« オオマシコ撮りまくり | Main | 早春の山野草と野鳥 »

February 25, 2013

鴛鴦たずねて?千里

Osidori1113
今日もゆっくりしてたので午前中に病院に行ったり買い物したり銀行によったりしてたらすっかり遅くなってしまい、これからどこかに撮影に行くといっても何かが確実に撮れそうな場所って限られてるんですよね。でも珍しく年休を使って休んだので家でゴロゴロしてるのはもったいないなということで千里に行ってみることにしました。南の方に行ったらまだいてると思ってたホオジロガモの姿が見えません。時々ほかの池に行くこともあるらしいけど、もう旅立ったのでしょうか。しかたなくバスで千中に行ってみることに。オシドリはたくさんいてるのでハズレはないはずだけどすぐにはでてきません。

Osidori1513やっと夕方のお食事タイムがきたようで10羽近くがでてきました。今日の目的としては定番のオシドリのペアがのんびりと泳いでるようなのを撮りたかったんですが、食事どきはもう戦争で、バシャバシャと水しぶきをたてて潜ったり追いかけたりでなんかイメージが違います。それにしても大きなドングリの実ですね。クヌギの実かな?こんなのを丸のみにするんだから胃袋も丈夫なんでしょう。

Osidori1313ふさふさの毛で覆われてるのでよくわかりませんが、首はけっこう細いみたいですね。なんかスカッと首の後ろ側が抜けたように見える時があります。

Osidori1413パタパタもしてくれたのですが前から見たほうがきれいかな?ここでのオシドリの撮影は日がさしてるときは夕方だと光線の向きがよくなくて影が目立って難しいですね。それにここの観察小屋?の使い勝手の悪さはどうにかならんもんでしょうか。のぞき窓がやたら低い位置とものすごく高い位置に交互にならんでるんですよね。下のほうは小さなお子様にむいてるのかもしれませんが、高い位置ののぞき窓は脚立や踏み台がないと使えません。身長が2mぐらいあればいいかも?

Yosigamo2113帰りは歩いて地下鉄の駅まで行きましたので駅から近い公園の池でヨシガモを見てから帰りました。もう日が落ちはじめてたので泳いでるヨシガモの動きをとめるほどのシャッタースピードがでずにほとんどボツでしたけどね。

« オオマシコ撮りまくり | Main | 早春の山野草と野鳥 »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« オオマシコ撮りまくり | Main | 早春の山野草と野鳥 »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ