« 試験撮影 | Main | 淀川のツクシガモと隼 »

February 02, 2014

遠い鳥たち

Misago1214

今日も午前中カメラのテストをかねて出かけてみました。やはり、売りの超望遠をテストするには遠い鳥が必ずいてるところがよかろうということで本日は浜です。

Suzugamo1114_2

カメラを構えただけでシャッターがきれてしまいました。かなり軽い目になってるんですね。ほとんど指に力を入れたつもりはなかったのですが・・・

Hajirokaituburi2114_2

ここでのお目当てはウミアイサ、ハジロカイツブリ、ホオジロガモの甲子園浜冬の3点セット。ハジロカイツブリは今年はたくさんいてるみたいですぐに見つかりました。でも、小さいので距離があるとも一つです。

Umiaisa1114 ウミアイサ の方もすぐにみつかりましたが、これがさらにまた遠いところを泳いでます。オスは1羽しかいてないそうなので見失うと見つけるのが大変だと思って、ずっと目で追いかけてしまいました。こういう時こそ超望遠が役に立つときです。

Umiaisa1214お天気 がよくて南向きではどうやっても目がでませんし、海では露出の補正が難しいんですよね。+1段を基準に考えてますけどどんなもんでしょうね。ウミアイサの雌も雄の後を追って現れました。

Umiaisa1414

「ね~え、私ってきれい?」  「なんだい?いまさら・・・」

Umiaisa1314「ねえったらあ・・・」  「・・・・」 

Umiaisa1514  「もちろんだとも!」ガバッ!  「あべ、ボブバイバ・・」

Umiaisa1614 「可愛かったヨ」 チュッ  「ウフフ」

Umiaisa1714  「 やったあ~! 」

Umiaisa1814

「ルンルン気分でパタパタもやっちゃうもんねえ~」

Misago1114 ウミアイサ に見とれてるうちにいつの間にか指定席のポールにミサゴがとまってました。いつもはあまりにも遠いのでほとんど無視してるポールどまりのミサゴですが、今日は格好のモデルです。50倍光学ズームだとこんなもんです。

Misago1314 200倍 デジタルズームだとこんなに大きく撮ることができます。4800㎜の画像になるんだそうです。

Hajirokaituburi2214_2 ちょうど近くに ハジロカイツブリがいてたので今度はハジロカイツブリを大きく撮ってみました。海は波もなくてよかったのですが、やっぱりハジロカイツブリは潜ったり現れたりと忙しく、テブレ補正だけでは体の動きをとめることが完全にはできません。ISOはカメラ任せですが、海みたいな明るい場所では当然カメラはISOを下げてくるので普通にプログラムモードの撮影ではちょっと無理があったかもしれません。

Hajirokaituburi2314 ハジロカイツブリ はやはり目からレーザーが出るのではないかと思うような赤い目がきれいに撮れないとダメですね。

Hoojirogamo1214 あとはホオジロガモなんですが、さてどこにいてるものやらと思ってるところにバーダーさんが通りかかったので、教えてもらいました。それが、なんともろに逆光で水面も真っ白で、そこに潜ったり現れたりしてる黒い影がそれだということでした。これがまたすこぶる遠いけれど一応証拠写真を撮ってみました。

Hoojirogamo1314 まったく色がでませんけれどこれだけ大きく撮れればホオジロガモ♀だとわかりますよね。Umiaisa11014最後に 中央の見晴らし台あたりの磯の付近まで接近してくれてたウミアイサ♂をまた撮って今日は終了・・・。今日の教訓、プログラムモードでなんにでも対応できると思うのは間違い。ちゃんと自分で使いやすいように設定してから使うか、ほかのモードを試してみることも必要。

« 試験撮影 | Main | 淀川のツクシガモと隼 »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 試験撮影 | Main | 淀川のツクシガモと隼 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ