« お城のキノコとアサギマダラ | Main | 赤蜻蛉と茸 »

October 28, 2013

冬鳥と猫

Joubitaki3113
ここ数年、定期健康診断のたびにコレステロール値が高くて高脂血症とか脂質異常症と書かれていて昨年はついにLDL値が200の大台を超えてしまいました。具体的に何か症状が現れるというものではありませんが、放っておくと動脈硬化から心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす危険性もあるのでこの春先から病院に行って薬をもらってます。ということで今日も午前中は病院で長い時間をとられ、おわってから買い物なんかして帰るともう12時。最近はお城のほうも何かと撮影されてるみたいなので昼からお城へ。でも、行くたびにハズレの日なので一抹の不安が・・・。

Joubitaki3213案の定、であった知り合いにきくとなんにもいてないという返事。ただ、朝にノジコを撮影した人がいてるとか。ノジコってまだ見たこともないので目撃された梅林へ。うろうろしますが全然それらしい鳥に出会いません。ムシクイかな?という鳥を見たほかはジョウビタキ♂が時々姿をみせてくれるだけでした。今期は冬鳥のジョウビタキもまだ撮影できてませんのでせめてジョウビタキを撮ってから帰ろうとねばりました。まあ、なんとかジョウビタキは撮ったのですが、梅の木の枝葉が邪魔をして近いけれど残念な出来のものばかり。ん?ジョウビタキの動きがとまったと思ったら、なんと猫がジョウビタキとにらみ合いをしてました。

Binzui1113帰りかけた時に梅林の一角でなにか鳥の姿が目に入ったように思ったので、もしかしたらノジコではないかと期待が膨らみます。その場をうろうろグルグルまわってみるのですが、何かわかりません。もう夕方ですので暗くなってしまうとシャッターもきれないので半分諦めてました。が、ここで再びニャンコに出会いました。猫は背を低くして一点をずっと睨み付けハンティングの構えをとっています。私もしゃがんで猫の見ている方向を見てみましたがなんにも見えません。やがて猫は杭の上にのぼり、草むらの中にジャーンプ!キャット空中三回転!ばさっという音とともに鳥が飛び立ちました。ラッキーなことに枝の下のほうにとまり猫を警戒。胸にははっきりと濃い縦斑があります。何これ?カシラダカが最初思い浮かびましたがちょっと違う感じ。

Binzui1213大きくトリミングした画像がこれ↑。目の後ろのほうに白点があるのでビンズイですよね。ノジコの代わりになんちゃらタヒバリだったら大喜びするんですけどね。そういえばビンズイの胸のあたりって色がついてたかな?もう少し見やすい場所はないか動いてみましたが見失ってしまいましたので元の場所に戻ると草むらからニャンコさんが出てきました。口に鳥をくわえてはいないようでしたのできっとビンズイは大丈夫だったんでしょうね。それにしてもここの猫は人に餌をもらってるせいか人を怖がらないし、肥えてて敏捷性に問題があるんとちがうかな?きみらも人間がくれるカロリーの高い餌ばっかり食べてるとブクブク太るし、栄養のバランスを考えて食事せんと病気になるで。心筋梗塞で倒れても誰も病院に連れて行ってくれへんからなあ。さて、相変わらず鳥運がなくてお城に行くたびにボーズに近い状態やけれど今日はそれでも今期お初が二つも撮れたのでましなほうかな。あ、殊勲のニャンコ先生のお写真を頂戴するのわすれましたΣ(;・∀・)

« お城のキノコとアサギマダラ | Main | 赤蜻蛉と茸 »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« お城のキノコとアサギマダラ | Main | 赤蜻蛉と茸 »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ