« お帰りですか | Main | 春一番 »

March 15, 2013

(川)の鵲と頭黒鷗

Kasasagi1213
昨年も撮りに行ったのですが(川)のカササギとズグロカモメを見に行ってきました。カササギのブルーの羽の色をきれいに撮りたかったので今年はカメラの設定を少しいじってみました。コントラストを少し下げて彩度を上げることにより黒っぽく写るブルーブラックのカササギの羽がきれいなブルーに写るのではないかという実験もかねてます。

Hamanomiya

浜のお宮さんの中を歩くと天神さんをお祭りしてある神社なので梅の花が咲いていました。ちょっとだけ花のある風景といった感じの写真も撮ってみました。角度的にやや不満がありますがきれいな社殿をバックにいれて撮ると花つきは今一つでもけっこう見れます。

Kasasagi1313今日は風がつよい日でしたが松林の公園内にいてると松の木が適当に防風林的な役割をはたしてくれるみたいで風もあまりきつく感じません。さてカササギはというと金属的なガシャガシャという声を頼りに探してると何度か飛んでるのを見かけることができてあまり高い位置や枝かぶりのひどいのは撮れませんが見やすい所にとまったのが何回か撮れました。ただ背景が明るくて日が当たってない状態では色もでないしさっぱりです。まあ近くで何か食べてるみたいなのは撮れました。何を食べてるのでしょうね。松の木をつついてたように見えたのですけどね。

Kasasagi1513できたら日当たりの良い場所に降りてきてくれるのを撮りたかったのですが、一度だけチャンスはあったものの残念ながら目がでてません。カササギは顔が黒いのでなかなか目がでてる写真が撮りにくいんですよね。羽のブルーがきれいに出ててしかも目がちゃんとわかる画像が撮れたら理想的といえるかもしれません。

Kasasagi1113木どまりで目も羽のブルーもでてるかな・・・というのは何とか撮れたのでここはまあこんなもんでいいでしょう。カササギが枝をくわえて飛んだりしてたので巣作りをしてるとは思いますが、まだこれからといった感じであの大きな巣が出来上がるのはまだ少し時間がかかりそうです。

Yurikamome1113昨年は行くのが遅くて頭黒くないカモメを1羽みただけにとどまりましたので今年こそは頭の黒いのを撮ろうとさらに電車に乗り駅から川沿いに歩いて河口までいってみました。さすがに3時をすぎてましたがカメラマンの一人もいてませんでした。まあこの風の強い中をここまで歩いて撮りに来るなんて地元の人ならしませんわな。で、河原に並んでるカモメや飛んでるのからこれやと思って撮ったのですが、あとで見ると嘴が長い目やし黒というよりは茶黒だったのでユリカモメの夏羽の出始めやというのがやっとわかりがっかり。せっかくいい感じで撮れたと思ったのですけどね。

Zugurokamome1113で、本物のズクロカモメの夏羽は水際にちゃんといてました。でもけっこう距離があるところにとまってるので間に隠れる場所もなにもないし、どこまで接近を許してくれるのかわかりません。飛んでもしかたないという気で少し前進してはシャッターをきりを繰り返して最終的に↑の大きさで撮れる距離まで近づけました。ちなみに今日は1・4倍のテレコンをかましてます。こういう時に一人のカメラマンもバーダーも周囲にいてないというのは強みですね。一応土手の上を見渡してギャラリーがいないかどうか確認してから近づきました。

Zugurokamome1213見渡したところ完全に頭が真っ黒な夏羽の成鳥は1羽だけみたいでしたが、まあ、撮れたので良しとしましょう。羽の下側に黒い大きな斑があるように見えるのがズグロカモメですね。

Zugurokamome1313あとのズグロはまだこんな感じの若い個体とか冬羽で、ユリカモメも一緒にいてるので素人にはよくわかりませんわ。

Zugurokamome1413時間があると葦にはえてる場所でカニをつかまえに来るズグロカモメを撮るとこですがもう夕方で、強風のうえに気温も低いので適当にバシャバシャ撮っていそいで帰ってきてしまい満足に撮れたものはほとんどありませんでした。

« お帰りですか | Main | 春一番 »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« お帰りですか | Main | 春一番 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ