« 遠いアオサナエ | Main | 今年のタマちゃん »

May 30, 2013

今期初ゼフィルス

Uragomadarasijimi1113
今年はどうやらゼフィルスの発生が早い目らしいというのでゼフィルスの中でも早くに見られるはずのウラゴマダラシジミを探しにトンネルのむこうがわまで行ってきました。お天気が悪くて虫の出もあまりよくないみたいでしたが、食草のイボタノキを見て歩くうちに少し明るくなってきました。いったん戻りかけてたのですが、もう一度イボタノキがたくさん花をつけてるあたりに来ると白い蝶がイボタノキのはるか上を飛んでました。なんとか目視できる場所にとまってくれたもののシジミチョウを撮るにはあまりにも遠く高い場所で証拠写真がやっとでした。もちろんトリミング大です。

Ibotanoki1113これがウラゴマダラシジミの食草イボタノキの花です。ちょうどこの時期が花の季節でダイミョウセセリやテングチョウ、イチモンジチョウなんかも吸蜜にやってきてました。ただお目当てのウラゴマダラシジミがこの花で蜜を吸う場面は私はまだ見たことはありません。でもこの木が食草であるかぎりこの近くにはウラゴマダラシジミがいてて産卵に来るはずなので根気よく見張っていると姿が見られるであろうと思います。今日も高い場所を飛び回る姿や追いかけあいをする姿は見ることはできました。白いのでウラギンシジミなんかと間違えそうですが、ウラギンなんかよりも羽に厚みがない感じで、ルリシジミよりはあきらかに大きな蝶です。

Daimyouseseri1113_2ダイミョウセセリはよく見かけましたが、これもなかなかいい角度で花にとまってくれませんね。ウツギの花もきれいに咲いてましたのでそちらのほうにもよくとまってました。

Himetutihannmyou1113_2

枕木の上であれ?と思う虫がいてました。おそらくヒメツチハンミョウと呼ばれてる昆虫だと思うのですが、以前に見たものはもっと青みがかってたはずなんですけどこれはあまり青みがあるように思えませんね。それにしても大きなお腹です。

Kooniyannma1113_3トンボのほうは駅を出てすぐにコオニヤンマをみつけました。コオニヤンマは大食漢で飛んでる虫をみつけたらとりあえず食べてみようかという感じで飛びかかっていきます。あとはミヤマカワトンボなんかがもう支流にいてましたが、新名神の工事とかですっかり汚くなり泥の川みたいになった所では撮ろうという気もおこらず、またそのうちにきれいな場所で撮りたいと思います。ということで、もっとねばってウラゴを撮りたいところですけどあたりがまた暗くなり雨も降りだしたので早めに撤収。

« 遠いアオサナエ | Main | 今年のタマちゃん »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 遠いアオサナエ | Main | 今年のタマちゃん »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ