« November 2013 | Main | January 2014 »

December 2013

December 30, 2013

ミヤマホオジロ♂など

Miyamahoojiro3613
先日は雨も降るのに出かけてミヤマホオジロのメスやオス若しか撮れなかったので今日はもっと西の公園にミヤマホオジロのオス成鳥を探しに行ってきました。

Hoojiro2213ここの公園は普段でもホオジロがよくみられる公園なのでここならいてるのではと毎年期待してるんですよね。でも昨年はミヤマホオジロをこの公園では見てないような・・・。

Kawaratake2113今日は日はさしてるものの寒い日でさすがに関西のチベットは水たまりに氷がはっているし、10時半をすぎてるのに日陰では霜がとけてません。あちこち見ながら歩いていると枯れ木にカワラタケがついてるのが目立ちます。よく見るとカワラタケもなかなかきれいな茸なんですよね。

Kinoko5213バードバスの丘で見つけた茸。色々調べてもなかなかしっくりくるものがありませんでしたが、ヒロハノキカイガラタケではないかと思います。違うかったら教えてください。

Miyamahoojiro3113寒いせいで人影が少ないのかと思っていたらここは県立公園なので御用納めのあとは正月三が日すぎるまでお休みなのでした。それでもパークセンターや駐車場は利用できないけれど園内は普通に歩けます。で、ミヤマホオジロはすぐに見つかりました。例年バードバスの丘でミヤマホオジロを待つのですが今日は反対側の見晴らし台みたいなところです。ちょっと小高い場所から下を見るとミヤマホオジロやアトリ、カシラダカがいてるのがわかりますが、のぞいただけで鳥たちは逃げてしまうのが多くてもっと接近して撮りたいけれどど真ん中は難しそうです。

Miyamahoojiro3213林に沿って端を歩き木で姿を隠すようにすると端の手すりにとまってるのが撮れます。うまいことミヤマホオジロ♂がとまってくれてます。

Miyamahoojiro3413さらに少しづつ降りていくとここまではなんとか接近して撮ることができましたが、それ以上は逃げられてしまいました。ミヤマホオジロがとまってる手摺りは陰になっていて背景が明るいのがたまに傷ですが、なんとかミヤマホオジロ♂は撮ることができました。ほかに人がいてるとこんなことはしない方がいいんでしょうが、貸切だったので・・・(^-^;

Joubitaki2213ほかに何かいてないかと思い歩いてるとカエルの池でジョウビタキ♂を見つけました。

Joubitaki2113今年はいい条件ではジョウビタキ♂を撮ってなかったのでしばしジョウビタキに遊んでもらいました。その後ぐるっと池を一周しましたがこれといった鳥には出会わなかったので最後にもう一度さっきの見晴らし台へ。見晴らし台といっても周囲に背の高い笹がはえているので見晴らしは今一つなんですよね。でも、その笹の中からミヤマホオジロは飛び出してくるので一般客には利用価値は少なくても鳥には都合がいいみたいです。

Miyamahoojiro3513今度は先ほどであったデジスコの人が下の手摺りの端までおりて撮っておられたので私もその横で待機です。ホオジロ類のことをエンベリザというそうですが、彼らはこちらがじっとしてるとだんだんと近寄ってきたりするんですよね。

Atori1113今期初アトリです。これは顔が黒いのでオスですね。久しぶりにアトリを近くでみました。

Kasiradaka1113少しトリミングしてますがカシラダカです。ミヤマホオジロのメスとすぐに見間違えてしまいます。

Miyamahoojiro3813ミヤマホオジロとカシラダカの集合写真です。餌を探しながらどんどん近づいてきてくれるのがうれしいです。

Miyamahoojiro3713ジベタリアンのミヤマホオジロ♂。周囲がごちゃごちゃしてるのでやっぱりトリミングしないとわかりにくいですよね。

Miyamahoojiro31013ミヤマホオジロの正面も撮れました。胸の黒い三角形とレモンイエローの喉元、冠羽下が成鳥オスのトレードマークです。日が陰りだすと寒さもひとしおなのでいつもは歩かない舗装路を通り、急ぎ足で帰路につきました。2013年はミヤマホオジロ♂で撮り納めです。また来年もよろしくお願いします。

December 26, 2013

紅猿子&深山頬白@啄木鳥の森

Miyamahoojiro3113
曇りのち雨という天気予報でどうしようか迷ったんですが、正月前に原付にガソリンを入れておかないといけないしということで北上してきました。着いた途端に雨がパラパラ・・・ええ~っ!そんなに早く降るとは思ってなかった。まあ、せっかく来たのだからなんか撮れるかもしれないとウロウロ。アオジなんかはすぐに見つかったけれど撮らしてくれるほど愛想良くはないんですよね。一応上のほうまで歩いてみましたが撮れないような場所でベニマシコらしい鳥をチラッと見ただけで木の上にも何かいてるけど曇天でよく見えません。雨も気になるのですぐにミヤマホオジロのポイントを見てから帰ることにしてもと来た道を引き返し、さらにセイタカアワダチソウの群落を下に・・・行こうとしたら木の天辺で鳴いてるベニマシコを発見。

Benimasiko3213少し先に降りたように見えたのでゆっくりと前進。ベニマシコ♀がいてました。小雨の降る中じっとしてるのでよく見える場所まで移動。ノイバラの赤い実がアングルの中にはいってそこそこいいかも。

Benimasiko3113さて、オスはというと・・・後の繁みからメスの近くに飛んできてくれたのはいいけれど目の前に蔓が横切っていてギロチン状態。オートフォーカスだと蔓にピントをとられてしまうのでマニュアルに切り替えて撮りましたが今一つ。も少し顔がよく見えるように移動したら飛ばれてしまいました。紅色がきれいなオスだったのにちょっと残念。

Kinoko4113湿地裏のポイント付近で枯れた松にキノコがはえてました。黄褐色のけっこうきれいな感じのキノコです。

Miyamahoojiro3413雨があがったようなのでしばらくここにいてることにしました。お天気がこんなんでは人もいてないし貸切です。やがてどこからかミヤマホオジロが現れました。

Miyamahoojiro3613きれいなオスを撮りたいのですが、今日は数羽の団体さんがきてくれたにもかかわらず成鳥のオスは見当たりませんでした。右下にいてるのはたぶん若いオスでしょうね。胸の黒い三角がまだはっきりしてません。

Miyamahoojiro3213以前来た時よりもかなり開拓されたような感じになっていて、倒木が3本ほど並んでます。雨で人も来ないから餌もないようなのでそこらのセイタカアワダチソウのフワフワの種をちぎっておいてみました。

Miyamahoojiro3313けっこう食べてるみたいなんですよね。天然素材100%現地調達経費0円は有難味がないのかその後お出ましはなくまた雨が降り出したので急いで帰ることに。レインコートはきてますが、ここは雨宿りする場所がまったくないので困ります。尼までやく40分かけてビショビショになって帰ってきました。今度お天気がくずれるような日に出かけるときはもっと早く帰ってこれる甲子園浜ぐらいにしたいものです。

Huyuitigo1113今日のオマケ。この森の名物?フユイチゴの実です。ストロボを使って撮ると赤い実が光ってみえてクリスマスの飾りみたいできれいです。じっさいにフユイチゴの実を見たのは初めてかもしれませんが、けっこう道端に普通に生えてました。キイチゴの仲間ではうまい方だとかいてあったけれど誰か食べてみて感想をきかせてほしいですね。

December 23, 2013

久しぶりの瑠璃鶲

Ruribitaki1713
世間では3連休だったみたいですが、相変わらずそういったこととはあまり関係ないとこに仕事にいってるので私は今日が休み。布団にくるまってぬくぬくと寝てるうちに時間はもう10時をまわっていました。外を見るといいお天気だったのでじっと家で寝てるのももったいないと思い出かけることに。今期はまだお目にかかっていないルリビタキ♂がいてるという話をきいたので今日もまたトモエガモの公園です。

Ruribitaki1113いつもの暗い森に出てるのかと思ったら今回は場所がちがっていました。タイミングが悪くてついさっき現れたばかりだというのでその場で1時間ほど待機。この間にトモエガモでも見にいった方がよかったかもしれませんが、幕の合間の間隔がどれくらいかわからないので現れるまで待っていました。後の方でジョウビタキの鳴き声が聞こえたのでそっちを探してるといつの間にかルリビタキ♂はステージの上に。急いで撮ったのですが、あまりシャッターをきらないうちにどこかに飛んで行ってしまいました。撮った画像を見るとブレブレ。

Ruribitaki1413さらにまた1時間以上待機してると何やら鳴き声が近づいてきました。やがて声の主は暗いカクレミノの中に現れました。

Ruribitaki1313今度はブレブレになるのを抑えるために木の幹にカメラを持った手を押し付けて撮りましたが場所的にやや遠いし、ルリビタキの正面しか撮れません。

Ruribitaki1513おもいっきりトリミングしてます。できるだけ青い面積が多くなるような画像を選ぶと体を伏せたような絵になってしまいます。

Ruribitaki1913もっとトリミング。う~ん・・・大きくしてみるとかなりアラが目立ってよくありませんね。

Ruribitaki11013ちょっと顔の向きが変わったの。太陽が背中側になるので目がでるには少し上を向いてくれないとダメですね。

Ruribitaki1813まあこんなもんでいいかな。もう3時半をかなり回ってますので今日はこれまで。ショーが終わってからカクレミノの前を通って中を見るとまだそこにじっとしてました。今度来る時は側面や背中側も撮らして下さいね。

Amerikahidori2213前回はせっかく見にいったのに見つからなかった天竺のアメリカン。彼岸に渡る橋の上から眺めるとそこにじっとしてました。

Amerikahidori2113回り込んで近くから見るとこんなん。見られてるのに気がついたのかそそくさと移動。もう暗くてシャッタースピードが50分の1をきってますので動いてるのは撮れません。一応今期もアメリカヒドリを見たということで撤収~。

December 15, 2013

赤羽白@いちはちじゅうのもくもく

Akahajiro1113
先日プールのアカハジロ♂を見に行ったのですが、残念ながらもう抜けた後だったようでお会いすることができずにボーズで帰ってきてふてくされて寝てしまいました。それがまだ近くにいてるという情報があったので今日は朝から出かけました。公園のプールなんて餌もないだろうに変だなと思ってたんですよね。ところが今日がまたお日様はさしているのに風の強い日でちょっとめげてしまいそうでした。

Akahajiro1413目的地に着いたものの広いしカモ類も沢山いてるのでどこにいてるものやらとウロウロ。やっと一人のバーダーさんを発見。その方も来たばかりでしたが、すぐにアカハジロを見つけてくれました。しかし、400㎜に1.4のテレコンかましてもこんな大きさにしか見えません。しかも後向いて寝てるので時々顔を上げるだけでした。バーダーさんがお帰りになってからアカハジロは水の中にヒラリンとおり、ぐるっと遠回りをしてからこっちの方に泳いできました。

Akahajiro1513ウルトラスーパートリミングで大きくしてみました。アカハジロ♂は緑光沢のある黒い首と赤褐色の胸が特徴で、この個体はまだ換羽が完全には終わってないみたいですが、これでも遠目に見るかぎりは十分緑光沢のある黒をした頭をしてるように見えます。日本には稀に来るカモなんだそうで、私も初めて見ます。

Akahajiro1813お腹を見せてくれたのでアンヨも写ってます。横向きのポーズって何か意味があるんでしょうか。たんなる遊び?

Akahajiro1213やがてアカハジロは正面に見える島みたいな木に到着。しばらく周囲を泳いだりしてましたが、やがて島の上に・・・。しかし、そこはこっちから見ると窪みになってるので首だけだして隠れる状態になってしまいます。やがてカメラに狙われてるのが気に入らないのかほかのホシハジロとともに東側に移動してしまいました。

Akahajiro1313メジロガモなんかもそうらしいけど、嘴の下、喉の上の所に白斑があるんだそうです。ちょっと離れてからパタパタをした時の画像をよく見るとそこはかとなく白斑が見えるような・・・・

Akahajiro1713_2またお休みモードに。今日は見つけやすい場所にいてたけどほかのカモと共にどこかに飛んで行くこともあるそうなので見に行って必ず見つかるとはちょっと言いがたいカモ。

Hosihajiro1113ここにはハシビロガモ、コガモ、カルガモ、キンクロハジロといてるけれど一番たくさんいてるのがこのホシハジロ。この赤い目にどきっとすることがあるんですよね。

Mejiro1213アカハジロはまた寝てしまい寒風の中じっとまた動くのを待つのもつらいのでここは早い目に引き上げてまた電車に乗り南港の野鳥園まで行ってきました。ここはムラサキツバメの食草のマテバシイの大きいのがたくさんあるのでひょっとしたらと思ってたんですけどね。到着するとまた曇ってしまいました。ほかの野鳥もこの風では期待できないのできれいに咲き誇ってるヒマラヤザクラにくるメジロを撮ってきました。

Mejiro1113たまたたま雲の切れ目が頭の上にきて日がさした時に撮ったのでいい感じです。露出補正がいつもより+になってましたが、それもまたやわらかい色がでていいかもしれません。

Mejiro1413ということで、ほかには鳥が撮れなかったので今日はこれまで。しかし、この時期に桜とメジロとは・・・

タイラバヤシかヒラリンかいちはち十の木もく、一つと八つでとっき木

どないしてんいきなり、気でもちごうたんか?  へえ、季がちごうてます。

おあとがよろしいようで。

December 08, 2013

巴鴨と翡翠

Tomoegamo1513
今日はプールのカモを見に行こうかと思ってたのですが、ちょっと野暮用で寄らなければならい所があるので予定を変更してトモエガモ♂を見に行ってきました。目的地に着いた時はまだ晴れてたのですが、だんだん雲が増えてきておもいっきり曇天になってしまいました。これではいつものように越冬紫ツバメから捜索することができません。

Tomoegamo1113ハスの池を見てまわりましたがここにはトモエガモはいてないようなので南側の池に移動。何人かのカメラマンが池をのぞいていて仲間にいれてもらいました。なかなかいい場所がみつけられずに中腰で覗ける場所がまあなんとか見れます。しかし、トモエちゃんはこの場所から移動しようとはせずずっとレンズをのぞいてるにはかなり腰に負担がかかります。

Tomoegamo1213やっと伸びをしてエンジェルポーズをしてくれました。顔の前に枯葉が浮かんでるのがちょっと邪魔ですね。このポースだと垂れてた飾り羽がたってアンギラスのトゲみたいに背中に並ぶんですね。

Tomoegamo1613


やっと移動して枝どまりになったと思ったら枝かぶりだらけでさらに条件が悪くなったような。

Tomoegamo1313いったん飛んで隣の池まで行ったけれど釣り人がいてたのですぐに引き返してきました。また定位置に戻り枝どまりのあと少しうろうろしたときにやっときれいに全体が撮れました。まずは前側から。

Tomoegamo1413そして側面。水面が明るいのでかなりプラス補正しないといけません。

Tomoegamo1713でまた移動。けっこううろうろするし、よく飛び回る子のようで遠くに行くとなかなか近くにはきません。まあ、トモエガモは初めてでもないのでこんなもんでいいでしょう。

Kawasemi1213トイレに行ってからカワセミ池のほうに行ってみました。最近はまたアメリカヒドリがいてるというのでのぞいてみたのですが、池をぐるっと一周してもバンぐらいしか見つかりません。川の方にいてることがあるのでしばらくうろつきましたがマガモとカルガモぐらいしかいてません。橋の上で散歩の人がカワセミがとまってじっとしてるというので見てましたが私の目にはこれがまた見えません。もしかしたらあれかな?というのが見えたので移動してフェンスの上から一枚撮りましたがすぐにとばれてしまいました。あまり遠くには飛ばなかったのでこちらも移動。やや離れたフェンスの上から居場所を確認し、一番近い場所からフェンス越しに撮影しました。

Kawasemi1113カワセミには私が見えてるんでしょうか?逃げずにじっとしてます。

Kawasemi1313さらにリラックスして羽繕いなど・・・。嘴の下側が赤いので女の子ですね。

Kawasemi1413やっとこちらを向いてくれたもののこちらがタマギレで、フェンスにレンズを押し当てて撮ってるにしてもスピードが80分の1ではもうこれ以上は難しいと判断。もう一度覗き込んだ時にはどこかに行ってしまっていてなかったのでこちらも撤収~。

December 05, 2013

紅葉とヨシガモそして鴛鴦

Yosigamo2113
昨日のムラサキツバメ♂に気をよくして今日は唯一ムラサキツバメ♀を目撃したことのある植物園にいってみました。さすがに京都まで移動するには時間がかかりますので園内に入った時点でもう12時前。以前目撃したシリブカガシの下で待ってみることにしました。

Murasakisijimi6113ムラサキシジミは日光浴に現れるのですがムラサキツバメは1時前までねばりましたがお目にかかれませんでした。しかし、いいものを見ることができました。ムラサキシジミ♂が赤い山茶花の花にとまるのが撮れました。最初頭を花の中につっこんでたので蜜を吸ってたかどうかはわかりませんが、越冬前にはムラサキシジミは花で蜜を吸うことがあると読んだことがあるので吸ってたかもしれません。

Yosigamo2513時間的に遅かったので期待はしてなかったけれどまたどこかでムラツには会えるだろうと考えてヨシガモを撮りに行くことにしました。ここのヨシガモは人に慣れてるので東屋の前でじっと誰かが餌をほってくれるのを待っています。今日はほかのカモたちはこの場にはいてなかったのでヨシガモ君の一人舞台です。周囲の紅葉ももう終わりが近づいてるので東屋近くの紅葉とヨシガモをセットで撮るには今日ぐらいが最後かもしれません。

Yosigamo2213東屋の東側のモミジがまだ見れると思うのですが、こっちの方にはヨシガモがなかなか行かないんですよね。それでもなんとかセットで撮ることができました。

Yosigamo2313枝の下を泳ぐと影が入って今一つかもしれないけれどこんなもんでしょう。

Momiji2113せっかくのモミジなので今日はやや黄色っぽいのを撮ってみました。背景が黒落ちしててなかなかgoodですやんgood

Osidori1413時間があるのでヨシガモはこれぐらいにしてオシドリを見に行こうと思い、地下鉄に乗ってもう少し北へ。いつもの松の木の下に隠れてるだろうと思ったのですが、意外なことにそっちにはマガモぐらいしかいてません。ということは北側なのかな?ということでそっちへテクテク。朽ちた杭の上にオシドリはいてました。もうここらへんは日があたってないので紅葉の映り込みなんかはダメでしたが、わりと近くで撮ることができました。

Osidori1313オシドリというとオスとメスが並んで泳いでる姿を撮りたいと思うでしょうが、あんまりいい感じで泳いでる姿って撮れないんですよね。

Osidori1613まあこれでも並んでるといえば並んでることになるのかも・・・。

Osidori1513定番のオシドリのパタパタも撮れました。日の当たってるところを泳いでくれると水面の紅葉の映り込みが撮れるかもしれませんが、またそのうちにということで日も陰ってきましたので本日はこれまで。

December 04, 2013

ムラサキツバメ♂@車輪梅

Murasakitubame2113
ムラサキツバメ♀を撮りたいので晴れた日の休日にはあちこち出かけてるのですが、ほとんど出会いがないので今年はもうダメかもしれないなと思っていたら、なんと近所の団地の敷地内でムラサキツバメ♂に遭遇しました。

Murasakitubame2213買い物に出かけた帰り道、いつものようにちょっと寄り道をして団地内でムラサキシジミなどを探して歩いていてゴミ置き場の横のシャリンバイをのぞいてみるとそこにムラサキシジミにしては大きな蝶を発見。これはムラサキツバメでは?と思ったものの、地味なうえにトレードマークのちょろっとでた尾状突起がみあたりません。あれ?と思いながらさらに接近して再度凝視すると後翅にそこはかとなく尾状突起の痕跡のようなのが見えます。いそいでその場を去り歩いて2分、小走りで1分の距離にある我が家に戻り、カメラに300㎜のレンズをセットし、まだるっこしいのでいつもの一脚はつけずに手持ち撮影のつもりで感度を上げ、スピード優先500分の1で高速シャッターがきれるようにして家を飛び出して再び団地のごみ置き場へ。なにしろもう12時ですので仕事に行かねばならずものすごく急いでます。

Murasakitubame2613まだそこにいてくれてるだろうかとドキドキしながらシャリンバイを覗き込みます。いてました!しかも羽を全開してくれてオスであることがはっきりわかります。暗紫色の翅表なので角度によってはあまりきれいには見えないのだけれどお天気がいいものでそこそこきれいです。でもメスを撮りたいと思ってるのでちょっとだけ残念・・・。

Murasakitubame2713おそらく尾状突起はすれてちびってしまったのではと思いますが、久しぶりにムラサキツバメの翅表を見ることができました。ありがたいことに時々飛んだりするのですが、あまり遠くにはいかずにひたすらこのシャリンバイの葉にご執心でした。

Murasakitubame2313撮影しやすい下のほうの葉にとまってくれたりしましたので短い時間でしたが満足いく絵が撮れました。そういえばここの団地でムラサキツバメを見たのは2回目で、前回はもう6年前になりますが、やはり集会所の前に植わっているシャリンバイにやってきてなにやら葉の表面をすすってるようでした。あれから近くにあったマテバシイの植わってた小学校は廃校になり現在は住宅地と化し、街路樹や団地内の公園などの数少ないマテバシイはよく散髪されてるのでもうここでは出会うこともないだろうと半ば諦めてました。しかし、今日、オスを見つけたということはまだここらへんで繁殖してるということになりますので近所でムラサキツバメ♀が撮れる可能性も出てきました。ということで休みの日はムラツのいてそうな所を徘徊してメスを探し、平日は近所の散歩に精をだすということがまだ続きます。

Murasakitubame1513いつもシャリンバイにとまるというわけではないけれど、シャリンバイてなんじゃい?というお父さんたちのために↑の画像でムラサキツバメ♂の翅表のように黒紫色をした実がついてる常緑低木がシャリンバイです。

December 02, 2013

越冬蝶探しと紅葉

Senrian1113
先週初めから風邪をひいたみたいでずっと鼻水タラちゃんだったのですが、今日はかなりましな感じでしたので日光消毒をしに進歩と調和の公園にいってきました。ここでの目的は今日もムラサキツバメなんですが、出かけるのが遅くなってしまい到着するともう12時前。

Murasakisijimi5113梅林を抜けたあたりにある小さな休憩所で荷物をおろしてカメラとレンズをセットしてるとムラサキシジミ♀が飛んできました。陽だまりの葉の上日光浴する姿が撮れました。今日は何頭かムラサキシジミの雌は撮ったのですが、この個体以外はすべて羽が欠損してたり擦れてたりで今一つ。そういえば昔初めてムラサキツバメを撮ったのもここでした。

Uraginnsijimi1113あとはウラギンシジがとまってるのを2頭見たのみ。

Murasakisijimi5213日本庭園に入って大きなマテバシイが続く外周までくるとまたムラサキシジミが1頭待っていてくれました。すぐにどこかに飛んで行ってしまいましたが、ここにたどり着くともう2時前ですのでこれ以上は蝶々は期待できそうもありません。ほかに撮るものはというとモミジぐらいかと思って適当に散策。

Toukaede1113葉が三つに分かれたのがそこそこきれいだったので撮ってみました。木の幹がささくれてたのでトウカエデというやつだと思います。

Momiji1113茶室千里庵前の紅葉を撮ってその先をあがって見つけたモミジがちょっといい感じに見えたので1枚camera

Kogera2113今日はカラスに追われたタカを見たけれどすぐに木の陰でみえなくなったり逆光にはいったりで撮れずで、コゲラがすぐ近くにとまってくれたので久しぶりにコゲラを撮りました。この木はシジュウカラやメジロもやってきて実をつついていくようでしたので、もしかしたら他に冬鳥も来るかもしれないとは思いましたが今日はパス。

Kinoko4113下の竹林横を歩いていると黒いキノコの集団を発見。黒いキノコなんて珍しいかもと思ってよくみたら一本黒くないのもあります。ということは黒いのんは老成して古くなったキノコということなんでしょうね。

Kinoko4213↑ちょっと近づいて黒くなってないのを撮るとこんなんでした。相変わらず名前なんかはわからないけれど基本的な傘の色は茶色なんでしょうね。

Kinoko4313苔の中で見つけた小さな白いキノコ。おそらく平たく開いてたものがカップ状になるんだと思います。Kinoko4513落ち葉に隠れて少しわかりにくくなってますが、けっこう数は生えてました。緑の苔に小さなキノコというのはきれいなもんですね。

Kinoko4413ゲート前に戻りかけたときに見つけたなんやわからんぐちゃっとしたキノコ。触ってみるとけっこう固く横のほうにもう一本はえてました。もう12月ですので冬なんですけどキノコって寒くなってもはえてたりするものもあるんですよね。また、そのうちに早く目がさめたらここにまた来ようかと思います。

« November 2013 | Main | January 2014 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ