« 手強いキクイタダキ | Main | コウノトリ飛来 »

November 01, 2012

誰かが風のなかで

Kuruturaherasagi1112
なんとなく遅く起きてしまった平日の休み、出かけるにはおそいとは思いましたが11時をまわってから大阪南部にきてるというクロツラヘラサギを見に行きました。電車にゆられてやっと最寄の駅についた時には空もどんよりとしていて気分的にもぱっとしません。やっとのこと目的地についたら大きな池を見渡してもカメラマンの一人も見当たりません。もしかしたらもう抜けてしまったのかと心配になりながらも池の反対側を目指して歩くことにしました。

Seitakasigi1112池の周囲を半分ほど歩いたところでやっとカメラマンを1名発見。そのレンズの先を見てみるとセイタカシギがいてるじゃありませんか。わりと近い場所にいてたのですがレンズのテレコンをかまして撮影していたのに感度を上げるのを忘れていて、せっかく飛び上がったり水浴びしたりしてくれたのにスピードが伸びずにブレブレの写真しか撮れませんでした。

Seitakasigi1212もちょっと足の長いのがわかる場所にたってくれるとよかったのですが、まあかわいく撮れてるので良しとしましょう。撮ってるとカラスがやってきてセイタカシギを追いかけまわしたりして遠い場所に移動してしまったのでここはまあこんなもんかな・・・。お城の人たちがセイタカシギに集まってきましたので、クロツラヘラサギの場所を教えてもらいました。

Kumedaike1112池が大きいのでしかたがありませんが、真ん中あたりにいてるのを撮ったらこのくらいにしか写りません。そこはかとなくクロツラヘラサギだというのがわかる程度です。

Kuroturaherasagi1212そのうちにやっとやや近い目に撮れそうな池の東に移動してくれました。日も差してきたのですが、今日は雨がふったり風が吹いたりと天候が不安定であきません。とりわけ風が強くてレンズをのぞいてる自分自身が風で震えるものだからマニュアルでピント合わせをしてるのにピンがいってるのかどうかはっきりわからないんですよね。

Kuroturaherasagi1312ちょっと遠い目が多いのでテレコンも使ってますけどトリミングは必要かな・・・まずは横向き

Kuroturaherasagi1712へらのような嘴がわかるように正面顔も撮ってみました。

Kuroturaherasagi1512コサギなんかは直線的に餌にむかって嘴をつっこむようにして狩りをするのに、クルツラヘラサギは首を左右に振って餌さがしをするんですね。こんなんで捕まえられる魚がおるんかいな?

Kuroturaherasagi1412と思ったら、見事に大きな魚をゲットしてました。パン屋でパンを挟んでとるやつを思い出しました。

Tahibari1112セキレイなんかとは違う小鳥がうろちょろしてるので何かと思えばどうやらタヒバリみたいです。タヒバリは今まであんまり撮影したことがない鳥なのでなんとか近くで撮りたいものと思いましたが、早くて遠いし大きく撮れたものは一枚もなしでした。

Seitakasigi1312帰りがけにセイタカシギの場所をのぞくとまだいてました。首をのばしたところが撮れたので今日はこんなところで。

« 手強いキクイタダキ | Main | コウノトリ飛来 »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 手強いキクイタダキ | Main | コウノトリ飛来 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ