« 黄連雀探しとはねずの梅 | Main | オオジュリン~アミガサタケ »

March 27, 2014

椿とキノコ

Tubakintyawantake1214 桜も咲きだしていよいよ春本番といったところでしょうか。ちょっと春を探しに万博公園を歩いてきました。ひょっとしたら春物のキノコなんかはえてるかもしれないので今日は下をむいて丹念に捜索しながら歩きました。

Kinoko2114 しかし、だいぶん歩いたのにこれといって茸類には出くわしません。やっぱりもっと暖かくならないと無理なんかなと思ってると自然観察教室近くで小さなキノコをみつけました。小さいキノコってほとんど名前がわからないんですよね。ネットで調べてそれらしいものがあったら書きますんで知ってたら教えてください。

Kikurage1214 で、その自然観察教室によって何か目撃されたないか見てから外に出たら入り口前の自然木を使ったプランターになんとキノコがはえてました。

Kikurage1114 このプルプル、ブニョブニョしたのはたしかキクラゲじゃありませんか。じつはキクラゲをまともに見たり触ったりしたの初めてです。う~ん、誰かさんのお腹をさわったらこんなんかも・・・。

Jikkou1114 木へんに春と書いてツバキと読むぐらいだから、椿は春の花ですね。椿の森と呼ばれるところに来たので椿のはえてるところにのみはえるキノコというのを探してみることにしました。ところがここはたまってる落ち葉なんかをきれいに掃除してるみたいでそういったキノコはみつかりません。ということで今を盛りの椿の花をいくつか撮りました。↑先ずは日光という椿から。日光と書いてじっこうと読みます。京都の哲学の道近くの霊鑑寺に原木があったような。違ったらごめんなさい。

Kotyouwabisuke1114 侘助といえばこの花、胡蝶侘助。中心にある蕊がかなり短く退化したみたいになってます。

Taroukaja1114 太郎冠者。関西では有楽(うらく)という名で出ていて織田信長の弟で茶人の織田有楽斎から名付けられてます。太郎冠者というのは狂言で先ず最初に登場するので春に先駆けて咲くこの花につけられた名前だそうです。

       Iwanesibori1114  Syokkou1114

左が岩根絞り、右が蜀紅。絞り模様の椿ってきれいですね。

Tubakintyawantake1314 椿の森ではまったくみつけられなかったけれど、日本庭園近くの水路沿いでついにみつけました。ツバキキンカクチャワンタケです。このあと野鳥の森の中でも椿の木の下で見ることができました。

Kinoko2214 いつもカラスたちが群れてる桜がたくさん植わってる場所でキノコを一つみつけました。名前はもちろんわかりません。

Kaigarataketyairo  チャカイガラタケかな?普通のカイガラタケは青みがかったグレーだけどこれは茶色ですね。

Mejiro1214 ソメイヨシノも咲きだしてましたが、とてもきれいに咲いていた寒緋桜に来るメジロを久しぶりに撮りました。しばらくミラーレスのオートフォーカスで撮影してたために久しぶりに一眼レフを使うと重たいので、ピントは外れてるはブレブレだわ、構図も悪いわですっかり下手になってしまってました。 前からじゃ~!  はいはい

« 黄連雀探しとはねずの梅 | Main | オオジュリン~アミガサタケ »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 黄連雀探しとはねずの梅 | Main | オオジュリン~アミガサタケ »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ