« ミゾゴイ@UMEDA | Main | お城のキノコとアサギマダラ »

October 17, 2013

ムラサキツバメ♀探し

Murasakitubame1213
前回京都に行った時に植物園の中でシリブカガシにたくさん花がついているのに気がつきました。シリブカガシはマテバシイとともにムラサキツバメの食草なので花壇の花には興味をしめさないムラサキツバメでも蜜を吸いに来るだろうし、その下を探せば日光浴におりてくるムラサキツバメが撮れるのではないかと考えて気温が下がった今日見に行ってきました。地下鉄から降りて外にでるとえらい曇り空、これでは蝶は期待できないかもと思いましたが晴れてくることを信じて植物園内へ。

Asagimadara1213最初に目についたのは渡りの途中のアサギマダラ。ちょっと高い場所にとまったので撮影は難しく、見やすい場所はないかとまわりをウロウロ。

Asagimadara1113少し場所を移動してくれたけれど、あまりいい角度では撮れませんでした。

Murasakitubame1113一番たくさんシリブカガシが花をつけてる所は人通りも多く、しかも風があるので撮影には不向きかなと考えて、風の来ないところで木の下に椿やシャリンバイみたいな灌木のある所でねばります。やがて1頭、ちらちらと飛びながら椿の木の内側に降りてきました。葉や枝の隙間からとまってるのは見えるのですが、きれいに見える所がない。ものすごく焦っていると羽を開きました。メスや!・・・オスの開翅は撮ったことあるけれどムラサキツバメのメスはまだ撮ったことがなかったんですよね。不満足ながらシャッターはきりましたがぜんぜんピントがあってません。可能な限り画像修正したのが↑の画像。もう1枚撮ったけれどボケボケでどうしようもないのでボツ。羽の開き具合はそっちのほうがよかったのに・・・crying

Murasakisijimi3213諦めきれずにその場に仁王立ちになってるとムラサキシジミが代わりにとまってくれました。しかし、これがまたなかなか羽を開いてくれません。

Murasakisijimi3113ちょっと離れたところにとまってくれたムラサキシジミ♂がなんとか羽を開いてくれました。ムラサキツバメはその後シリブカガシの花にとまってたのをなんとか見つけたのですが、結局高い枝から下に降りてくることはなく諦めてほかの蝶探しをすることに。

Tumagurohyoumon2113クロセセリでもどこかにいてないかと探して歩きましたが見つからず、ツマグロヒョウモンがたくさんきてる三尺バーベナでメスを撮影。

Akiakane1113温室前の石にとまるアキアカネのメスはみつけたけれど昨年飛んでたというキトンボはみつけられませんでした。あとコノシメトンボはいてるけれど遠くてダメ。

Akiakane1213アキアカネのオスもいてました。オスのアキアカネは今期初撮り。

Mayutateakane2113マユタテアカネ♂はいつも必ず見つかります。

Mayutateakane2213すっかり成熟しきって色もわるくなったようなマユタテアカネ♀もいてました。マユタテ♀にはノシメ型と無色羽型がいてますが、無色羽のほうが遭遇率は低いように思うんですよね。

Nosimetonbo1113寒くなってきたのでそろそろ帰ろうかと思ったときにジンジャー園で見つけたノシメトンボ♂。ここでノシメトンボは初めてみました。撮ろうと思っても大阪あたりではなかなかみつからないしぶい色の赤蜻蛉です。

Nosimetonbo1313ここでノシメトンボが見られるなら池の方に行ったらもっと見つかるかもと思いましたが、移動するにはもう遅い時間になってしまいましたのでまたそのうち。ムラサキツバメにねばらなければ行けたかも。

« ミゾゴイ@UMEDA | Main | お城のキノコとアサギマダラ »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ミゾゴイ@UMEDA | Main | お城のキノコとアサギマダラ »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ