« キクイタダキの羽繕い | Main | 黄連雀探しとはねずの梅 »

March 21, 2014

古都のアリスイ

Arisui1214 有名ないにしへの都のアリスイを見にいってきました。皆さん一度は梅の木にとまるアリスイを期待してここの来てるかと思いますが、私は鳥撮影目的で来たのは初めてで、以前はバスかなにかに乗っていったと思うのですが今日は近鉄電車です。なにぶんほぼ初めての場所ですので線路の南側の地区に最初に入ってしまいちょっとウロウロ。ほとんど梅の木なんかはないみたいなんできっと線路の北側だなということでさらに移動。

Heijoukyou1114 やっと大極殿を東北に見る葦なんかが生えた湿地に到着しました。今日は風のきつい寒い日でたどりついて最初にしたことは鼻をかんだことです。ベンチでカメラを取りだしセットしていると葦の西側あたりを黒い鳥が走りました。まだ、こっちは用意が整ってなくて、周囲のカメラマンはそれには気づかないのか無視してるのかモズを撮ってました。

Mozu2314 用意ができて、さあ撮るぞと構えたとたんに黒い鳥は葦の中にひっこんでしまいましたのでとりあえずモズを撮ってみました。オスとメスのモズのペアが飛び回ってるみたいですが、↑こっちはメスのモズですね。

Arisui1414 で、アリスイはというとうろうろしてたら誰かさんが見つけたようで、シャリンバイの植栽の中にもぐりこんでるじゃありませんか。

Arisui1514 やがてシャリンバイのところから飛び出したアリスイは湿地の西側の木へ。たしかここらへんと思ってるといつの間にか地面に降りてました。しかし午前中は逆光気味になるので光がつよいと影が濃くでてしまい今一つ。

Arisui1114 ふたたびどこかに飛んで行ってしまったので梅の花なんかを眺めてるとまた先ほどの場所に現れたみたいで枝どまりしてるのが撮れました。アリスイは以前にも撮ってはいるけれど枝どまりのアリスイは初めて撮ったかもしれません。

Arisui1614 アリスイというと長い舌をペろっとだして虫を食べることで有名ですが、まだアリスイの舌を見たことなかったんですよね。下向きの画像は目もでんし、影になってることも多いのでゴミ箱行にしてたのですが中にピンクがかった舌ではないのかと思われるのがちょろっと写ってるのがありました。草かぶりでよくわかりませんけどどうでしょうか?

Arisui1714 だいたい遠いところにいてるのですが、これぐらいが最も近づいてくれた時の写真ではないかと・・・。

Mozu2214 時々アリスイは見失うのでそんな時は梅の木に来るモズなんかを追いかけてると時間がつぶれます。

Arisui1314 この鉄柵?にとまってくれるとカブリなしの全体が撮れるんですけど、なかなか思うようにはとまってくれません。また曇りだしたので今日はこんなもんでいいかなと思い引き上げはじめると最初カメラマンが並んでたあたりでまたモズのペアが・・・。しかし、一人残ってたカメラマンのレンズの先は湿地の方を向いてるので遠回りして覗き込むと

Hikuina2414 ヒクイナがいてますやん!しかも、近い。あれ?もう一羽なにか・・・Kuina1214 なんとクイナまで出てました。へえ~、クイナとヒクイナが一緒にいてるなんて初めてみました。ヒクイナは今期は一度見てるのでクイナの方を撮ってると、

Hikuina2214 クイナの前にヒクイナが割り込んできました。正面では撮れてないのでトリミングしてますけど、ヒクイナとクイナって仲がいいのんでしょうか。しかし、意識的に一緒に写った写真を撮ろうとすると離れていって撮れないんですよね。

Kuina1114 クイナの方は早い目に引き上げてしまったので、あんまりシャッターはきってませんが、雲がでて暗くなり始めてたのでスピードが不足してたみたいでシャキッとしたのが撮れてません。

Hikuina2114 赤川の水路のヒクイナの時もじっとしてたらいくらでも近づいてきましたが、ここのもそんな感じですぐ近くにまで来てくれました。

Hikuina2314 ただ、やっぱりケダモノはきらいみたいで犬の散歩がのぞいたら一目散に葦の中に逃げて行ってました。

Heijoukyou1214 梅の花ももう終わりですね。この梅の花がきれいな時に大極殿を背景に梅の花を撮ったらいい絵になるかもしれません。覚えておいてまた来年にでも撮りに来てみようかな。

« キクイタダキの羽繕い | Main | 黄連雀探しとはねずの梅 »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

何年か前行った時はまだ梅が咲いて無くて、梅絡みは撮れませんでした
梅はまだ行けそうですがアリスイは留まらない?
クイナ、ヒクイナの2ショットは撮りたいなあ
電車賃が結構要るで悩ましい

我太郎さん こんばんは

梅の花もそろそろ終わりが近づいてるので梅がらみを狙うなら今のうちですね。
アリスイは湿地の周りから離れそうになかったんですが、時間をかけて粘ってると
いつかは撮れるかも。
ヒクイナはわりと愛想がいいみたいですが、クイナはどうなんでしょうね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« キクイタダキの羽繕い | Main | 黄連雀探しとはねずの梅 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ