« 春一番 | Main | 恋の季節 »

March 22, 2013

ヤマドリ2

Yamadori2513

前回は人が多くて良い立ち位置が確保できずにぱっとしなかったヤマドリ♂。そのリベンジに行ってきました。今日は12ごろ到着した時点では40人ほどが集まっていました。愛知県とか滋賀県からのお客様もいてるようで相変わらずの人気ですね。

Yamadori1413ヤマドリ♂は一時過ぎにやや離れた場所に現れて母衣打ちもみせてくれたものの近づいてくれず山の中にすぐに引き上げてしまい、影が濃いもので今一つ。今日は300㎜ではなくて400㎜で撮影したのでちょっと離れてましたがこんなもんでしょうね。Akatateha1113その後しばらくは登場がないもので、寒いし日光浴と昼食をかねて池の横のベンチ
に行くとすぐよこでアカタテハも日光浴をしてました。越冬明けの個体としてはきれいなアカタテハでした。

Ruritateha1113_2時々離れた私からはよく見えない場所にヤマドリは来てたみたいなんですが、見えんものは撮りようもないので暇つぶしにうろうろしてると休憩所横にルリタテハがいてるのに気がつきました。羽をとじてるとおそらく気が付かなかったでしょうが時々パタパタしてくれてたお蔭でこれも本年度初物のルリタテハです。一人でシャッターをきってる姿を回りの人はどうおもったでしょうね。

Sumire1113すぐそばにはスミレの花も咲いているので、でできたら花にとまる姿を撮りたいけれどルリタテハってあんまり花に興味をしめさないんですよね。たいてい樹液なんかをすすってますから。

Yamadori2413で、ヤマドリはというと3時ごろやっといつもの近い目の場所に降りてきました。それにしても長い尾羽です・・・横から撮るとかなり前進してくれないと尾羽の先がはいりません。

Yamadori2213_2再びほろうち。しかし後むいた状態ではねえ・・・それでも背中側もけっこうきれいです。その後お立ち台にあがったところでこっちを向いてほろうちしてくれたのですが、まだピントがあってなかったのでいいのが撮れませんでした。あんまりオートフォーカスで撮影することはないのですが、こんなふうにうろうろする鳥には前方に障害物がなければオートフォーカスを利用すべきだったとちょっと反省。

Yamadori2613_2そのあとも後をむいてまたほろうち。ほろうちは縄張り宣言とか自己アピールのためにやってるらしいんですが、語源はなんなんでしょうね。母衣は戦国時代に騎馬武者が背中に背負ってた袋状の布のことなんでしょうが、バタバタと大きな音を立てて走ってたのかな?

Yamadorimesu1313_4
今日の目的の一つに前回撮影できなかったヤマドリのメスを撮るというのがありまして、到着してすぐにメスだけが水場の近いところに出てきてたのですが、その時はまだ準備ができてなくてモタモタしてるうちにいなくなって撮ってないんです。オスがいなくなってすぐあとにメスが現れましたので今日はオスよりもたくさんシャッターをきったかもしれません。

Yamadorimesu1213_2メスは何羽かいてるようですが、4羽いてるという話もあります。でも、メスではなくてメスタイプのオスの若鳥もいてるとか、いや有名なバーダーさんによると全部メスで個体差でメスタイプみたいに見えるだけだという話もでてたようです。さて、本当のところはどうなんでしょうか。まあ、わたしゃ素人なのでとりあえずのメスということでええんとちゃうかな・・・

Katanosi1113_3帰りがけにちょっと気になってたマンホールの蓋を撮ってみました。絵柄を見てマンホールの蓋までヤマドリが描かれるとはよほど昔からヤマドリで有名だったのかと思いましたが、帰って調べてみると市の花のつつじと市の木である桜の花、それに市の鳥である雉が描かれているということがわかりました。ヤマドリはキジと比べるとマイナーですからやっぱり無理がありますね。でもキジが描かれてるということはここらへんはキジが多いということでしょうか?ヤマドリみたいにキジが撮れるんだったら来るかなあ・・・。

« 春一番 | Main | 恋の季節 »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 春一番 | Main | 恋の季節 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ