« 初恵比寿で残り福 | Main | すれ違いの日 »

January 13, 2013

むこうがわのこちら側

Ikarutidori1313
昨年やっと撮ることができたイカルチドリ、ちょっと遠かったしぼけっとした画像しか撮れなかったのでもう少し大きくはっきりと撮りたいと思い今日は尼崎側から探してみることにしました。まず昨年撮影した場所を目指します。

Zassyu1113ワンドというか中州のこちら側にちょっと気になる鳥を見つけました。白いカルガモ?・・・いや、一緒に泳いでるカルガモと比べると大きさも違うし嘴の色が橙色をしてます。交雑種かと思いますが、アヒル×カルガモみたいな感じですね。

Segurokamome1113堰のところにじっとしてるカモメを見つけました。セグロカモメなんでしょうね。後のカゴが絵的には残念です。さて、昨年はここでイカルチドリを見つけたのですが、今日はイソシギとかセキレイはうろちょろしてますが、イカルチドリの姿がありません。しばらく見てましたが気配がないのでもう少し上流側に歩いてみることに。

Ikarutidori1113中州の内側を見ながら河川敷を歩いていてイカルチドリをあっさり発見!河原側に降りて撮りたいところですが、もしかして飛んで逃げられるかもしれません。でも川を間に挟んでいるせいかまったくこちらを気にすることなく餌を探しながら歩いており、コンクリート護岸の上から撮り放題でした。テレコンはつかってますが、トリミングをしないと↑この大きさです。

Ikarutidori1213一羽だけかと思っていたらなんともう一羽がうしろを歩いてました。イカルチドリというともっと石ころゴロゴロの場所で乾いた感じの砂礫の河原を歩いているというイメージがあるのですが、けっこうジメジメした場所にいてるんですね。

Ikarutidori1413_2前から見た画像です。おでこの黒い部分と目の過眼線の部分はかなり質の違う黒をしてるようで、目のあたりは黒というよりは濃い褐色といった感じですね。コチドリみたいにはっきりと太い黄色のアイリングではありませんが、それでもアイリングと思われるのがあります。目の下側ではそれがよくわかるのですが、目の上のほうはよくわかりません。

Sime2113これ以上近づけるわけでもないので適当に撮ってから河川敷にあがると一羽のシメが地面でじっとしていました。これぐらいじっとしてくれるとテレコンがなくても撮れるだろうと思ってベンチに座りテレコンをはずしてからまた撮影するつもりでいたら、いつのまにかカラスと入れ替わっていたのでここはこれまで。もう少し川沿いに走ってから伊丹市内にはいりミコアイサのいる池によってから帰ることにしました。

Mikoaisa1213_2もう夕方近くなのであんまり時間をかけて撮ることはできませんが、いつもちょっと遠いので可能な限り近くで撮りたいものです。

Mikoaisa1113_2曇天ですので水の色がでないし、飛びものも期待できそうにありませんがミコアイサ♂もすっかり白くなってますね。

Mikoaisa1413_2西側から東側に飛んではいってきた数羽のうち1羽だけが水門近くにもどってきて潜水したりしてくれたお蔭でなんとかトリミングなしでもきれいなミコアイサのオスが撮れました。すぐにまた奥の方に行ってしまったので大きく撮影するチャンスは一度きりでしたが、とにかく今年もミコアイサが撮れたので目的達成です(*^ー゚)bグッジョブ!!

« 初恵比寿で残り福 | Main | すれ違いの日 »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 初恵比寿で残り福 | Main | すれ違いの日 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ