのかなと思って池の縁をまわる道に降りると雀かなにかの鳥が数羽飛びあがりました。しかし、1羽だけブッシュの枝にとまり固まったようなのが。黒くて何かわかりませんでしたが、とりあえずカメラまかせでカシャカシャ。肉眼でもよく見ようと動くと飛んでしまいました。モニターを見ると体に白い模様がある見たことのない鳥のような。大きさ的にはムクドリみたいやったが体色には違和感があるなということで帰ってからよくよく見るとクロツグミ♂ですやん。枝葉をぬける木漏れ日が体にあたって白い模様のように見えてただけでした。ここではクロツグミのメスを以前撮ったことがありましたが、おそらくオスをここで見たのは初めてかも。

Kibitaki1314 公園の東側に戻ってキビタキ♂を追いかけてるとわりと低い場所を飛んでくれるので撮りやすそうだったのですが、なんか目が出ないのばっかりで今一つ。なんとか目が出てるのが一枚だけ撮れました。

Kibitaki1214_2 前のほうからもなんとか撮れましたが、木陰ではやっぱり目がわかりませんね。桜がらみも先頭の画像以外にも撮れたけれど、あやっぱり目が出てるものがありません。Ooruri1314 キビタキを追いかけるものがもう1名現れました。どこからかオオルリ♂が飛んできてキビタキを追いはらいました。東側の公園の木はあまり高くないのでお腹ばっかりということはないはずと思ってたら、桜の枝の天辺近くにとまり、虫を食べるのに一生懸命でした。

Ooruri1114 う~ん、もう少し早い目だったらきれいな桜がらみになるんやけどな。ちょっと残念です。桜の花がらからみということでどうでしょう。

Ooruri1214 なんとかきれいな背中側のブルーを撮りたかったので追いかけましたが、この子自体、長旅ですっかり羽も傷んでしまってる感じだし、角度的にも今一つ。まあ、そのうちに撮れるだろうから今日の所はこれぐらいにしといたると捨て台詞を残し急いで仕事に出かけるのであった。終わり

April 13, 2014

駒鳥三昧

Komadori1114 今日はお城に2回行きました。10時半すぎに到着して市民の森にさしかかるとカメラマンの砲列がつつじの刈り込みの前にできており人にきくとコマドリがいてるという返事。早速カメラの用意をしていてカメラに電池が入ってないことに気がつきました。え~っ、しまったしまった島倉千代子、昨夜充電した後、カメラに収納せずにテーブルの上に置きっぱなしでした(。>0<。) せめて一眼も一緒に持って出れば帰らずにすんだのですが、雨がふるかもしれないので傘とか雨具を持って出たために荷物になるのは置いてきたのでした。と、いうことで片道家まで45分ぐらいはかかるのに往復すると12時半をまわってました。

Komadori1314 SX50だと奥の暗がりの枝にとまってまったりしてるコマドリでさえこんなに大きく撮ることができます。う~ん、やっぱり電池を取りに帰ってよかったな(o^-^o)

Komadori1414 地面にはよく出てくれるのに見やすい止まり木の上にはあんまりとまってくれませんでした。まあ、毎年おんなじようなシチェーションでとってますのでどうとっても代わり映えしませんけどね。今日はお城も花見客やらがたくさん来ていて朝はクロツグミやらアオバトやらいてたらしいんですが喧噪の中、姿がありません。オオルリやらキビタキもいてるはずなんで見てまわることに。

Syakunage1114 この季節、八重桜がとてもきれいな大阪城公園ですけど、人も少ない目の飛騨の森あたりではシャクナゲがきれいに咲いていて目を楽しませてくれます。

Komadori1714 毎年サンコウチョウが飛び回る小屋の前にもコマドリがいてて、赤味が濃くてきれいだというんでよることに。

Komadori1614 ジベタリアンのコマドリですけど、愛想良く出ずっぱりでしたので撮りまくってしまいました。クリックして大きくしてご覧ください。

                     Komadori11314 Komadori1514

                     Komadori1914 Komadori11114

Komadori11214 夕方までねばったけれど、その後空抜け黒潰れのピンボケなオオルリしか撮れなかったのでまた近いうちに近場の公園で探してみることにします。

April 12, 2014

黒ノビ

Nobitaki2214 明日はお天気がもう一つらしいので今日のうちにキジのペアが撮れないものかと出かけましたが残念ながら出会いがありませんでした。ここんとこあまり出てこないらしくてカメラマンもあまりいてません。12時半ごろから出るという話もききましたが仕事があるのでそれまで待ってられません。前回見に行ったときは夕方ちかく3時過ぎに現れたそうです。しかし、ノビタキ♂夏羽が現れました。

Nobitaki2514 いままで冬羽のノビタキはなんども撮ってるのですが、頭の黒い夏羽のノビタキ♂は2度ぐらいしか撮ったことないんですよね。

Nobitaki2114 枯草やら葦にはよくとまってくれるんですが、なかなか黄色い花をつけてるカラシナにはとまってくれません。でも、背景のカラシナの花がはいってくれるだけでもありがたいです。今日撮ったのはほとんど後ろ向きばかりで、前のほうから撮れたのはちょっとだけ。しかも、まともに目が出てるのなんか1枚だけ。

Nobitaki2314 まあ、満開のカラシナの花の中のノビタキが撮れたので後ろ向きでもいいんですけどね。

Nobitaki2614 ↑これが横向きでましな画像です。ノビタキの前に蜂かなんかが飛んでるのがわかります。食べられはしなかったみたいですが、花には虫が飛んでくるのでノビタキはこんな所に現れるんだと思います。川の改修工事で川に中にはえてたほとんどの木はなくなってしまいましたが、そのお蔭で離れた場所からでもノビタキがいてるのがわかるようになったのが鳥撮りには良い点かもしれません。

Tumakityou2114 公園内にオオルリがいてたらしいんで、少し歩いてみたんですが、オオルリの姿はみられず河川敷から流れてきたツマキチョウ♀がタンポポの花に吸蜜に来てましたのでそれを撮ってから仕事に。さて、明日はどうするかお天気次第ですね。

April 10, 2014

ちょっと気になるものたち

Gihutyou1114_8 今年も春の女神ギフチョウを撮りに行ってきました。もう夏鳥の渡りがはじまってて都市公園がまたにぎわい始めているというのに虫撮り?と思われるかもしれませんが、ギフチョウなんかは短い期間しか撮影できないので、これからいくらでも渡ってくる鳥というのはあとでもいいだろうという考えです。

Humei1114_12 田んぼ横でみつけたピンクの花。たくさん咲いてましたが名前がわかりません。ゲンノショウコでもないし、ニワゼキショウでもないしなんなんでしょうね。

Sumire2114_2 目的地についてみつけた紫がきれいなスミレ。スミレの花は種類が多いのでやっぱり名前がわかりません。スミレの花らしい色と細い葉の形がいいですね。

Kobanomitubatutuji1114_2 コバノミツバツツジの花。この花が咲きだすとギフチョウもたくさん見られるようになるというイメージがあります。

Gihutyou1214_2 最初のポイントではネットを持って立ってる人がいたので敬遠してもう一つのポイントへ。ここは採集禁止の公園なんですが、腕章をつけたネットマンは公園から調査目的で捕獲を許可されてる人たちでまさか撮影の邪魔はしないとは思うのですがちょっとね・・・。ギフチョウを見つけると猛ダッシュで走ってきてネットを振りゲットしていきます。なんちゅうか、調査捕鯨のギフチョウ版みたいなもんかな。

Kotubame2114_2 容量の少ない予備のフラッシュメモリーを使ってたので3枚ぐらいギフチョウを撮ったらいっぱいになってしまいました。また飛んでくるのを期待して新しいカードにかえて待ってるとコバノミツバツツジに飛んできたコツバメ。飛ぶときに羽の表側のブルーがのぞくのがきれいなんですけどね。ミヤマセセリが撮れるまでねばりたいところだったのですが、ここにもギフチョウ版調査捕鯨の人がやってきたので場所をかえることに。一人や二人の人間が捕獲できるギフチョウの数はしれてるけれど遭遇率があまりよくないだけに捕っていかれるとがっかりします。久しぶりにここでギフチョウを撮ったけれどやっぱりほかで撮ろうと思うのでした。

Ginryuusou1114 曇りだしたので蝶はもうダメだなと判断してぐるっと池を一周してなにかめぼしいものを探しましたがこれといって興味をひくものはありませんでした。そろそろ帰ろうかと思ってトボトボと歩いていて木の根元でみつけた不思議な白い塊。

Ginryuusou1214_2 はじめて見るのですが、まず間違いないかと・・・ギンリュウソウの芽だと思います。もう少しあとだったらきっと咲いた状態が見れると思うのですが。もっと湿気た場所にはえるもんだと思ってました。ここは湿地帯の下に位置する場所なので表面はかわいてるけれど結構土中は水分が多いのかも。

Kinoko4114 いくつかキノコもみつけたのですが、ものすごく気になる形をしたのがありました。まだ幼菌かと思うのですが、柄の部分にも深い縦皺があるキノコ。傘の部分もへこんだ形になっていてこれから伸びていってどんな形になるのか楽しみです。ということでギフチョウはまた来年。

April 09, 2014

ツマキチョウとノビタキ

Tumakityou1114 昨日仕事に行く前に様子を見に川に行くとキジのペアがいてるし、ノビタキもいてたというんで今日は早めにカメラを持って家をでました。しかし、まったく鳥の姿はなし。じっとしていても退屈ですからお天気も良く気温も高いのでツマキチョウを探して歩くことにしました。河川敷を下を覗き込みながら歩いているとツマキチョウのオスを発見。気温が高いと活発に飛び回るものだからなかなか静止した姿を撮ることができません。セイヨウカラシナの花で蜜を吸う時だけが撮影チャンスです。

Benisijimi1114 競馬場裏のカラシナは数は少ないけれど蝶には人気の場所でベニシジミもたくさんいてます。

Tumakityou1314 そしてここにもツマキチョウが。開放的な空間がおちつかないのかここのツマキチョウやモンシロチョウはすぐに競馬場のフェンスの中に吸い込まれるように入っていきます。

Monsirotyou2114 モンシロチョウはいたるところで飛んでますが、ちっこいサイズのモンシロチョウが多くて、ほとんどツマキチョウとサイズが変わらず、ツマキチョウ狙いとしてはモンシロチョウなのかツマキチョウなのか非常に迷います。

Nobitaki1114 時々キジが出たかどうか気になるので戻るのですが気配はなし。が、ノビタキが現れました。期待してた黒ノビではありませんが、今期初のノビタキです。でも土手の上からでは遠すぎますよね・・・。

Tumakityou1214 遠すぎるノビタキよりも近くのツマキチョウがいいなということで再び蝶さがし。ツマキチョウのメスも撮れました。

Kawasemi3114 カワセミが川の中ほどの流木にとまったので撮ると魚をくわえてました。もう少し近くで撮りたいと思って接近を試みましたが、シャッターをきる前に逃げられてしまいました。

Nobitaki1214 もう仕事に行かないといけない時間になりましたので本日もこれまで。と、帰りかけて土手に上がる階段の前までくるとノビタキが川の中州の葦にとまってくれましたので適当にカシャカシャcamera あやうく遅刻しそうになりました。sweat02

April 06, 2014

今期初シギチ

Oosorihasisigi1214 雨はあがったものの今日は曇り空で風も強く、おまけに寒い。いつもならこの時期はギフチョウとか越冬イトトンボなんかを探しに行くのだけどこの天気では虫はダメだろうということで川にシギチが飛来してないか探しに行ってみました。いつもの場所に立ってみたけれどカモとかカワウがいてるだけであかんのかな?と思って川上に向かって移動しはじめると手前の葦の下から何かが島のほうに飛びました。あれ??? 向こうを見るとオオソリハシシギがいてるじゃありませんか。

Oosorihasisigi1414 見やすい場所に移動してみました。オオソリハシシギは嘴をおもいっきり水の中につっこんで餌さがしの真っ最中。なかなか頭を上げたところが撮れないんですよね。

Momo1114 まだ潮があまり引いてなかったのでもっと引くと何か飛んでくるかもしれないなと思って、その間、いつものチョウゲンボウを見に行くことにしました。しかし、強風を避けてどこかにいってるのか姿はなし。しかたなく遠目に見ても目立つ桃の花を撮ってました。

Kamome1114 十分に潮はひいてたのですが、干潟にはセグロカモメとカモメという名のカモメが増えただけでこれといったものはいてません。

Oosorihasisigi1314さっきのオオソリハシシギのところに行くとぽつんと一羽だけ立ちん坊。羽繕いなんかをしたあと後を向いて寝てしまいました。う~ん、これだけではなんか張り合いがないなあということで後から来た連れとともに甲子園浜へ。浜にも何かシギチが入ってたらいいのになあ

Sirotidori1114 波打ち際を見てあるいてるとシロチドリを見つけました。生憎、光線の向きが悪くて写りがよくないけれど、たぶんこっちはメスだな。

Sorotidori1214  その後の方からまた1羽歩いてたのがおでこに黒い斑紋があるんでオスではないかと思います。

Misago2114 今日は日曜日ですからセイルボードなんかがたくさん出ていて、いつものミサゴの杭にミサゴの姿はなし。と、思ってたら遠くの方で水に飛び込んだミサゴが魚雷をつんで岩場の方に戻ってきました。周囲にこれといった障害物がないとすぐにピントが合いますね。今のカメラはたいしたもんですわ。

Yosigamo1114 スズガモの群れとかハジロカイツブリの姿はすっかりありませんでした。残ってるのはヒドリガモとかオオバンとかカルガモ、それにヨシガモ・・・。ヨシガモ?え~、こんなところでヨシガモがいてるなんて!びっくりですよ。

Yosigamo1214 いままで何度も甲子園浜にはきているけれど、ヨシガモを見たのは初めてです。しかも1羽だけではなくてオスが2羽もいてました。旅の途中で風雨にあって緊急避難したのでしょうか。

                Umiaisa2114  Umiaisa2214

ウミアイサはまだいてました。左がオスで右がメス。今日は一緒にはいてなくて離れていてたみたいです。ウミアイサも もうそろそろ帰ると思うんですけどね。

               Hakusekirei2114  Kogamo2114

羽がすっかり黒くなったハクセキレイがいてました。夏羽なんでしょうか? コガモなんかも海にいてるというイメージのカモではないけれど、ここでは定番の鴨ですね。

Kotidori1214  河口の浜にコチドリが1羽いてました。コチドリも夏鳥ですからどこか遠方から飛来したことになりますよね。

Kotidori114 ゴールデンウィークが近づくころにはもっといろんなシギチが飛来すると思いますが今日のところはこんなもんで。

April 03, 2014

ニュウナイスズメとコツバメ

Nyuunaisuzume1214 そろそろ春の蝶が出始めているようなので福知山線に乗っていつもの公園へ。その前にちょっと寄り道して武庫川の桜を。

Sinsanda1114 大阪の方は見頃でもここは五分咲きということが多いのですが、今年はあまりかわらないぐらいに咲いてました。で、ここでただ桜を見るためだけに寄り道をしたのではなくて去年は撮れなかったニュウナイスズメを探すのが目的です。

Nyuunaisuzume1114 あんまりいてないけど確かにニュウナイスズメはいてました。まずはちょっと地味はニュウナイスズメのメス

Nyuunaisuzume1314 頭がきれいな茶色をしてるほうがニュウナイスズメのオスです。光線の向きやら、影が邪魔してまともに撮るのって本当に難しいです。

Nyuunaisuzume1514 最初は数少ないと思ってたらいつのまにか沢山集まってきてました。時々対岸の桜のほうに飛んで行くみたいでしたが、今日ここで見た雀はすべてニュウナイでした。あと、ホオジロもいてます。

Nyuunaisuzume1414 影雀ばかりではどうもさえないのでなんとか桜のラッパ吹きが撮れるまでねばりました。あまりにも時間をかけてしまったので、もう11時半をまわってました。これから公園まで歩くと蝶々を探す時間がありません。

Kotubame1114 地面の水たまりなんかをよけながら歩いていると、なんと目の前にコツバメが飛んできました。カメラを用意してるうちに人が来たりして飛んだみたいでしたが、すぐにまた見つけました。

Kotubame1214 おもいっきり、トリミングしてます。日もさして暖かいので吸水におりてきたのでしょうか。でも、撮ったろうとすると歩いたりするもんですから、あんまりシャッターをきってないんですよね。

                Hiodosityou1114_4 Hiodosityou1214_2

公園内でもコツバメはいてるだろうと思ったら、なんか遭遇しません。それに今は春休みでジャリン子たちが走り回っています。こりゃ今日はあかんかなと思ってバードバス方面へ。鳥はメジロとかカワラヒワとかアオジは見ましたけどこれといって変わったものはなし。しかし、ヒオドシチョウが日光浴してました。

                Hitokutitake1114 Kinoko3114

蝶が今一つなんで越冬トンボでもと思って池に行きましたが、ちっこい池のまわりの草もきれいに刈ってしまってるせいか、なんにも見つかりません。曇ってきたので虫はダメだろうからキノコでもと思ったらこれも今一つ。枯れた松にはえるというヒトクチタなんかはええ色というか、つややかで目立ちました。あとは伐採木にはえてた名前のわからんキノコの集団。もうかなり傷んでいました。

Syoujoubakama1114 ショウジョウバカマはあちこちできれいな花を咲かせてました。今日は無駄に歩いてるばかりで収穫が今一つ。さっさと帰ることに。

               Ruritateha1114 Ruritateha1214_2  

帰り、いつもの田んぼ横にさしかかるといつものようにルリタテハが縄張りを張ってました。ここのルリタテハと木道手摺りのルリタテハはいったい何代目になるんでしょうね。毎年毎年そこに夕方になると現れます。

Sinsanda1214 もう夕方だし曇ってますが、駅のホームから武庫川堤の桜を撮ってみました。電車に乗ると長~い距離をこの武庫川の桜並木を見て帰れます。この時期のお楽しみですね。

April 01, 2014

桜が咲いたよ

Sakura2214 今日から4月。4月といえば桜ですよね。できればきれいな桜が撮れる観光地やら公園なんかに行ってみたいけれどなかなか・・車だと道が混むし、電車だとすわれないしで足が向きません。ま、お天気が良いので近所の桜でも見てまわろうかと散歩にでました。

Sakura2114 桜の花を見てると気分が高揚する反面、どこかで散りゆく桜に一抹の寂しさというのを想像してしまうんですよね。この写真の場所はじつは小学校があった場所なんですが、少子化やら人工の減少やらで小学校が統廃合され、小学校跡は宅地と小さな公園になり、通りに面したフェンス沿いの桜だけが残され小学校の卒業記念のモニュメントみたいなもんもあります。遊歩道になってるので以前はフェンスの外側からしか見れなかった桜が内側からも見れるようになりました。しかし、かなり枝をはらってしまったので見栄えが悪くなってます。

Monsirotyou1114 団地内を散策していてキチョウと追いかけっこをしていたモンシロチョウが地面にとまりました。花の咲いてるところにとまってくれるといいのですが、せっかく目の前にとまってくれたので一枚camera 画面に自分の影が入ってます。

Sumire1114 アスファルトの隙間になんとスミレの花がはえて花を咲かしてました。こんなところにも春を見つけた気分です。

Sakura2314 うちに戻ってマンション2階の通路から街路樹の桜をねらってみました。たいてい桜を見るときは下から見上げる絵ばかりですが、目線の高さを変えるとまたちがったものが見えます。

Suzume1114 だってこんな風に桜に埋もれたのが撮れるんですよね。これが夏鳥のオオルリとかキビタキなら嬉しいけれど、せめてメジロやシジュウカラだったらなあ・・・。

« March 2014 | Main | May 2014 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ