« 紅猿子 | Main | ほんとのウソ »

March 05, 2014

緋連雀で歩き疲れ

Hirenjaku11014

御苑ではカメラを構えることもできなかったレンジャク。最近の情報の場所では通りすがりではなく安定して現れているようなので今日は仕事があるけれど午前中なら大丈夫なんで行ってきました。休みの日は天気が悪いらしいんですよね。できたら原付で行けるような場所だといいのですが、さすがにマサチューセッツ州まで原付ではよお行きません。雨具の入ったショルダーバッグにパワーショットをほりこんで一脚持って出撃です。通勤電車は混むので嫌いなんですが、大阪駅で降りる人が多数なのですぐに座れてマンガが読めました。

Kohun1114

目的の駅で降りると目的地までの略図が出ていたのでその通りに歩きます。バスも近くまで出ているようですが、待ち時間が少しあったので歩いてもしれてるかなと考えて徒歩。直線距離だとだいたい1200mぐらいでしょうか。 公園?について最初に撮ったのはヒレンジャクではなくて上の埴輪群。もちろん複製品でしょうが珍しいので一枚.。ここではないけれど埴輪の工場跡の公園もあるようです。

Hirenjaku1214_2カメラマンはまだ一人いてるだけでしたし、ヒレンジャクもおよそ7羽だけが日光浴中。しばらくするとどこからか数羽が飛んできて20羽足らずになりました。

Hirenjaku1114アップにしてみました。できたら同じ方向を見るとか目がでてるのばかりを撮りたいけれどそれぞれ好きな方向をむいてるし、寝てる子もいてます。

Hirenjaku1414逆光の位置からならまだ近くで撮れるのですが、午前中はちょっと無理があってどこから撮っても遠いです。

Hirenjaku1514ときどき繁みの方に飛んでいくので居残り組が3羽ほどになってしまい、しかたなく公園内をヒレンジャクを求めて歩くことにしました。全部繁みの中に入ってるものと思ったら半周もしないうちにチリチリチリという鈴を振るような鳴き声が。すぐ近くの木の中から出たり入ったりしてるヒレンジャクの群れを見つけました。赤い実はクロガネモチなんでしょうか。けっこう大きな木ですけど、大半のヒレンジャクは隣の常緑樹の中に潜り込んでいます。

Hirenjaku1614 赤い実を銜えてる姿を撮りたかったのですが、姿をみせるヒレンジャクの数も時間も少なくてこれが精一杯です。

Hirenjaku1714大きな声がして驚いたヒレンジャクはまたさっきの木に飛んで行ってしまいました。ヒレンジャクの数は50羽ちかくにはなったかもしれません。お腹ばっかりとってもしかたないので裏の建物の塀の上にネズミモチの実を食べに降りてくるのを待つことにしました。しかし、仕事に行かないといけないのでもうあんまり時間がないんですよね。建物のアンテナに集まりだしたので急いで駆け付けると車が走ってすぐにヒレンジャクは散り散りに・・・。それでもしばらくいてると再び飛んできました。

Hirenjaku1814上から降りてくるかたちで登場すると思ってたのに下の方から飛び上がってくる感じで飛んできたのでカメラが上の方を向いていてちょっとバランスが悪く、しかたなく上の方はトリミングしてます。ISOの設定をオートにしてると感度が低いためにスピードがあがらず動く被写体には向いてないようで羽の動きがまったくとまってませんね。鳥撮りには自分で感度を設定した方がいいように思います。

Hirenjaku1914あんまりきれいには撮れてないけれどまた近場に現れた時にでも撮ることにして今日はこれまで。できたら動画撮影なんかも試したかったのですが、そんな時間も余裕もありませんでした。で、帰りもバスに間に合わなかったためにまた歩きで駅まで。仕事場の最寄りのJRの駅について職場までまた歩きで700mぐらい。朝JRの尼の駅まで歩いたのが約1㎞。いつもは原付で職場から帰るので歩くことはないのに帰りはまた駅前のバス停まで歩くことになったので駅から職場までを往復。さて今日は朝からどれだけ歩いたでしょうか。

« 紅猿子 | Main | ほんとのウソ »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 紅猿子 | Main | ほんとのウソ »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ