« October 2012 | Main | December 2012 »

November 2012

November 29, 2012

カヤクグリと普通のベニマシコ

Kayakuguri1112
いま大阪周辺の鳥屋さんたちの間では山の上のオオマシコとかハギマシコを撮りに行くのがはやっているようですが、あそこは遠い上に歩きではちょっと行けないので電車で行ける普通のベニマシコを撮りに行きました。今期はオオマシコなんかはもっと近場で見ることができるのではないかという鳥予報をとりあえず信用することにします。さて、いつもの駅について今日は川の上流からせめて見ることにしました。鴛鴦でもいてないかと川を覗き込みに行くと地面からアオジの集団と思われる鳥たちが飛び立ちました。やや離れたところに飛ばなかった鳥がいてたのがいてたのでよく見るとなんといきなりベニマシコです。

Benimasiko4212テレコンを使っていてボケ具合が大きいのであんまりトリミングするとかえってひどい画像になるので心持トリミングしてます。今期初のベニマシコはやっぱりメスでした。さらに歩みをすすめてセイタカアワダチソウがたくさんはえているところでオスもみつけましたが、草の中にいててちょっと撮るのは難しそうです。

Benimasiko4112この上に駐車していた車が動いたせいでベニマシコ♂が飛び出しました。枝先がちょうど顔にかかっていて今一つですがきれいなオスです。淀川なんかでベニマシコを探すとなんか色の悪いのばっかり見つかるんですが、こちゃらがわのベニマシコはきれいなのが多いです。でも、ものすごく手強くて近くで撮れることがほとんどありません。

Ruribitaki4112行き止まりのトンネル前でなにか聞きなれない鳥の声がきこえてきたのでその上の山道を歩くことにしました。じつはここから先は行ったことがなかったのでどうなってるのか知りません。声の主はちらりと見た感じでは小型の白っぽい鳥に見えたのですが正体は不明です。山道の先はまた川沿いの細い道になっており山中への分かれ道があり、電車でトンネルを抜けた時に見える風景でした。ルリビタキのメスタイプが出てきてくれたので記念写真をcamera

Benimasiko4312また先ほどの場所に戻ると川沿いのススキやセイタカアワダチソウが揺れてベニマシコをまた見つけました。距離があってほとんど証拠写真みたいなのしか撮れませんでしたがまあ何枚も撮れたので良しとしましょう。

Ikarutidori2112下流側に場所を移動して橋の上から何かいないか見ようとするとシギチが一羽飛びました。レンズをとおして追いかけるとクサシギでしたが、すぐに見失ってしまい撮れてません。その前にイソシギも見たのでここにはイソシギもクサシギもいてます。そしてここでは初めての鳥、なんとイカルチドリがいてました。私のレンズではボケボケでよくわかりませんでしたが後で人の撮ったはっきりとした画像を見ると目のアイリングがコチドリみたいにまあるくきれいに出てないのでイカルチドリにまちがいないと思います。イカルチドリを見たのはまだ2度目なので間違ってたらごめんなさい。

Kayakuguri1412下流側のぬかるみの道の奥には残念ながらジョウビタキのメスがいてただけであとはエナガの集団ぐらいしか見てませんが、戻り道でカヤクグリが待っていてくれました。道の真ん中に出てくれていて、しかも近づき放題。カヤクグリを草かぶりや枝かぶりなしで撮ったことなかったのでもう撮りまくりました。弾切れになったのでカードを取り換えてるとカヤクグリはいつの間にかガードレールの上に。

Kayakuguri1512ほかの鳥の声が聞こえると上の方を伺う様子でじっとしてます。

Kayakuguri1312向きを変えてこちら側を向いた時に左側の頭になにか白いものがついてました。なにか腫瘍ができてるのかダニにでも食いつかれてるのか、かわいそうに・・・なんて思ったんですが、アレ????? 先ほど撮ったときには頭にはなにもついてなかったぞ。

Kayakuguri1212ほとんど右側ばかりを撮ってたので気が付きませんでしたが、あらためて左目の上をみても何もついてません。ええ~、もう一羽いてたのか、それともカードを取り換えてる短い時間のうちに白いのんがついたのか?う~む、なんか気になります。

November 25, 2012

ムラサキシジミの秋

Murasakisijimi3112
珍しい鴨が戻ってきたというので是非撮りに行きたいところでしたが、今日は月に一度やってくる日曜出勤の日sweat02 お天気もいいのに出かけられないなんて!午後からの仕事なんで近くなら朝早くから出かけて、撮ったらすぐに戻り仕事に行くということができるのですが、奈良県ではどうしようもありません。しかたないので近所でムラサキシジミの日光浴を撮ってきました。まずはオスの開翅。日が当たって気温も高くなるとムラサキシジミも敏感で、よく動くので気に入った角度ではなかなか撮れません。

Murasakisijimi3212ムラサキシジミはあまり花にはとまらない蝶なのですが、越冬前の個体はやはり栄養をつけるのでしょう、小菊にとまり蜜を吸っていました。

Murasakisijimi3312何年か前にはこのムラサキシジミ♀がとまってる木にムラサキツバメ♂がとまっていて撮影することができたので、以来何度もここをのぞくのですがその後出会いがありません。ここならば絶対確実にムラサキツバメ、できたらメスが撮れるという場所があれば教えてもらいたいものです。

Momiji1112ムラサキシジミの開翅が撮れるのはたいていお昼ごろまでで、あとは見つけることが難しくなるのでそろそろ帰ろうとするときに黄色く色づいたモミジの葉につかまったままのセミの抜け殻を見つけました。セミ自身はもう寿命がつきていなくなってるはずなのに、その後もずっとこうしてしがみついてる抜け殻がなんか健気に思えるのでした。

November 22, 2012

目の前のキクイタダキ

Kikuitadaki2112
今日は予定では奈良県に現れた珍しい鴨を撮りに行くことにしていたのですが、生憎もういなくなったというので朝からゴロゴロ。いつもと変わりませんが、お天気も昼から回復するというけれど曇天で起きようという気がおきません。それでもなんとなくいつもの都市公園まで行ってきました。今日は森の中はツグミ類が多くいてるのはわかりましたが、木の上の方を飛び回っていたりで撮れそうな気がしません。そのまま上の藤棚のところに行くと今日はヒガラがよく飛び回っていました。マヒワなんかものすごくたくさん群れで飛んできましたが高い杉の木の上のほうにもぐりこんでぜんぜんダメ。紅葉した桜の枝にとまるかなと思ってヒガラを追いかけますが動きが早い上にまったくいいところに止まらずシャッターがきれません。キクイタダキも混じっていたので追いかけてると横のモミジの中に入りました。ちょっと枝が邪魔だし、陰になるので鳥の写真としてはいまいちなんですが何枚か撮れました。でも露出補正をしてる余裕がなかったので黒潰れに近い状態です。

Kikuitadaki2312ちょいとトリミングして画像処理してみました。赤い紅葉の比率は少なくなるけれどこれでもけっこうきれいです。

Kikuitadaki2712いつものコースを回りますが今日はカメラマンも少なくて何かを撮っている人はほとんど見当たりません。秋にはよくヒタキ類が飛び回ってる博物館横の石垣の上にあがってもジョウビタキのメスをちらっと見ただけです。そのまま梅林が見渡せる方面に曲がって歩いてると下からレンズをのぞいてる人を発見。足を止めて何を撮ってるのか見上げるとまたキクイタダキがニレの木にいてるじゃありませんか。

Kikuitadaki2912もちろんキクイタダキのことですのであっちに飛びこっちにとまりでじっとしてなくて、枝が多いものですからまともにすっきり見える場所にきません。撮ってるのが自分も含めて2名だけというのはこういうときに便利です。人が集まってる場所だとあっちこっち立ち位置を変えると怒られるんですけどね。

Kikuitadaki2512_2そのうちに目の前の枝にとまってくれるぐらいに近づいてくれて、こっちが後ずさりしないと撮れないほどでした。まあ、空抜けなのが難点でしたが、こんなに近いキクイタダキなんか初めて見ました。

Kikuitadaki2412_2頭をさげてくれないと菊の花びらのご紋がみられないのですが、なんとか一枚写ってる画像がありました。片方の羽だけが大きく開いてるのでバランス悪いようにも思えます。でもこんなに大きくはっきりと撮れたのは初めてでしたので私としては満足です。ところで、このキクイタダキの顔は職場の某人物によく似ています。職場で忙しく動き回る姿なんかを見るといつもキクイタダキを思い浮かべるんですよね・・・。

Ruribitaki4112_2さて、ほかに何か撮れそうなものはと思ってると今日もまたアカゲラがおったというニュースが。前回撮影したのでちょっとゆっくり目にあちこちのぞきながら引き返しましたが、みつかったのは三つ巴で追いかけあいをしているジョウビタキ♂♀、それにルリビタキのメスタイプだけでした。それも木の上のほうで飛び回ってるので撮りにくいのなんの・・・ちょっとかぶってますがルリビタキがしばらくじっとしてくれましたのでカシャcamera 歯医者の予約をいれてるので残念ながら本日はこれまで!

November 18, 2012

森へ行きましょう

Enaga1112
なんとなく遅い目に目覚めた日曜日、空を見ると雲が多いけれど晴れ間ものぞいていて雨の心配はないかも・・・。晴れていたら緑地公園にでも行ってムラサキシジミやムラサキツバメを探してついでにカワセミでもと思っていたのですが、これでは蝶は期待できそうにないなと思い、となるとまたお城ということになる。しかし、ベニマシコなんかの姿も見られているらしいんでおもいきってキツツキの森に行くことに決定。いつもは電車とバスなんですが今日は原付で一回行ってみようと思いつきました。いつもの通勤路をさらにまっすぐ行くだけなので道に迷うことないし、寒くなってから原付で長時間というのはきついんですよね。結果としてはうちから約40分といったぐらいでつきました。レンズをセットして歩き出してしばらく行ったところでバイクのカギをさしたままなので引き返し、さらにトイレが利用できないことがわかり、バイクに乗ってトイレのあるところへ。今度は雨が降り出したもんでしばらく雨宿り。どうやら今日はついてないみたいです。

Aoji1112けっきょくまた森に行って撮影できたものといえばエナガアオジだけでした。ミヤマホオジロは遠目にシャッターはきったのですが、ブレブレのボケボケでいいところなし。やっぱり今日もお城に行ったほうが良かったかもしれませんがアオジも初撮りやったし、一枚だけ撮ったエナガがけっこう良かったりしたのでこれから冬は長いことやし、気長にやってればそのうちに何か撮れるでしょう、うん

November 15, 2012

オシロビタキ登場

Ojirobitaki1512
最近アカゲラやらウソ、はたまたヤマシギなどが目撃されてるいつもの・・・都市公園!に行ってきました。お天気が不安定なものであんまり気乗りはしてなかったんですが、こういう時こそ何か珍しいものが見られるかもと思って出かけてみました。が、森の中はこれといったものに出くわさなかったし、カメラマンも少ない。公園内の桜の紅葉がきれいだったので紅葉がらみのシジュウカラでもいいかなと思い桜広場に行ってみたけれどヒヨドリすらとまってませんでした。歩いていてシメを一度目撃しただけで梅林の中をぐるっと回ったけれど収穫なし。梅林を出て、さてどっちに行こうかなと思ってるところに知り合いの自転車が通りがかりオジロビタキが出てると言うので早速堀沿いに移動。

Ojirobitaki1412昨年は真田山まで撮りにいってぺしゃっとなったオジロビタキを撮ったのですが、今年はなんとも元気の良いオジロビタキでつつじの刈り込みの中や外でルリビタキと追いかけあいをしてました。

昨年だと思ってたのですが、今年の1月に撮影してました。

Ruribtaki3112ルリビタキの成鳥♂を期待してたのですがメスタイプでした。まあ。今期は初物になるので記念写真を・・・それでも鬼ごっこが忙しくてなかなか撮らしてくれなかったんですよ。

Ojirobitaki1212_2オジロビタキは何度も撮影しているけれどこんな風に尾を高くあげてきれいに開いてる写真を一度は撮ってみたいんですよね。今日はどんどん曇ってきて雨まで降り出し、シャッタースピード40分の1で撮ったのでブレブレで画像処理してもかなり無理があります。

Ojirobitaki1112_2オジロビタキの喉のところ、地面におりてるのを撮ると黄色っぽく写ってますね。落ち葉の色がうつってるのか、角度によってはこんなふうに見えるのかどっちなんでしょう?このまま春までいてくれるとはっきり色がでてどちらかわかるかもしれませんので是非いついてほしいものです。

Ojirobitaki1312せっかく何枚も撮ったものだからもう一枚貼っときます。こうみるとやっぱり喉元は白いよねえ・・・。

Akagera1212_2ほかに何かめぼしい鳥がいないかと歩いてるとアカゲラ♀がじっとしていて撮り放題やというので急いでそっちへ。が、たどり着いたころにはすでに飛んで行ったあとだというのでがっかり。しかし、うろうろしてるとアカゲラがまた現れたというので再び移動。今度は間に合いました。アカゲラはあっちこっち飛び回るうえに木を下から上に登っていくものだからファインダーの中にとらえてシャッターをきろうとすると飛ばれてばっかりでなかなか写せません。

Akagera1112_2ちょっとトリミングはしてますが、これが一番ましな画像です。アカゲラは今までも撮影したことはあったのですが、オスばっかりでしたのでメスのアカゲラを撮ったのは初めてです。頭に赤いところがないのを確認できました。夕暮れ時までアカゲラの再度の登場を期待して寒い中待ってみましたが残念ながらお出ましがなく今日はここまで。今期初物が撮れたので出ててきて正解でした。

Uraginsijimi1112_2今日のオマケ。ウラギンシジミが葉に逆さまになってじっととまっていました。こう気温がさがると越冬可能な蝶も動かなくなります。今期はなんとかムラサキツバメ♀の羽の表を撮りたいと思ってるのですが、なかなか遭遇しないんですよね・・・。

November 11, 2012

檸檬(在庫から)

Simaakamozu1112

今日は一日雨でしたのでどこにも行ってません。そこで今年の2月に撮影しながらアップしなかった画像を庫出しすることにしました。なぜか大阪のあたりにやってきたシマアカモズです。沖縄のあたりなら珍しくもない鳥なんだそうですが冬場に大阪で見られたというので話題になった鳥です。田んぼの縁に植えられてるイチジクの木にとまって愛想を振りまいてくれましたがフェンス越しに撮ってたのでいつもよりも多い目に画像処理してます。

Simaakamozu1212_2夏ミカンとかではなくてレモンが一緒に写ってるのがちょっと珍しいように思います。

Simaakamozu1512_2金柑もありましたね。ちょっと遠い目の木にとまりましたので大きくトリミングしてます。

Simaakamozu1412後からの画像がほとんどないことに気がつきました。この画像が後ろ側から羽の模様がわかるぐらいです。

Simaakamozu1312モズって目に光がはいらないと黒い過眼線で目がわからないんですよね。背景の赤っぽいのはポインセチアかな?そういえば来月はもうクリスマスです。1年なんて本当に早いですわ。

Mozu1112普通のモズとシマアカモズとの違いがわからんという人のために普通のモズ♂の画像もオマケにつけときます。タダモズの方は頭の茶色が濃いし、羽の黒縁に中に大きな白斑がありますな。この冬もなにか変ったモズが大阪にきてくれたらええのにね・・・。

November 09, 2012

秋の深山

Miyamahoojiro1112
そろそろ冬鳥のミヤマホオジロが山に来てるのではないかなと思って電車&ハイキングに。普通のホオジロはいてるけれどミヤマホオジロの姿はないようなと思いながらもバードバスの丘あたりで紅葉などを眺めてるとジョウビタキ♀が上のほうにとまりました。そのジョウビタキとは別にモミジの奥になにか鳥がいてるのに気がついてレンズをのぞくとミヤマホオジロが1羽とまってました。葉隠れなのでやや後ろにさがって姿が見えたところでシャッターをきったもののおそい連射で3コマのうち1カットだけ前を向いてるのが写っていました。

Miyamahoojiro12123コマ目にはもう逃げるところしか写っていません。まあ、1カットでも紅葉がらみのミヤマホオジロが撮れてるので今日は収穫ありということで・・・歩き回ってこれだけというのもなんですのでほかに撮ったものも。

Hoojiro2112ミヤマではなくて只野頬次郎さんです。お顔に黒い隈取がないのでたぶんホオジロ♀だと思います。

Himeakatateha2112池の北側の棚田のあたりに植わってるコスモスももう終わりかけてました。ヒメアカタテハが蜜を吸いに来てましたのでカシャ camera

Uranamisijimi2112名前は知らないけれどきれいな花にウラナミジャノメを見つけました。まだいてるんですね。

この花はヤマラッキョウというのだそうです。花らっきょうなら桃屋だがヤマラッキョウとは初耳です(笑)

Risuakanemesu1112_2さすがに今日はザリガニ採りの子供たちもいてませんでしたが、トンボもあまり見かけませんでした。日が差しだすと日光浴におりてきた蜻蛉を見つけました。たぶんリスアカネのメスだと思います。

Joubimesu2112_3パークセンターの裏で一服してるとジョウビタキ♀がやってきました。すぐ近くにおりてきてくれたのでこれからいくらでも見かけることができるジョウビタキですがありがたく撮らしてもらいました。このお嬢さんはパークセンターのガラスに何度も喧嘩をうってました。自分の姿が映ってるだけやのに学習せんとあかんよねえ。あとはエナガの集団にヒガラやキクイタダキが混じっていたり、カケスが大きな声で鳴いてましたがこっちが見つけるよりも早く飛んで逃げられたぐらいでぱっとせずでした。冬鳥もこれからやし、去年みたいなことはないと思うので今日のところはこれぐらいにしといたるわ・・・ということで。

November 04, 2012

コウノトリ飛来

Kounotori1712

先日珍しいクロツラヘラサギが来てるというので大阪南部に行ったばかりですが、そこからさほど遠くない場所にコウノトリがいてるというので見に行ってきました。コウノトリは豊岡のコウノトリの郷公園に行けば見られるというものの行ったことはないので初見初撮りです。国の特別天然記念物にして絶滅危惧種ⅠA類という希少な鳥で足環から豊岡の保護センターで生まれたものだとわかるのだそうです。

Kounotori1412前から見た画像です。大きな太いくちばしと白いからだに赤い足をしてます。

Kounotori1512_2後から見ると体半分が黒いように見えるけれど黒いのは翼です。

Kounotori1612_2目のまわりに赤いアイリングがあるのがわかりますでしょうか。なんかきつそうな目をしてます。

Kounotori1312嘴を水の中にいれて魚をとろうとしてると思うのですが、見ているとぜんぜん魚を捕まえることができません。時々嘴で挟むのですが嘴をパクパク動かすものだからすぐに逃げられてしまいサギに横取りされたりしてました。それにしてもこんなに水の減ってる池で魚が丸見えの状態なのにこんなに餌を捕るのが下手なんでは自然の状態で生活するのは難しいような気がします。見てる間に魚を捕まえて食べたのは2回だけでした。豊岡に帰ったほうがええんとちゃうかなあ・・・

Kounotori1212_2できたら羽をひろげて飛ぶ姿を撮りたかったのですが、ちょっとだけ羽をひろげてジャンプのサービスしてくれたぐらいでほとんど飛ばずほかのサギたちが飛んだら一緒に飛びそうなもんなんですが、ゆっくり歩いて移動するばっかりでした。

Nobitaki1212必ず撮れるというので帰りはちょっと寄り道をして淀川の河川敷にノビタキを見に行きました。セイタカアワダチソウにとまる定番のノビタくんですが今季私としては初めてのノビタキです。

Nobitaki1112_2けっこう近くで撮ることができたので私としては満足できました。ノビタキがいなくなる前に撮影できてよかった~ (o^-^o)

November 01, 2012

誰かが風のなかで

Kuruturaherasagi1112
なんとなく遅く起きてしまった平日の休み、出かけるにはおそいとは思いましたが11時をまわってから大阪南部にきてるというクロツラヘラサギを見に行きました。電車にゆられてやっと最寄の駅についた時には空もどんよりとしていて気分的にもぱっとしません。やっとのこと目的地についたら大きな池を見渡してもカメラマンの一人も見当たりません。もしかしたらもう抜けてしまったのかと心配になりながらも池の反対側を目指して歩くことにしました。

Seitakasigi1112池の周囲を半分ほど歩いたところでやっとカメラマンを1名発見。そのレンズの先を見てみるとセイタカシギがいてるじゃありませんか。わりと近い場所にいてたのですがレンズのテレコンをかまして撮影していたのに感度を上げるのを忘れていて、せっかく飛び上がったり水浴びしたりしてくれたのにスピードが伸びずにブレブレの写真しか撮れませんでした。

Seitakasigi1212もちょっと足の長いのがわかる場所にたってくれるとよかったのですが、まあかわいく撮れてるので良しとしましょう。撮ってるとカラスがやってきてセイタカシギを追いかけまわしたりして遠い場所に移動してしまったのでここはまあこんなもんかな・・・。お城の人たちがセイタカシギに集まってきましたので、クロツラヘラサギの場所を教えてもらいました。

Kumedaike1112池が大きいのでしかたがありませんが、真ん中あたりにいてるのを撮ったらこのくらいにしか写りません。そこはかとなくクロツラヘラサギだというのがわかる程度です。

Kuroturaherasagi1212そのうちにやっとやや近い目に撮れそうな池の東に移動してくれました。日も差してきたのですが、今日は雨がふったり風が吹いたりと天候が不安定であきません。とりわけ風が強くてレンズをのぞいてる自分自身が風で震えるものだからマニュアルでピント合わせをしてるのにピンがいってるのかどうかはっきりわからないんですよね。

Kuroturaherasagi1312ちょっと遠い目が多いのでテレコンも使ってますけどトリミングは必要かな・・・まずは横向き

Kuroturaherasagi1712へらのような嘴がわかるように正面顔も撮ってみました。

Kuroturaherasagi1512コサギなんかは直線的に餌にむかって嘴をつっこむようにして狩りをするのに、クルツラヘラサギは首を左右に振って餌さがしをするんですね。こんなんで捕まえられる魚がおるんかいな?

Kuroturaherasagi1412と思ったら、見事に大きな魚をゲットしてました。パン屋でパンを挟んでとるやつを思い出しました。

Tahibari1112セキレイなんかとは違う小鳥がうろちょろしてるので何かと思えばどうやらタヒバリみたいです。タヒバリは今まであんまり撮影したことがない鳥なのでなんとか近くで撮りたいものと思いましたが、早くて遠いし大きく撮れたものは一枚もなしでした。

Seitakasigi1312帰りがけにセイタカシギの場所をのぞくとまだいてました。首をのばしたところが撮れたので今日はこんなところで。

« October 2012 | Main | December 2012 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ