« 全開!ウラジロミドリシジミ | Main | 初ヒロオビミドリシジミ »

June 11, 2013

やっと撮れたオオイトトンボなど

Ooitotonbo1313
今までぜったいにこれはオオイトトンボだというのが撮れてなかったのですが、やっと間違いなさそうなのがいてるという場所がわかったので梅雨が本格化する前に連れて行ってもらいました。オオイトトンボはセスジイトトンボ、ムスジイトトンボとよく似ているので大きくみれないと識別しにくいイトトンボです。はっきり違うところといえば背中側の側面の黒条の中にまったく細い線がないこと。

Ooitotonbo11113それに目と目の間に水色の線が一本はっきりとあり、上から見るとよくわかります。

Ooitotonbo1213目の色は黄緑色をしていてこれはセスジイトトンボなんかと同じです。ムスジは青い目をしてます。山とか内陸部の池にはいてるはずなんですが、なんせ歩き専門なもんで車がないと行きにくい場所に生息してるトンボは見たことがないものが多いです。

Tabesanae1113春のトンボであるタベサナエがいてました。黄色の体色がきれいなメスでなんかものすごく久しぶりに見たような気がします。

Kiitotonbo1113キイトトンボだっていてます。モートンイトトンボがいてたらいいのになと思って探しましたが残念ながらここにはいてないみたいでした。ホソミオツネントンボとかショウジョウトンボ、シオヤトンボ、クロスジギンヤンマ、なんかもいてました。

Mesugurohyoumon1113蝶のほうはなんといってもメスグロヒョウモンのメスを見つけたのが大収穫。ハンノキが多いところなのでミドリシジミを期待してたのですがまったく見つけられずにアカシジミを撮ってたら近くに青く見える蝶を発見したのがこれです。最初はオオムラサキがもう出だしたのかと思いました。

Mesugurohyoumon1213これがメスの羽の裏。なんかミドリヒョウモンかなと思うような緑色と白筋がよく目立ちますね。

Mesugurohyoumon1313メスだけではなくメスグロヒョウモン♂もいてました。こちらは水路のあたりで給水にいそがしく、羽を開いたり閉じたりしてるものでタイミングよく羽の表が写っていることを期待してかなりシャッターをきってしまいました。メスグロとはよくいったものでオスとメスはまったく色がちがいます。

Mesugurohyoumon1413オスの羽の裏はこんなんですが、色を塗り替えるとメスと同じ模様をしてるように思ったんですけどどうでしょう。

Hiodosityou1113_2メスグロヒョウモンと同じ場所に給水に現れたヒオドシチョウ。今日はもう1個体が近くにいてました。

Himejanome1113ついでといってはなんですが、ヒメジャノメを見つけました。コジャノメによくにてますが、こちらのほうが明るい色をしていて後翅裏面にある一番大きな眼紋の上にちいさな紋が3個あります。

Akasijimi3213場所を変えてここから遠くないいつものトンネルのむこうがわにも行ってきました。今日はもういたるところにアカシジミがいてて、少し歩いただけでいくらでも撮れるもんですから途中からはまったく無視してしまうぐらいにアカシジミだらけでした。

Akasijimi3113ウツギの花にもアカシジミはとまっていて2ショットまで撮れました。

Akatateha3113
アカタテハの羽の裏面です。アカタテハはすぐに羽を開いてしまうのでじっくと裏面を見ることが少ないかなと思って今日は裏面を載せておきます。

Himekimadaraseseri1113ヒメキマダラセセリの裏面。セセリチョウというと地味な茶色の蝶が多いのにこの蝶は明るいオレンジ色をしていて裏面もきれいです。

Rurisijimi1113しばらく栗の木の下でアカシジミ以外のゼフィルスがきてくれることを期待してみてましたがルリシジミやテングチョウが来るだけでぱっとしないのでそろそろ引き上げることに。

Uragomadarasijimi2213ねんのためにまたイボタノキのところで上を見上げてるとウラゴマダラシジミが今日も現れました。来たときはぜんぜんだったのにどこに行ってたのでしょうね。

Uragomadarasijimi2113そしてすぐ近くで産卵行動をはじめました。やっぱり食草のある場所ではねばってみるものですね。羽の表は見ることできませんでしたが最後にいいものが撮れました。残念なことにもう光線不足でスピードがのびずボケボケで歩留りが悪かったのが惜しまれます。そのうちに羽の表も撮ってみたいものです。

« 全開!ウラジロミドリシジミ | Main | 初ヒロオビミドリシジミ »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

写真をクリックすると大きくなって見やすくなり助かります。
オオイトトンボの仲間は似ていて同定が難しいです。
こちらの「ぶらぶらある記」さんのブログのように
大事な眼後紋・後頭条・腹部第8節の黒い紋がはっきり写っている
ブログは少ないです。
お陰で大変参考になりました。

itotonbosan お褒めいただきましてありがとうございます。
小さなトンボの識別点までちゃんと撮れてる写真はなかなか撮るのが難しくて
機材や腕前の限界に挑戦してます。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 全開!ウラジロミドリシジミ | Main | 初ヒロオビミドリシジミ »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ