« 逆光のキトンボ | Main | 誰かが風のなかで »

October 25, 2012

手強いキクイタダキ

Kikuitadaki1212

いままでどうしても頭の黄色が撮れなかったキクイタダキを撮ろうと今日は勇んで大阪城に出陣しました。平日ですが市民の森あたりを徘徊するカメラマンも増えてなにかしらいてるような気がします。もしかしたらいつもの鳥たちに混じってキクイタダキやヒガラがいてないかシジュウカラやメジロもじっくり見てあるきます。

Higara1212階段をあがって藤棚のあたりに人だかりがしてるのでよるとヒガラがいてるというので撮ることにしました。ヒガラって街中の公園で見る機会がないので今までうまく撮れたことがありません。

Higara1112シジュウカラに似てますが体の上面には緑がかったところがなくグレーのシックな色合いで頭には短い冠羽があります。なかなか素早い動きでキクイタダキを撮る前の練習にもってこいです。シジュウカラなんかもいてますが、ここではヒガラのほうがたくさんいてるみたいでした。

Kikuitadaki1412で、キクイタダキはというと桜広場の隅っこから下を見るとそこに現れるようで人が集まってましたが、デジスコならともかくちょっと距離がありすぎでここからではたとえ撮れても豆粒です。しかし、そのうちに上の木にもやってくるようになり、テンションがあがります。人が集まってるのであんまり前に出るわけにもいかず、張り出した枝よりは外にでて見える場所に来るのを待ちます。なんせあっちに動き、こっちに隠れでほとんどまともにファインダーの中にとらえることができません。背景が明るいのでプラス補正するとスピードが遅くなってうまくとらえたと思っても全然とまってないというのがほとんどです。もっと思い切って感度を上げて撮影すべきだったと反省・・・。

Kikuitadaki1112日本一小さな鳥ということなのでよほど近くにこないと大きく撮れません。今日の画像はすべてトリミング大です。なんとか頭の黄色い菊の花びらも写ってるのが撮れました。この頭の菊の花びら状の冠羽に赤い部分があるとオスなんだそうです。

Mebosomusikui1112おそらくはメボソムシクイと思われるムシクイ類もキクイタダキと一緒に飛び回ってますので葉隠の上に変わり身の術でカメラマンを翻弄してくれます。せっかく愛想よく出てきてくれるので何枚か撮りましたがこっちのほうがキクイタダキよりはきれいに撮れるんですよね・・・。

Mugimaki2112さっきの藤棚あたりでは今度はムギマキ♂がいてるというので一段落したところでまた行ってみました。この鳥もあんまりいい場所でじっとしてくれるわけではないので遠目に写ってるのをかなりトリミングしないわけにはいきません。

Mahiwa1112_2堀にクロハラアジサシがいてるというので行ってみましたが、どこかに飛んで行ってしまったあとでした。しかし、マヒワがやってくるというので待っていると群れで飛んできてくれました。

Mahiwa1212黄色い色をしてるほうがオスですね。マヒワというと山のほうに行かないと会えない鳥と思ってましたが、こうして都市公園にも毎年やってくるようになるといいんですがね。

« 逆光のキトンボ | Main | 誰かが風のなかで »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 逆光のキトンボ | Main | 誰かが風のなかで »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ